no title 

2006年07月22日(土) 10時57分
『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎
 舞台は仙台。
 時間軸がごちゃ混ぜなんで、読んでいるとこめかみに力が入ってくる。
 嫌いじゃないんだけど、力が入る。考えながら読むからなのかな?(笑)
 仙台駅、野良犬、拳銃、バラバラ死体、外国の女性、宝くじ
 を接点にして、登場人物がちょっとずつ繋がっている。
 泥棒の黒澤が言った
 「人生ってのはそういうものだと、みんなそう自分に言い聞かせている」
 「人生については誰もがアマチュアなんだ」
 って言葉が深いな〜と。
 

no title 

2006年07月06日(木) 10時52分
『電車男』 中野独人
 やっとというか今更?ながら読みました。
 このおかげで2ちゃんねるがメジャーになったんだよね。
 ウチが存在を知ったのは少年によえうバスジャック事件がきっかけでした。
 最初は検索しても引っかかってこなかったんだよね〜
 色んなトコ見てるうちに見つけて…
 その頃はまだねらーだということじゃ隠さなければならないことだったな〜と
 内容とはまったく関係のないことを思ってたりしました。

 でも、これって凄いよね。
 映画化されて、ドラマ化されて、舞台にまでなっちゃったんだから。
 とは言ってもまだドラマしか見てない。
 この現象に本物の電車とエルメスはどう思ってるんでしょうか?
 ウチがロムってるのは全く関係の無い板で、カプ板とか覗いたことすらないので
 もし、その後の報告がされていたとしても知らないのですが…
 どうなったんでしょうね?
 ちょっとだけ気になります。
 つかエルメスが準オタだったという事実を初めて知って、何のオタなのか
 激しく気になった(爆) 

健康診断 

2006年06月23日(金) 22時11分
今日は会社の健康診断。
言うても、個人病院での診断で社員一気に受けるいうわけではなくて、
今日はウチの番やったわけですが。

………段取りが悪いんか?繁盛しすぎなんか?
どんだけ時間かかんねんっ!?
身長、体重、視力、尿、聴力、レントゲン、心電図、血圧、血液検査、問診
という超スタンダードな診断だったのに、1時間以上かかりました。
昨年は違う個人病院やったけどそんなに時間かからへんかったで?
まーいいけど。
時間より気になったんは、心電図やるトコ窓辺やったのに、窓にはカーテンが
かかってるわけでもなく全開!みたいな?
いや、確かに外からは見えへんかもしれんけど、入院病棟のある2階以上からは
見ようと思えば見えるんですが?
ジェルらしきものを塗って、器具貼り付けて、診断する間…乳モロ出しっす!!!
これはかなりの勢いで嫌やった。
それと、血液検査…。
ウチの血管は特に細いわけでもなく、つかとっても注射しやすい血管です。
注射されんのも嫌いやない…むしろ好き(ぇ)
でも、もうちょっと上やないの?そこに刺すの?というトコやったわけです。
まー相手はプロやし、勢いよく出ていく血液にうっとり(爆)し、何の問題もなく
終わったわけですが………
夜になってから腕が痛い………
こんなんなるの初めてなんですけどーーーーー?????
そんな強烈な痛みではないから普段通りなカンジなんやけど、
何となく痛い。
何でなんやろー?
月曜になっても痛むようやったら病院に電話しよう(決意)

あうち 

2006年06月22日(木) 22時45分
書いてないねー。(苦笑)

最近、市民図書館で本を借りて読むのがブームになってたり。
パソ開いてるより本読みたいぜ!な勢い。
ちょこっと感想とか書こうかなとは思ってるんだけどね(苦笑)

それと同時進行で、歯医者さんに通ってます。
数年前に入れたブリッジがとうとうアカンくなりまして。
ガタガタゆうなぁ…と思ってたら痛くて痛くて(以下エンドレス
他にも気になるトコとかあったし、歯石も取ってもらいたいぜ!ってことで
晴れてご通院。
アカンくなったブリッジを取ったままの状態になっているので何か変。
食事してて舌噛んじゃうし(涙)
それに、ダメと言われるとやたらとしたくなるのが人間のサガ。
「硬いもの禁止令」発令中な今。
むっしょーに「黒胡椒せんべい」が食べたいっ!!
反対側で食べるんだったら問題ない…よね???

no title 

2006年06月07日(水) 15時44分
『号泣する準備はできていた』 江国香織
 短編集
 あんまり得意じゃないかな。

『秘密』 東野圭吾
 映画の原作
 当時、広末さんが心はおばさんの役をやるって話題になってたのは
 なんとなく記憶に残ってるかな。
 色んなことがあって本当は母親のままなのに娘が戻ってきたことにしたのか、
 本当に戻ってきたのか?
 
『そして今はだれも』 青井夏海
 題名が気になって読んでみた。
 私立高校を舞台にしたミステリーだった。
 でもミステリーものとしては、途中で犯人はこの人しかいないでしょーと
 断言出来てしまう。謎解きが好きな方には不満だろうな。
 最後が切なくも爽やかな感じで終わっていて良かったのではないでしょうか。

no title 

2006年06月01日(木) 15時12分
『あおい』 西加奈子
 西さんの作品って独特の世界観があるなって思った。
 「さくら」の方が話題になっていたようだけど、私的には「あおい」の方が
 なんとなく好きかな?

『野生の風』 村山由佳
 運命の人に出会ったのに、どうしようもない現実によって一緒になれない二人。
 運命の悪戯って言葉が頭に浮かんでくる作品でした。
 切なくて涙が出てきました。

『天使たちの誤算』 唯川恵
 同級生だった2人の女性がひょんなことから再会して、自分の思うように
 がむしゃらに生きていく。
 仕事と恋愛、2人はそれぞれ「仕事」か「恋愛」を選ぶんだけど、結局は
 上手くいかない。
 ホント誤算だ…と思ったり。
 人生って選択していくこといっぱいあって、後で「あの時こうしてれば」って
 思うこともいっぱいあって……ま、大変だよね。
 

no title 

2006年05月31日(水) 10時43分
『ナラタージュ』 島本理生
 本屋大賞の何位かに選ばれた本なんで本屋に並んでるのを見て
 気になっていた小説。
 冒頭のシーンを読んだら、どうしてだろう?って思って一気に読んだ。
 決して激しくはないと思う、でも不器用でひたむきで…だから哀しい?
 色々な想いをした主人公にちゃんとわかってくれている人が出来たことで
 読んでいて救われたけど。
 彼女は本当に救われたのかな?
 それを重荷に感じるようになることはないのかな?

 また読みたいと思わせる小説でした。

 

no title 

2006年05月25日(木) 10時27分
『ロッキンホース・バレリーナ』 大槻ケンジ
 ウチが履いてみたい靴。
 ヴィヴィアンのソール部分がちょっと変わった形してる。
 絶対転びそう(笑
 合わせる服がないので買えない。つか、値段が無理(死
 あとがきに書かれてた特に読んでほしい人にメガヒット。
 実在するライブハウス名を使ってて、行ってみたいとこもあって…
 
 だってケンカができるのは好きな人とだけでしょ?
 憧れの人にはケンカも売れないし、売られてしないもんだよ。

 バンギャで妄想女の私には胸に突き刺さる言葉でした。

『片想い』 東野圭吾
 本屋さんで帯と裏表紙の内容書かれてるトコ読んで、ずっと
 気になっていた作品でした。
 なんかね、切なくなった。

no title 

2006年05月19日(金) 10時17分
↑でスペルは合っているのか!?(汗)

『六〇〇〇度の愛』 鹿島田真希
 何かの受賞作だそうです。
 いわゆる恋愛モノ?不思議な空間でした。
 それよりも宗教用語が無宗教な私には分からなくて、
 それがイマイチやった理由やと思われます。

『BAD KIDS 海を抱く』 村山由佳
 もう一つのBAD KIDSは自分で持っていて、
 でも読んだの大分前だしな〜
 主人公の父親の尊厳死について書かれているところが
 一番印象に残ったな。
 私もこんな風にしたい。
 でも家族にしたら大変かもしれない…

『間宮兄弟』 江国香織
 これも映画の原作。頭の中で彼らが動いてました。
 面白かったです。
 でも実際に彼らがそばにいたら友達になれるのかな?
 ま…ウチも腐ってる女なんでね(苦笑
 あーでも異性の同病ってアカンかも。

タイトルってめんどいよね 

2006年05月12日(金) 16時13分
『すべての雲は銀の…』 村山 由佳

 「天使の卵」を読んで以来村山さんのファンだったりします。
 彼女の作品で一番好きなのは「おいコー」シリーズかな?
 
 瞳子さんが主人公に以前園主に言われたことを話すんだけど、
 その言葉になんかジンとした。
 「泣きたい時には泣くことが必要やし、
  苦しい時には苦しむことが必要なんや。
  誰もかれもがこれだけ辛いことかかえてるのに
  胸の痛みに効く薬がないのんは そのせいや」
 関西弁ってのがまたいいんだよね。<結局そこか。


『星々の舟』 村山 由佳

 私が思う村山さんテイストとはちょっと違うなと…。


 
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaito_n
読者になる
Yapme!一覧
読者になる