カイテキオリゴで残便感も臭いオナラも解消!

September 26 [Mon], 2016, 14:00
カイテキオリゴを飲んでいれば腸内環境をどんどん活発な状態へと整えていくことができますから、様々な胃腸の不調を治すことができます。

便秘はもちろんのこと、残便感だってなくすことができるし、臭いオナラの頻度もレベルもうんと下げてくれるんです。



■腸内環境の改善が必須

残便感をなくすにもやっぱり腸内環境の改善が必要不可欠です。便を出し切る力がなくなっているからこそ、便が残った感覚を感じているわけですから。

便秘を出しやすくする方法はいろいろありますが、体に悪影響を与えることなく、健康的に便を出そうと思ったら、オリゴ糖を補給するのがベストです。



下剤を飲んだり浣腸で便を無理やり出すことはできますが、腸の元気は失われたままなので、いつでも便秘や残便感は再発してしまいます。

ちなみに、オナラが臭くなるのも腸内環境の悪化が関係しています。悪玉菌の数が増えることで、悪玉菌の排泄物の臭いが増えてしまうからです。




■食物繊維では治らない!

食物繊維なら健康的に便秘を治すことができるんじゃないの?と思うかもしれませんが、便秘がちの場合には逆効果になりかねないので注意が必要です。

食物繊維にできることは結局、腸を刺激して排便を促すことだけなんです。腸が極端に弱っていたら、どれだけ刺激を受けても便意をちょびっと感じるだけです。



逆に腸に与える刺激がダメージに代わりかねないので、食物繊維で残便感を治すのは、あまりおすすめすることはできません。



■市販のオリゴ糖ではダメ

オリゴ糖なら、腸に負担をかけることなく腸内環境を整えて、残便感やそれにまつわる様々な症状を改善することができるわけですが、何もカイテキオリゴを使わなくても、スーパーで安いオリゴ糖が並んでいますよね。

そっちを飲んだほうが間違いなく安上がりにはなるんですが、効果はほとんど期待できないうえに安全面がかなり疑問なので、やっぱり使わないほうが良いです。



安いオリゴ糖では、せいぜい1種類のオリゴ糖しか使われていません。しかも天然の作物から抽出したものではなくて、人工的に合成したものなんです。

含有量も決して100%ではなくて、余計な添加物がたっぷり含まれていて、オリゴ糖自体は30%とか10%しか張っていないものまであるんです。



オリゴ糖の代わりに普通の砂糖のほうが多く含まれていたりしたら、腸内環境を整える効果はほとんど期待できません。むしろ砂糖は悪玉菌のえさになるので、ますます腸内環境が乱れる危険があります。

カイテキオリゴはその点、天然のオリゴ糖がほぼ100%使われていて、アレルギー物質などがほとんど含まれていません。

腸内に生息している善玉菌のほぼすべての種類をカバーできるように必要なオリゴ糖がミックスされていますから、ただそのまま飲むだけで、腸内環境を整えて、残便感を簡単に解消することができますよ。
↓↓↓







残便感解消に良い食べ物や飲み物

September 26 [Mon], 2016, 13:56
残便感を解消するには腸内環境を整えてあげればよいわけですが、オリゴ糖以外にも効果が期待できる食べ物があります。
たとえば、バナナには、善玉菌のエサになるオリゴ糖を多く含んでいるほか、悪玉菌を抑制してくれる成分も含まれています。

リンゴにも、整腸効果が高いアップルペクチンという成分が含まれているので残冕冠の解消には効果が期待できます。
逆に避けたほうが良いのは、御茶やワインです。カテキンというポリフェノールが含まれているんですが、便を硬くして出しにくくしてしまうんです。

ミネラルの「マグネシウム」も腸の働きを促してくれるものの、ミネラルウォーターを飲みすぎると逆に腸へ負担をかけかねないので、普通の水を飲む方が良いですよ。