カイテキオリゴなら新生児の便秘解消効果も抜群です!

October 11 [Tue], 2016, 14:19
生まれたばかりの新生児だって便秘になってしまうことがあるんですが、そんな時でもカイテキオリゴなら安全に便秘を解消することができます。

口コミでも「いつも機嫌悪そうにしていたんですが、表情がうんと柔らかくなりました!」「母乳もごくごく飲むようになりました!」なとうれしい感想がたくさんあります。


カイテキオリゴなら、純度ほぼ100%のオリゴ糖サプリメントで余計なものがほとんど含まれていないため、新生児にも安心して飲ませることができます。

このブログでは、カイテキオリゴを新生児に与える場合の注意点や、便秘解消効果を高めるコツについて紹介しています。




■新生児の便秘の原因

新生児が便秘になるのももちろん、大人と同じように善玉菌不足が関係しています。腸内に生息する善玉菌の絶対数が減り、悪玉菌の数が増えると腸の働きが大きく乱れてしまいます。

善玉菌の数があまりにも減ってしまうと、悪玉菌の活動をセーブすることができなくなり、悪玉菌の排泄物によって便やオナラの臭いが臭くなるという弊害まで起こしてしまいます。



ただ新生児は大人と違って、腸が成長途中です。特に生まれてから1ヶ月くらいまでの間は、驚異的なスピードで腸が発達していくんです。

もしこの時にオリゴ糖不足が起きていたら、腸内の善玉菌を思うように増やすことができず、腸の発育にまで悪影響を与えてしまいます。



赤ちゃんはお腹の中にいるころには完全な無菌状態です。生まれてきた瞬間、体の内側から外側まで何千・何万という菌に取り囲まれるようになります。

菌の中には身体に悪影響を与える菌もあるので、そういった菌から身を守るためにも善玉菌の数を増やすことは赤ちゃんにとっては欠かせません。



消化能力がまだ未熟な赤ちゃんは、乳酸菌などを直接補うのは難しいものがありますが、カイテキオリゴなら安全に善玉菌を増やすことができます。

オリゴ糖は母乳にも含まれているものですから、カイテキオリゴでオリゴ糖を補給しても、赤ちゃんの体調を崩すような悪影響を与える心配は全くありません。




■飲ませる量はどのくらい?

新生児にカイテキオリゴをどのくらい飲ませると良いのかというと、1グラムが目安になります。1〜2週間くらい飲ませてみて、もし便秘が改善しないようならもう1グラム追加してみるようにしましょう。

別に大人と同じスプーン1杯分のカイテキオリゴを飲ませても、赤ちゃんにひどく悪影響を与える心配はないですが、逆に便が緩くなりすぎます。



便の頻度を必要以上に増やし、お尻を荒れさせるかもしれないので、最適な量を飲ませてあげるのが良いですね。

飲ませ方は果汁もダメではないんですが、胃腸への負担を考えたらやはり白湯が良いです。沸騰させたお湯をひと肌くらいまで覚まして、白湯に混ぜて飲ませるのが良いですよ。



■アレルギーに負けない体になる!

便秘薬を使ったり綿棒浣腸で無理やり便を出させる場合に比べて、カイテキオリゴなら安全に便秘を解消することができます。

腸の発育だって促してくれるので、ゆくゆくは赤ちゃんがアトピーなどのアレルギーになりにくい体質にしてあげることもできます。



アレルギーが起きるのは、体の免疫力に異常が生じているからなんですが、体の免疫器官の70%が腸に集中しています。

腸の働きが改善すれば、免疫も正常に働き始めるので、アレルギーが起きるのを防いでくれるし、アレルギーに負けない身体を作ってあげることができますよ。



便秘を解消し赤ちゃんの発育を体の内側から支えてくれるカイテキオリゴの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓