カイテキオリゴが子供に効かない口コミの真相

September 29 [Thu], 2016, 15:36
カイテキオリゴは生まれたばかりの赤ちゃんから60代以上のお年寄りまで幅広い人たちが利用していて、実際に便秘を治すことに成功しています。

便秘とは無縁の身体を手に入れている人が続出しているんですが、中にはカイテキオリゴでは便秘が治らなかった、という人もいます。



体質や便秘が起きる原因に違いがあるので、必ずしもカイテキオリゴで便秘が治るわけじゃないし、だからこそ、返金保証付きで試してみるべきです。

ただ「カイテキオリゴは効かない!」という口コミをよくよく調べてみると、いくつか気になる点もあったので、このブログでまとめています。



■効果が出るまでの期間

カイテキオリゴを飲んでいるのに、さっぱり便秘が治らない。そんな口コミを寄せている人の中には、実は効果が出るまでの期間を急ぎ過ぎているケースが目立ちます。

1週間も飲んでいないのに、便秘が治る気配がないと訴えている人もいるんですが、効果を判断するのはさすがに短すぎます。



カイテキオリゴを飲んでいる人の中には、確かに1週間ほどで便秘が改善している人もいるんですが、それはかなり早い方です。

腸内の善玉菌の数が極端に減ってしまっている場合、カイテキオリゴを1ヶ月飲んでやっと効果が出ることだってあるんです。




ちなみに、腸内の善玉菌の数は年齢が上がれば上がるほど少なくなる傾向があるので、年齢が高いほどカイテキオリゴの効き目が現れる期間の伸びる傾向があります。

60代を過ぎると善玉菌の割合が全体の1%を切ることもあるくらいですから、結果を焦らずに飲み続けるのが良いですよ。




■効果が半減する飲み方

カイテキオリゴを1日に飲む量・飲む回数を増やしても、便秘解消効果はそれほどアップするわけじゃないので、1日1スプーン1杯をめどに飲むようにするのがベストですよ。

ただ一つ気を付けたいのは、腸内環境停滞期という状態です。オリゴ糖をいくら補給しても、善玉菌がちっとも増えてくれない状態が起きることがあるんです。



腸内環境停滞期が起きるのは、オリゴ糖をいつも同じタイミングで同じ量を飲み続けた場合です。悪玉菌が耐性を持ってしまい、善玉菌のえさになる前に悪玉菌がオリゴ糖を消化してしまうんです。

こうなってしまうと、善玉菌の数が増えるどころか、逆に悪玉菌の数がどんどん増えてまた便秘が悪化してしまいます。



腸内環境停滞期を防ぐには、飲むタイミングをバラバラにすることです。毎朝飲むんじゃなくて、昼や晩にも分散させてカイテキオリゴを飲むようにします。

仮に腸内環境停滞期になった場合には、1週間くらい飲むのを止めればOKです。耐性のついた悪玉菌の数を減らすことができるので、また以前のように便秘解消効果が復活します。




■普段の食べ物にも注意!

便秘を直し、さらに便秘しないようにするには普段の食事にも気を付けるようにしましょう。具体的には悪玉菌の数を増やしたり、腸の活動を鈍らせるような食材を避けるようにします。

たとえば、お茶やワインに含まれるポリフェノール「カテキン」は、殺菌作用があるものの、便を硬くする効果もあるので便秘には不向きです。



それにたんぱく質や脂質、糖質などは悪玉菌のえさになってしまうので、お肉類や炭水化物類もできるだけ減らしたほうが便秘は治りやすくなります。

逆に、リンゴやバナナには腸の働きを整えてくれる効果がありますから、便秘の時にはカイテキオリゴと合わせて、積極的に食べたほうが良い食べ物ですよ。



腸内環境が改善されれば、体内の毒素もどんどん体の外へ洗い流してくれますから、肌荒れが改善したり冷えやむくみといった症状も和らげてくれますよ。


便秘薬などとは違って腸に負担をかけず便秘を解消してくれるカイテキオリゴの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓