口コミではカイテキオリゴは下痢の時にも効果あり!

October 06 [Thu], 2016, 14:50
カイテキオリゴを飲む人たちは、主に便秘を解消する目的で使っているんですが、中には下痢体質を治すために使っている人もいるんです。

口コミを見てみても「すぐにお腹を壊していたんですが、今はかなり良くなりました!」「辛いお腹のゴロゴロから解放されました!」といった声がたくさんあります。



カイテキオリゴはヨーグルトを食べて乳酸菌を補給するよりもずっと効率よく腸内環境を整えていくことができます。

このブログでは、カイテキオリゴが便秘だけじゃなくて下痢も治してくれる理由や、下痢を改善するためにやったほうが良いことをまとめています。




■下痢になる原因

どうして下痢が続くのかというと、何かしらの病気を抱えている可能性もありますが、腸内環境が乱れていることも大きな影響を与えています。

腸が本来持っている機能を発揮しきれなくなってしまうと、体質によって便秘になるケースもあれば、下痢気味になる人もいるんです。



私たちの腸には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という合計3つの菌が生息しています。日和見菌はどちらにも属さない、タダ存在しているだけの無害な菌です。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌の生存割合が30:10:60が最適にちかい比率と言われていて、下痢が目立つときには善玉菌の割合が20とか10くらいにまで落ちているわけです。



日和見菌は、菌のバランスが整っている場合には何の働きもしないのに、バランスが偏ってしまうと、優位な菌の方を助けるという性質を備えています。

つまり悪玉菌の数が増えてしまうと、それだけ悪玉菌の活動もますます活発になってしまうので、バランスを常に最適に近い状態に保つことが重要になってくるんです。




■水分を控えるべき?

ちなみに下痢っぽくなったら水分を控えたほうが良いのかというと、絶対にやめたほうが良いです。水は体のあらゆる機能に必要なものだからです。

私たちの身体の大分は水から構成されています。水分をたった10%失うだけでも、様々な体調不良を招き、さらに水分が奪われると命の危険すら高くなります。



下痢気味だとしても水分を控えるのは絶対にNGです。どちらかというと、温かいお茶や紅茶を積極的に飲むようにすると良いですよ。

身体を内側から温めることで胃腸の働きを促すことができます。お茶や紅茶にはカテキンというポリフェノールが入っていて、便を固める効果があるので、下痢解消には効果的ですよ。




■食物繊維で効果アップ!

食物繊維はよく便秘を治すのに良いと言われていますが、実は下痢のときにも効果的です。食物繊維には2つの働きがあるからです。

まず一つは、食物繊維は便に混ざることで膨張します。つまり便が固まりやすくなり、排便をスムーズにしてくれる効果が期待できるんです。



それともう一つは、食物繊維もオリゴ糖と同様に善玉菌のえさになってくれるので、腸内細菌のバランスを整える働きが期待できます。

食物繊維といえばごぼうにたくさん含まれていて、ゴボウ茶は健康食品としてかなり注目されるようになりました。


カイテキオリゴを飲むときにはゴボウ茶に混ぜて飲むようにすれば、長く悩まされてきた下痢だって比較的スムーズに治すことができますよ。



下痢を治して、下痢になりにくい体にしてくれるカイテキオリゴの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓






ミネラル補給も下痢解消には大切です。

October 06 [Thu], 2016, 14:44
腸の働きは腸内細菌によって支配されているものの、ミネラルの働きも欠かせません。胃腸をはじめとする臓器が機能するにはミネラル分も使っているからです。
たとえばマグネシウムや亜鉛は、腸が活発に働くために欠かせないミネラルです。こういった成分をサプリなんかで補ってあげるのも下痢解消には効果的です。

ミネラルウォーターも硬水タイプを選べばミネラル分がたくさん含まれているので、カイテキオリゴを飲むときにはミネラルウォーターに混ぜて飲むのも良いですよ。