赤ちゃんの便秘が治るカイテキオリゴの飲ませ方

March 10 [Fri], 2017, 13:30
カイテキオリゴは新生児にも飲ませることができるオリゴ糖サプリメントで、実際に「子供が便秘で苦しむ姿を見なくて済みました!」という口コミがたくさんあります。

継続的にカイテキオリゴを与えることで便秘解消以外にも様々な効果が期待できるんですが、ではいったいどんな飲ませ方をするのが効果的なんでしょうか?



このブログでは、便秘解消に効果的なカイテキオリゴの飲ませ方や、カイテキオリゴのその他の効果について紹介しています。



■赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんが便秘してしまうのは、大人とはちょっと事情がい違います。大人であれば、善玉菌の割合が不足していることが主な原因ですが、赤ちゃんの場合、腸の発達そのものが遅れている可能性があるんです。

お腹の中にまだいる時点では赤ちゃんはクリーンルームにいるようなものなので、完全な無菌状態です。それが、生まれた瞬間から膨大な数の菌に囲まれるようになります。



体の外だけじゃなくて体の中にも菌はどんどん侵入してくるわけですが、この時に、オリゴ糖をしっかり補給しておけば、善玉菌を効率よく繁殖させることができます。

逆に、オリゴ糖が不足してしまっていると善玉菌の数がいつまでたっても増えず腸の発育スピードも鈍ってしまい、便秘しやすくなるというわけです。



ママの母乳にもオリゴ糖が含まれているので、オリゴ糖は赤ちゃんにとっても必要不可欠な栄養素の一つなんです。
そこでカイテキオリゴはママが飲んでも赤ちゃんの便秘対策には効果的なんです。カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖の中には、胃で消化されて吸収されるタイプもあるからです。


ママの体でオリゴ糖を生成する材料となってくれるので、赤ちゃんの腸の発育をさらに効果的に促すことができますよ。



■少しずつタイミングをずらして飲ませる

カイテキオリゴを飲むタイミングは、できるだけずらしたほうが良いです。毎朝飲むんじゃなくて、昼や晩にも分散させるようにしましょう。

同じタイミングで飲み続けてしまうと、悪玉菌に耐性ができてしまい、善玉菌よりも先にオリゴ糖を分解してしまい、効果を帳消しにしてしまうようになるんです。



万が一、耐性ができて効き目が薄れ始めても、カイテキオリゴを飲むのを1〜2週間ストップさせれば、耐性のできた悪玉菌がいなくなっていくので効果は復活しますよ。


1回に飲ませる量に関しては1グラムからスタートして徐々に増やしながら様子を見るようにしてください。

最適な分量がわかってきたら、カイテキオリゴなら飲ませすぎても体に悪影響はないので、気持ち多めに飲ませるのが良いですよ。



■アレルギーも軽減してくれる

カイテキオリゴで善玉菌を増やして腸内環境を改善していけば、アレルギーを予防したり、アレルギーを軽減する効果も期待できます。

アレルギーが起きるのは免疫機能の異常によるものです。免疫力が過剰に反応した結果、正常な細胞にまで攻撃を加えてしまい、かぶれたり炎症を起こすようになってしまうんです。



免疫を司る免疫器官の70%が腸に存在しているので、腸の働きが正常になれば免疫力も正常に働くようになりアレルギーを起こしにくくなります。

腸の機能が活性化することで体中の毒素の回収もスムーズになるので、毒素が肌からしみだすことがなくなり、アトピーの症状改善だって期待できるんです。


赤ちゃんの便秘やアレルギーを効果的に対策できるカイテキオリゴを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓









赤ちゃんの便秘も長引くと危険!

October 03 [Mon], 2016, 13:26
赤ちゃんが便秘をすると、いかにも苦しそうで機嫌が悪くなり、見ているこっちもいたたまれない気分になりますが、やっぱり早期改善するに越したことはないです。
便には有害物質がたっぷり含まれていますから、体に徐々にしみだしていき、内臓に負担をかける危険があります。

それに腸にも直接ダメージを与えてしまい、まだ腸が未成長の状態では簡単に傷がついてしまって、余計な病気を招きかねません。

カイテキオリゴの効果 脳の働きも助けてくれる?

October 02 [Sun], 2016, 13:49
カイテキオリゴを飲むことで、免疫力も活発にすることができます。全身の7割に及ぶ免疫器官が腸に集中をしているからです。
逆に言うと、それだけ大量の免疫器官を使ってまで守るべきなのが腸なんです。単細胞生物でも消化器官は存在している通り、生物が生きていくためには腸は絶対に必要モノなんです。

人間の場合、腸と脳には密接なかかわりがあります。脳内で働く物質のいくつかは、実は腸でも生成されているからです。
たとえば、アドレナリンやドーパミンといった、興奮や不安を司るホルモンの働きが行き過ぎてしまうのを防いでくれるのがセロトニンです。

セロトニンが不足してしまうと、怒りっぽくなったり、無性にイライラするようになってしまうので、その点でも、腸の働きを整えることは大切なんです。