カイテキオリゴは効果が出るまで赤ちゃんは毎日飲ませよう

September 28 [Wed], 2016, 12:43
カイテキオリゴは赤ちゃんのべっぴ解消にも使えるオリゴ糖サプリメントです。市販品とは違って、余計な添加物が一切含まれていないほぼ純度100%のオリゴ糖です。

善玉菌を育てるために必要なオリゴ糖が一通りそろっているので、効率よく腸内環境を整えることができるんですが、ではどのくらいの頻度で飲ませるのが良いんでしょうか?



それに赤ちゃんに飲ませるとしたらどのくらいの量が良いのか?そういった話をこのブログでまとめてみました。



■飲む量を1グラムずつ調節

カイテキオリゴの赤ちゃんへの与え方は最初の段階は毎日飲ませるようにしてください。オリゴ糖は赤ちゃんの体に悪影響を与える心配がないので、ちょっとくらい飲みすぎても平気です。

便と一緒に使われなかったオリゴ糖が出てくるだけだし、そもそも、赤ちゃんの便秘が少し酸っぱい感じの臭いがするのは、ビフィズス菌などが大人に比べて多く含まれているからです。



1日に与える量に関しては1グラム飲ませるところからスタートして、便秘の様子を見ながら1グラムずつ増やすようにしてください。

便がスムーズに出るようになった時点でカイテキオリゴを増やすのをやめてみて、減らせそうならば減らしていくのが良いですよ。




■効果が出てからの注意点

赤ちゃんにとって最適なカイテキオリゴの量がわかったら、次にやることは飲むタイミングを変えることです。たとえば、毎朝飲ませていた場合、次の日は昼や晩に飼えるようにしてください。

飲むタイミング・量が規則的になってしまうと悪玉菌に耐性ができてしまい、善玉菌にオリゴ糖が回らなくなってしまう可能性があるんです。



そうなってしまうと、便秘をまたぶり返してしまうものの、万が一、便秘が再発しても、カイテキオリゴを毎日飲むのをやめて、1週間らい間隔を空ければOKです。

悪玉菌だって新陳代謝していますから、耐性のできた悪玉菌がいなくなった頃を見計らってカイテキオリゴを飲むようにすると、以前と同じような効果が現れます。




■赤ちゃんのオリゴ糖の必要性

そもそも、赤ちゃんにオリゴ糖は必要なのかというと、きわめて重要です。オリゴ糖がなければ赤ちゃんの腸の発育が思うように進まない可能性があるんです。

赤ちゃんがまだママのお腹の中にいる時点では、完全なる無菌状態で、体のどこにも菌は存在していません。外に出てくるや否や、さまざまな菌が体の内外に住みつくようになります。



常在菌と呼ばれる菌が私たちの体に存在しているわけですが、もしオリゴ糖が不足していたら、体の中に入ってきた善玉菌を思うように育てられなくなります。

悪玉菌の数が優勢になるだけじゃなくて、その他の雑菌も繁殖しやすくなってしまい、赤ちゃんは風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなります。



ママの母乳にもオリゴ糖が含まれているくらいなので、オリゴ糖はむしろ積極的に赤ちゃんに与えたほうが良い栄養素の一つなんです。

オリゴ糖は飲みすぎるよりも不足するほうが怖いですから、カイテキオリゴはちょっと多めに与えるくらいの気持ちを持ったほうが良いですよ。


赤ちゃんの便秘を解消して腸の発育も促してくれるカイテキオリゴを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓









赤ちゃんにオリゴ糖が必要なもう一つの理由

September 28 [Wed], 2016, 12:39
オリゴ糖のおかげで赤ちゃんの腸内環境も正常に整えることができるんですが、それともう一つ重要な役割があります。
オリゴ糖の中には胃で消化されて体に吸収されるものがあります。分解されてブドウ糖という体のエネルギー源になるオリゴ糖もあるんです。

母乳には実は、直接カロリーになるような栄養素が入っておらず、オリゴ糖を分解して得られるブドウ糖が赤ちゃんの主要jなエネルギー源になっているのでは?と言われています。
特に脳の発育にはブドウ糖が必要不可欠と言われているので、オリゴ糖を豊富に与えることが赤ちゃんの脳の成長も促してくれるんです。