ステロイドいらず!カイテキオリゴで赤ちゃんアトピー解消!

March 06 [Mon], 2017, 14:30
カイテキオリゴは主に便秘を治す目的で飲んでいる人が多いんですが、赤ちゃんの便秘解消目的で飲み始めたら、アトピーまで改善されてきた!という口コミもたくさんあります。

便秘が治ったからアトピーが改善されたのか?それともカイテキオリゴにアトピーを治す効果があるのか?詳しい話をこのブログにまとめてみました。



■アトピーの原因は?

アトピーになってしまう原因は、肌質がもともと敏感肌で弱いことも考えられるんですが、肌の汗腺を通じて体の中の毒素(老廃物など)がしみだしていることが考えられます。

毒素は通常、排泄物を通じて体の外へ追い出す仕組みになっていますが、通常の排泄では毒素の排出が間に合わない場合、そのほかの手段を通じて毒素を体の外に出そうとするわけです。



ちなみに、便秘が続く人が肌荒れしやすいのも、排泄物の中にたまった毒素がじわじわと体の中にしみ込んでいき、最終的に肌からしみだしていくことが原因と言われています。

他にも、ワキガであったり体臭がきつくなるのも、やはり毒素が肌からしみだすことによって、毒素が雑菌の繁殖を促し、臭いにつながっているわけです。



■アトピーになりやすい赤ちゃん

赤ちゃんがアトピーになりやすいのは親の遺伝的な影響もあると思いますが、腸の発育が不十分で毒素の排出能力が通常よりも落ちていることが考えられます。

赤ちゃんの腸の発育に欠かせないのが、オリゴ糖なんです。腸内の善玉菌を育てるために、様々なオリゴ糖を十分に赤ちゃんへ供給してあげる必要があるんです。



カイテキオリゴなら、人間の腸にいる善玉菌のほぼすべてを網羅するようにさまざまなオリゴ糖が配合されているので、カイテキオリゴ1袋あれば十分です。

ちなみに、スーパーでも安くオリゴ糖を手に入れることができるんですが、問題点だらけなので、赤ちゃんに飲ませるのはちょっと危険です。



配合されているオリゴ糖が1種類のみのものが多く、オリゴ糖の配合量も30%とか10%程度で添加物がたっぷり。その上、オリゴ糖も天然の作物から採取したものじゃなくて、人工的に生成したものが使われているんです。

そんなものを赤ちゃんに飲ませてしまったら、アトピーが治るどころか逆に、毒素を増やす結果を招きかねないので、安全性を考えたらカイテキオリゴを使うべきです。



■ママもカイテキオリゴを飲もう

オリゴ糖は「腸までそのまま届く」と言われていますが、実際には胃で消化されるタイプもあるんです。

ということは、ママがカイテキオリゴを飲むことで、母乳に含まれるオリゴ糖を増やすことができるので、赤ちゃんにより多くのオリゴ糖を与えることができます。



母乳に含まれるオリゴ糖は、ヒトオリゴ糖といって天然の作物から作ることはできないし、人工的にも作ることが難しいオリゴ糖です。

カイテキオリゴをママも飲むようにすれば、ヒトオリゴ糖を増やすことができますから、赤ちゃんのアトピー改善に効果が期待できますよ。



血が出るほど痛いアトピーになる前に!カイテキオリゴで赤ちゃんをステロイドいらずの肌にしてあげるにはこちら
↓↓↓




赤ちゃんに飲ませるカイテキオリゴの分量はどのくらい?

September 23 [Fri], 2016, 14:25
赤ちゃんにはどのくらいの量のカイテキオリゴを飲ませてあげると良いのかというと、1グラム〜5グラムの範囲で様子を見ながら増やしていくと良いですよ。
1グラムからスタートして目立った変化がなければ、徐々に増やしてみて、アトピーが改善するか?便秘が治ってきたか?を確認して行きます。

症状が改善する傾向が見られたら、それ以上はカイテキオリゴを増やす必要はありません。
逆に、ちょっとくらい与えすぎてしまっても、カイテキオリゴが体に副作用を起こす心配はありません。せいぜい便が柔らかくなる程度で、体調不良を招くことはありません。

カイテキオリゴで赤ちゃんの代謝アップ!

September 22 [Thu], 2016, 15:29
腸内環境改善することによって免疫力が上がるのはもちろんのこと、赤ちゃんの代謝も改善することができます。
代謝とは主に、脂質・糖質・タンパク質の3つのことを指しています。脂質・糖質の場合は主に、エネルギー代謝とも呼ばれています。

脂質・糖質をエネルギーに変換することで、生命活動の源を作っています。腸内細菌によって、脂質・糖質の代謝を促すビタミンが生成されるんです。
タンパク質の代謝というのは、タンパク質をその構成要素であるアミノ酸へと分解したり、逆に、アミノ酸からタンパク質に再合成する働き。

つまり、新陳代謝のためにはタンパク質の代謝機能が欠かせないんですが、その際に必要となるビタミンもやはり腸によって大量に生成されます。
葉酸が赤ちゃんには必要不可欠と言われているのも、タンパク質の代謝に関わっているからです。カイテキオリゴで赤ちゃんの体の発育を支えることができますよ。