カイテキオリゴ 赤ちゃんへの与え方 効果的な分量は?

September 30 [Fri], 2016, 14:21
赤ちゃんの便秘やアレルギーを改善させるためにカイテキオリゴを飲ませている人もたくさんいます。そして「キーキー嫌がる子供を押さえつけて無理やり綿棒浣腸する苦悩から解放されました!」など、実際に効果を上げている口コミが多数あります。

カイテキオリゴなら市販品とは違って余計な添加物がほとんど入っていないし、第3者機関によって品質チェックされているので、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。



このブログではカイテキオリゴの赤ちゃんへの効果的な飲ませ方についてまとめています。



■1グラムずつ増減させる

赤ちゃんにカイテキオリゴを飲ませる場合、大人と同じ量を飲ませても体を壊してしまう心配はないものの、赤ちゃんのお腹がびっくりして、逆にひどい下痢になるかもしれません。

そこで、1グラムから始めてみてちょっとずつ増やしていくのがポイントです。1グラム、2グラムと増やしていって、最適な量を探るんです。



最適な量が見えてきたら、ちょっとくらい多めに飲ませても全く問題ありません。オリゴ糖は赤ちゃんの胃腸の発育にも必要不可欠な栄養だし、不要な分は体の外に追い出されるだけです。

ちなみに、オリゴ糖は何と一緒に飲ませるとと良いのか?何に混ぜると良いのか?というと、別に何でも構いません。



さすがに水道水にそのまま混ぜて飲ませるのは、塩素などの悪影響が怖いので避けたほうが良いものの、白湯や果汁、おかゆなどなんでもOKです。

粉ミルクを飲ませているならミルクに混ぜてあげてもOKで、甘みが強いわけじゃないので、赤ちゃんが味に慣れてしまう心配もありません。



■飲むタイミングに気を付けよう

カイテキオリゴを飲ませるにあたって、一つ気を付けてもらいたいのは、飲むタイミングです。毎日決まって同じ時間に与えるのは避けたほうが良いです。

というのも、オリゴ糖を一定間隔で与え続けると、悪玉菌に耐性ができることがわかっています。善玉菌の繁殖に負けない強い悪玉菌が育ってしまうんです。



腸内環境が再び乱れがちになり、また便秘しやすくなってしまうわけですが、カイテキオリゴを飲むタイミングさえバラバラにすれば簡単に防ぐことができます。

朝昼晩、いずれかのタイミングで飲ませるようにするだけで、カイテキオリゴの効果を問題なく維持することができますよ。



■ママもカイテキオリゴを飲もう

カイテキオリゴには、胃で消化されるオリゴ糖も含まれています。そのためノンカロリーではないし、糖質もわずかながらに含まれているわけです。

ただそもそそも、母乳にだってオリゴ糖が含まれているんです。カイテキオリゴでママもオリゴ糖を補給していれば、体内で生成されるオリゴ糖の減量になるわけです。



母乳に含まれるオリゴ糖はヒトオリゴ糖と言って、自然界に存在しないのはもちろん、人工的には合成することが難しいタイプのオリゴ糖です。

カイテキオリゴに加えてヒトオリゴ糖もしっかり赤ちゃんに補ってあげることで、赤ちゃんの成長を力強く支えてくれますよ。


赤ちゃんの便秘やアレルギー解消に効果的なカイテキオリゴを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓





カイテキオリゴには赤ちゃんのアレルギー軽減・予防効果!

September 30 [Fri], 2016, 14:18
カイテキオリゴで腸内環境を改善していけば、アレルギー予防にもなります。腸の働きを体の免疫には強い関係があるからです。
アレルギーとはつまり、免疫が過剰に反応することによって起きるわけです。ある意味、免疫力が暴走している状態ですが、免疫器官の70%は腸に集中しています。

つまり腸の働きが正常になればなるほど免疫器官も正常に機能するようになるので、アレルギーも起こりにくくなるわけです。
アレルギーは放っておくと悪化する一方なので、腸内環境はできるだけ早めに改善するのがアレルギーを慢性化させないためには大切です。