自動車を引き取ってもらう時期

October 16 [Mon], 2017, 5:54
自動車の見積額をできるだけ上げるものには、愛車を売る時期タイミングなども影響してきます。

自分からお店まで自動車に乗っていって見積もりを依頼しなくてもサイトで車買取専門店に中古車の売値査定の調査をしたら、短い時間で買取査定を概算見積りすることができますが、乗り換えを検討している車を多少でも無駄なく手放すことを考えれば、ポイントがあるといえます。

どのようなものが挙げられるかというとひとつに、走行距離です。

走行距離はマイカーの買取価格の査定において影響の強い目安となる指標なのです。

どのくらいの走行距離で手放すとよいかと言いますと、自動車の買取査定に影響が出るのは50000キロと言われていますからそこを超える以前に、売却額査定をしてもらって売るのが望ましいと思われます。

メーターが20000kmと100000kmでは一般的に、自動車の売買相場は相違があります。

次に、車検も重要です。

ご存知のとおり、車検というものは費用が必要ですので車検までの期間が残っているほど見積額は上がると思える人が多いかもしれませんがそのようなことはなく、現実には車検時期がいつであろうと中古車の売却額にはほとんど影響がありません。

こういったことは少し実行してみるとものすごくわかります。

車検時期が近付いてきた車は売却を検討するには望ましいと考えることができます。

つまり、査定額を上げるために車検直後に査定見積もりしてもらおうと考えるのはお金の無駄ほとんどプラスに働かないということになります。

それからお店に自動車を引き取ってもらう時期としては2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜかと言いますと、自動車買取店の決算期がその前の3月と9月というところが結構多いからです。

なので例えば1月に売ろうとしたらもう少し待って2月に自動車の見積もりを依頼して手放すのも良い方法です。

所有者都合もありますから、ひとまとめにしてこういった時期を狙って売却するわけにもいかないのが実際だと思いますが、可能ならばこのようなタイミングを狙ってみるとよいかもしれません。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaiseitu
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる