白金に輝くクモの巣 

February 17 [Sun], 2008, 8:35
隣の美術館からあるいて1分。
目黒自然教育園の入り口に着いたのは午後4時ちょっと前。
閉門は午後4時半でしたが入園しました。(300円)
急ぎ足で園内を歩いていると、
ずっと先にきらきら光っている場所が見える。
近づいてみたら、ちょうど太陽が西に傾き始めたその角度で
大きなクモの巣が光を反射していたのでした。
多分、この前の雨の後に張った網でしょうか?
ここ数日でちょっと穴だらけ。
今週末が済んだから、また来週は新しいのを張ったら?
なんて、余計なお節介を思いながら
撮してみました。

100均でできるリカちゃん用品 

February 13 [Wed], 2008, 2:53
☆インテリア小物コーナーより☆
 赤のソファー(携帯を乗せてあったのをチョイス)
☆ミニチュア家具コーナーより☆
 ガラス板テーブル(実際はプラスティック)
☆収納小物コーナーより☆
 三段ボックス・三段引き出しタンス(タンスは100均の店で300円で売ってあったもの)
 
*735円のお買い物でこれだけの家具、小物がそろいました。
 まだまだたくさん使えるものがいっぱい。

地球温暖化 

January 29 [Tue], 2008, 15:28
前掲載の写真は日本のことです。



このニュースは、温暖に影響して今年の紅葉は色が悪い(色鮮やかさに欠ける)



と言う事です。




例年に比して「湿原」の水が少ないのも特徴、当然と言えばそうなんです。



湿地に繁茂する植物は、大人しく花は小さく「萎縮」した感じですね。




今年の雪は多いいのか?少ないのか?

ダイエット 

January 15 [Tue], 2008, 11:06
今日の体重は、54.5キロになりました。

でも、ここ一週間一回だけ飲みに行ってしまったから、飲みに行かなかったらもうし少し落ちてたかも!?

誘惑に負けてしまったからな。

この間言ってた、プロティンダイエットがお気に入りで、夜はそれだけです。

今は生理中で運動もできてないから、終わったらホットヨガに絶対行く予定です。

今日はエステに行って、ダイエーで自転車(ママチャリ)買いました。やっぱり自転車って早くていいって

あらためて思ってしまいました。買って良かった!!

早く生理終わらないかな・・・4日目なのに結構量が多い(涙)

明日は 

January 04 [Fri], 2008, 1:29
 明日はスカパーのおお振りですww

 次は阿部の打順・・・・・。

 早くみたい!!!

NARUTO 

December 15 [Sat], 2007, 20:08
NARUTOの画像だぜ〜〜〜〜〜!!!


本当に遅くなってすみません!

貰う人はコメントくださいね・・・。

秋晴れの奥山林道〜扇山林道 

December 10 [Mon], 2007, 20:05
日曜に続いて、月曜も朝から見事な秋晴れでしたね。。。







今週は夜勤なもんで、仕事前についつい出掛けてしまいました(-Q-♪







久しぶりの林道であります!!!



場所は近場の初心者林道です(^^;
お湯を沸かして、コーヒーでも飲んでこようかと♪♪♪











富士山が拝めたこともあるのですが、、、
今回は残念ながら見ることができませんでした。
それでも良い眺めですね〜










なかなかの休憩ポイントを発見!
では早速、コーヒーの準備でも。。。(@v@











ん!?、、、何か足りないかも???










…「鍋」忘れた ( ̄□ ̄;!!










水をひと口飲んで、さっさと出発、、、
一体何のために、ここまで来たのやら、、、(tt;













帰り道、コンビニにてコーヒータイム、、、う〜ん(悲)

暗黒機動要塞ゴゲグギガ 第一話「不可能に近い指令」 

December 04 [Tue], 2007, 10:27
まず説明することがある。
Gカード
対サイエンサー組織の隊員証。隊員は毎時身につけることを義務付けられている。磁気を発し、ガギグゲゴの超音波の能力を打ち消す働きがある。
出てくるのは後になるが…。


海洋戦隊シャークマン・超機動要塞ガギグゲゴ 外伝
暗黒機動要塞ゴゲグギガ


「ロボット…でありますか?」
「ああ。その通りだ。」
二人の男に一人の男が話しかけた。
「計画書はここにある。それを元に、強力なメカをつくってもらいたい。できるかね?」
命令を下した男はそう言って一枚の模造紙を取り出す。男の顔は人間というより赤いサメで、一本の角がはえている。
「できないこともありませんが…なぁ?」
「え、ええ。やってみせます。」
大柄と普通の男は答えた。服装からして、なにかの技術者なのだろう。
「一ヶ月後に敵に公開する。ドブラへの威嚇にもなるしな。あいつは最近生意気になってきているんだ。下克上を防がねば。」
「そうですか…。」
言葉の意味から考えて、『ドブラ』というのは彼の部下なのだろう。
「頼んだぞ。私の乗る機体だ、気に入るように仕上げてくれ。」
「了解しました。」
二人は礼をして、サメ男から離れた。

「RCは俺たちの事を何も考えちゃあいない。そうだろう?」
普通の体形の男が愚痴をこぼす。RCというのは、先程の男の名前だ。
「しかし、直々の命令だ。やらないわけには…」
「なにがロボットだ!ただのあいつの趣味じゃないのか!?戦車や戦闘機じゃまだしも、機械人形なんて…そうも簡単に作れるわけがない。」
「計画書があるじゃないか。」
大柄な男が上司から渡された紙を見る。
「でもなぁ…こういうのってやる気がでないんだよな…。」
「RC様に喜んでもらい、大きく昇進するチャンスだ。頑張りましょう。」
「お前は前向きで良いな。」
歩きながらため息がでる。
この二人、名はそれぞれ小、大の順で『ヤマト』、『ソウリン』という。二人が加わっているこの組織は、公害の発生による地球の汚染、征服を目的とした、いわゆる『悪の組織』だ。
「昇進したら『ドクター・ヤマト』とか『プロフェッサー・ソウリン』だとかいう肩書きをもらうんだろうなぁ…ヘッヘッヘ…」
「妄想激しいぞ。」
二人は外へと進んだ。



「おい、ちょっと見せろ。」
ヤマトはソウリンから計画書を奪った。
「なになに…『超機動要塞ガギグゲゴ』?」
「そう書いてあるのか?」
「書いてあるから読んでるんだ。えーっと、まだ何か書いてあるぞ。」
「それにしても、酷いネーミングセンスでありますな。つけた人の顔が見てみたい。」
ソウリンは笑いながら言った。
「…『名前は大人の都合により、随時諸君らが考えたものに変更してくれ。』だってさ。印刷した後からボールペンで書かれてる。」
「やはりガギグゲゴではな。」
「これを見る限り、メカは変形するようだ。」
「変形ですか?サウンド○ェーブみたいに?」
「そんなマニアックなのを例に出さなくても…」
「自分、トラン○フォーマーの中でも特にそれが好きなもんで。」
「どうにでもしてくれ。」
会話が長く続いた。ちょうど基地の外へ出たところだった。明るい空が見える。
「少し不安になってきましたな…変形…ですか…。」
「この取説がちゃんとした技術者…少なくともRC以上の人間が書いたものでなければ、自分たちでエンジンとか頭脳回路とかの位置を変形に応じて考えなければならなくなる。プ○ジェクトXみたいだ。」
「またマイナーなのを例えに出すとは…」
「おまえ、脳内の基準が狂ってるぞ。」

「一ヶ月か…少々待ち遠しいな。」
一人になったRCは、飲料水を片手に独り言を呟く。
「全ての始まりは、3日前の事だったな…」
去りしある日の事、彼はいつも通りサメの姿がばれないように、変装をして街を歩いていた。その日は、自分が開発した超強力磁石の性能、具体的にいえば、人体への影響を確かめるテストを兼ねていた。これがうまくいけば敵を簡単に倒す事ができるだろう、と想像しながらの試験。
だが、予定外の出来事が起きたのだ。それというのも、謎の怪物と謎のロボットの戦いを目の当たりにしたのだった。状況を判断するために周りを見たら、一般人が意識を失って倒れている。訳も分からず彼は走った。そしてロボットの足元へ来た。その瞬間、怪物は爆発したのだ。RCは体の鮫肌が役立ったのか、爆発の影響を受けなかった。そしてロボットからパイロットが降りてきて、大きく万歳をし、不意に何かを落としていった。それこそが、例の計画書であったのだ。



「もしあの時、パイロットが持っていたのが機体の設計書ではなくガン○ムエースだったら…もし落としていったのに気付いて、俺に襲い掛かって来ていたら…。フッ、そんなこと考えても無駄なだけだ。」
「何がですか?」
「うわっ!」
RCの前にいたのは、部下のドブラだった。
「いつからいたんだ?」
「ついさっき来たばかりです。」
「…まぁよい、せいぜい待っているんだな。」
「だから何をですか?」
「何でもいいだろ。プライベートな話だと思え。」
「はぁ…。」
何も考えず見つめあう二人であった。

「とりあえず、材料をそろえよう。費用は組織から自動的に送られてくるから心配は無い。」
ここは基地から少し離れた二人の居場所。部屋の中には機械などが立ち並んでいる。
「カイン○ホームでそろえられるものならば良いのですがねぇ。」
「無かったらコ○リでもヨド○シカメラでもいくらでも訪ねるさ。」
ヤマトは紙をテーブルに置いて歩き出す。
「なにしろ、部品数と種類が半端じゃない。型もなにも無い空間から物体を創り出すほど、難しい事はないんだ。」
「よ、名言!」
「殴られたくなかったら黙ってろ。」

「…ということで、最寄のホームセンターに参りました。」
「誰に説明しているんだ?」
「こういう小説って、セリフ回しとかを練らないといけないんですよ。」
「どうでもいい。つーか、答えになってないぞ」
ためらうことなく、ヤマトとソウリンはすぐに必要な物を探した。鉄板やボルト、コードなどはすぐに見つかったが、カメラアイやレーダー、モニターなどはなかなか発見できそうにない。
「外見を出すためのだいたいのモノはそろったが、一番重要な内部部品が無い。どうする?」
「ヤフ○クとかどうでしょうか?個人的に海外から輸入とかをしている人を利用するんですよ。」
「そうか、その手があった。」
作業は順調に進む、と二人は思った。


というわけで外伝は暗黒機動要塞ゴゲグギガのエピソードでした。
全六話程度を予定。

ダイエット 

November 30 [Fri], 2007, 3:55
最近友達とダイエットについていろいろ聞いたが、結局のところダイエット食品は食事制限しているから痩せる。

やめたらリバウンドした話を聞いた。

その子はいろいろ試してみたが、やめると体重が元通り。

やっぱり努力して運動するしかないのかという話に行き着いた。

楽してやせたいけど、無理なのかな。

誰か救いの手を。

のほほん(笑) 

November 23 [Fri], 2007, 6:57
劇場版鋼錬のエド&アルです♪
のんびり生活している感じかな?
背景は適当に作りました(汗)

ちなみに、ペンタブで、ぼかしの少ないブラシ(9)で筆圧が使えるようにして描きました♪
べケツ塗りをする都合で、線画の複製コピーした色塗りのレイヤーだけを、フィルターのシャープ(強)を使って線をスッキリさせたら、バケツ塗りでも綺麗に塗れました♪

この絵の後に投稿する絵は、殆どこの方法で描くと思います♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaioru950
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月08日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 白金に輝くクモの巣 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 白金に輝くクモの巣 (2008年09月30日)
アイコン画像ikumi
» 白金に輝くクモの巣 (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 白金に輝くクモの巣 (2008年09月15日)
アイコン画像えびふりゃー
» 白金に輝くクモの巣 (2008年09月14日)
Yapme!一覧
読者になる