平石貴久先生が考案した「お医者さんの快夢まくら」

January 09 [Thu], 2014, 10:57
毎朝起きると首が痛い、肩が疲れると悩んでいませんか?

自分に合った枕でないと朝までぐっすり眠ることはできません。

でも頭を置いたときにどの位の高さがいいのか分かりませんよね。


一番確実なのが、自分に合っている高さを計測してもらって
オーダーメイドで作ってもらう方法です。

でも、ネックになるのが値段が高くなってしまうことです。

もっと安価で朝まで快眠できる枕を探すことができないものかと
いろいろ調べてみました。

そして、ピッタリのまくらを見つけました。

体のことを知り尽くしているお医者さんが開発した
「お医者さんの快夢まくら」です。

考案したのは医学博士の平石貴久先生です。

枕の役割は頭部と頸部を支えるものです。

まくらの高さが変わると負担もかかってしまいます。

ですが平石貴久先生のまくらはその人に合ったちょうどいい位置
で支えてくれるので負担がかかりません。

だから快眠できるんです。


平石貴久先生のまくらが気になった方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



お医者さんの快夢まくらは低反発枕

January 09 [Thu], 2014, 10:49
お医者さんの快夢まくらは柔らかなポリエステル綿と少し硬めの
低反発ウレタンの2重構造になっています。

これによって、仰向けと横向きのどちらにもその人に合った高さで
支えてくれます。

使用した方はどんな感想をお持ちなのか、まとめてみました。

●感触がいい

●朝起きたときに首や肩が痛いことが無くなった

●目覚めが良くなった

●寝心地がいい

このようなことを述べられています。

実際に試してみなければ良さは分かりません。

でも、このお医者さんの快夢まくらは試してみたけど
「自分には合わない、効果がない」ときは返品する
こともできるみたいです。

自分に合った枕選びのポイント

January 09 [Thu], 2014, 10:46
睡眠は1日の疲れをとる重要な役割を担っています。

「枕が変わると寝れない」と言われるように、枕選びはとても
重要です。

自分に合った枕を選ぶには注意するポイントがあります。

一つ目は「首のカーブにフィットするかどうか」ということ。

フィットすることで、頭と首への圧迫がなくなり朝までぐっすり
眠ることができます。

また、寝返りしやすいことも大切です。


二つ目は「適度な硬さがある」ということ。

柔らかすぎず硬すぎないことがちょうどいいですね。


三つ目は「素材」

感触がいい、肌触りがいいこともポイントの一つです。

また、枕の役割として欠かせないのが汗の吸収、発散性に
優れた素材を選ぶことです。

特に汗をかきやすい夏場は蒸れ易いので注意が必要です。