睡眠改善サポート情報 快眠の為に効果のある食品とは? 

2015年12月09日(水) 10時20分






それでは、不眠症に効果のある食品とは
どのようなものがあるでしょうか?



快眠に効果のある食品に
まず ハチミツがあります。

ハチミツに豊富に含まれる「トリプトファン」という成分は、
人の体内で「セロトニン」と呼ばれるホルモンを分泌させる働きがあります。

セロトニンには、ストレスを緩和し、
心地よさや穏やかな気持ちを生み出してくれる働きがあります。
そして、睡眠時には欠かせません。

就寝1時間ほど前に、
ホットミルクや温かいハーブティーティーに、
大さじ1杯のハチミツを混ぜて飲んでみましょう。

落ち着いた気持ちで、リラックスしながら眠りにつくことができます。




次に快眠に効果のある食べ物に
バナナが、あります。


「マグネシウム」「カリウム」は、
不眠症に大きく関わっているとされるミネラルです。

マグネシウムやカリウムが不足すると、
なかなか寝つけなかったり、
頻繁に目覚めてしまったり、熟睡できない、
といった睡眠障害が発生します。


しかし、バナナにはマグネシウムやカリウム、
そして上でご紹介した「トリプトファン」が、
とても豊富に含まれています。


就寝1時間半〜1時間ほど前に、
バナナ半分程度を食べるだけで、快眠効果が期待できます。



また、ナッツ類も快眠効果があります。


別名「幸せホルモン」とも呼ばれている「セロトニン」。

このセロトニンを体内で作りだすために
「トリプトファン」が必要だということは、
既に上でご紹介しました。


そして、クルミやアーモンドといったナッツ類には、
このトリプトファンがとても豊富です。

ナッツが大量に詰まった袋を準備し、
手で一掴みして大体10〜15個くらいのナッツを
配分しましょう。

これを夕食後〜就寝1時間半ほど前に食べれば、
セロトニンが十分分泌されます。


不眠症でお悩みの方は、ぜひお試し下さい。