快眠する方法

January 05 [Mon], 2009, 13:39
眠れない原因は人それぞれですよね。生活のリズムが乱れたり、悩み事やストレスで不眠になってしまったりします。

快眠のために絶対に避けたいことは、まず寝る前に熱いお風呂にはいること。これは温度による刺激で不眠を招きます。そして体の深部の温度を下げるような冷たいものを食べることも避けたいですね。

それでなくても、食事は寝る3時間前までには済ませたいものです。そして、これは誰でも知っているでしょうが、カフェインをとること。コーヒーなどに入っているカフェイン物質は体内に5時間くらい留まってしまうそうです。

快眠のためには環境づくりも欠かせません。睡眠に最適な明るさは30ルクスで、これは胎児がお腹の中で感じている明るさと同じだそうです。

フットライトなどの間接照明を利用しましょう。また、青系の色が脳を休めるのにいいそうです。

青系のカーテンや寝具を用意したり、横になったときに目にはいるところに青系のものを飾ったりしてみましょう。逆に赤系のにぎやかな色は、脳を興奮させてしまうので避けたほうがいいです。

私達の元気で快適な生活に、質のよい快眠は欠かせません。自分に合った方法で快眠を実現しましょう。

眠れない原因

January 05 [Mon], 2009, 13:37
寝つきが悪かったり、朝目覚めてもすっきり起きられない人は、眠りの質が下がっている可能性が高いといえます。その多くは生活リズムが乱れていることが考えられます。

生活のリズムが崩れてしまうと自律神経のバランスも崩れてしまい、身体が本来持っているリズムも崩れていくことになってしまいます。

まずは体のスイッチの切り替えがうまくできるようになるために、生活リズムを崩す要因を取り除いていくようにしましょう。

例えば、寝る前の食事や、カフェインの摂取、夜更かしなどは絶対に避けましょう。逆に、昼間の活動量を増やしたり、夕方以降仮眠はとらない、冷たい物の摂りすぎは避ける、夜は明るい光を避けるなど心がけてみましょう。

最近多いのが寝る前にパソコンや携帯の画面を見ること。

これは眠りの妨げとなります。眠る2時間前にはパソコンや携帯電話のスイッチを消す習慣をつけましょう。

体の持っている本来のリズムとは、朝動いて、夜は休むということ。このリズムを取り戻すだけで夜は眠くなるというのが自然なのだそうです。

朝は、朝日を浴びて目覚め、熱めのシャワーをしたり、朝ごはんをしっかり食べるなど。

夜はぬるめめのお風呂で体を温め、リラックスモードに。寝る前の軽いストレッチも効果的です。

お風呂で温まったら、軽いストレッチで、体の緊張をほぐしましょう。

快眠呼吸法

January 05 [Mon], 2009, 13:35
とてもシンプルで簡単な体をリラックスさせる方法は、呼吸法です。日々、忙しく、体に力が入っている人ほど、しっかりとした呼吸ができず、疲労や肩こりなどをため込んでいるのではないでしょうか。

布団の中に入って、眠る前に行うと効果的な呼吸法をご紹介します。

やり方はとても簡単です。手でお腹のおヘソの下あたりを軽く押さえながらまず思いきり息を吐きます。

もう吐けないところまで吐ききったら今度はゆっくりお腹が膨らんでいくのを感じながら息を吸っていきます。これを2〜3分ほど行うだけで体が驚くほどリラックスできるのです。

息を吐くことで体が緩んでくるので吐く時間はゆっくり長くを意識します。

慣れれてくればだんだんと上手に呼吸が出来るようになってくると思います。

呼吸法をしているうちに気づけば眠ってしまうようになれば、朝まで快眠できるでしょう。

呼吸法は、体をリラックスさせるだけでなく深い眠りや体液を循環よくするにも効果的な方法です。

是非、毎日寝る前の3分取り入れて続けてみることをお勧めします。

快眠体操

January 05 [Mon], 2009, 13:32
快眠するためには、寝る前にヨガなどのストレッチを行うことがとても効果的と言われています。

仰向けに寝転んで目をつぶり、ゆっくりとした呼吸だけを意識してあとは何も考えずに体の力を抜いてリラックスしてみましょう。さらに腰を左右に軽くふってみると体全体のゆがみがとれます。

次は、肩と首をほぐしていきます。首、肩はゆっくりまわしていきましょう。このとき息は止めず、自然な呼吸を行います。

そして、足首回しを行います、踵を持ってゆっくり回していきます。足首を回すことで首の緊張をほぐしていきます。

眠りに入るとき、体が緊張していては深いん眠りには入れません。わずかな時間でも眠りに入る前に心と体の力を抜ける時間を作ってみましょう。

朝、目覚めた時も軽いストレッチを行ってみましょう。ストレッチといっても、布団の中で軽く体を動かすだけでいいのです。まず手のひらをグー・パするなどほんの少しづつ体を動かしてみます。

何度か寝りを打って、思い切りのびをしてみましょう。その時ウーンと声に出してみるのもいいですね。

目覚めたらすぐ起き上がるのではなく、少し体を起こしてから起きると朝のスイッチが入りやすくなりますよ。

快眠枕

January 05 [Mon], 2009, 13:30
快眠するための様々なグッズが販売されています。それほど眠れない人が多いということなのでしょうか。

眠るとき最も大切なのが枕ですね。枕を選ぶ時、一番に考えたいのが、寝返りを打ちやすいかどうか、ということです。

寝返りは、背骨のゆがみを調節して神経をゆるめたり、血液やリンパ液などの体液の循環を良くして、たまった老廃物を溜め込まずに流して、疲労やストレスを取るという重要な働きをしているのです。

ここで枕選びのポイントをご紹介しますね。ポイントは、首に負担のかからない高さであること。頭が沈みこまない硬さがあること、枕の横幅が50cm以上あること。

おススメはジムナスト、ピローモーフィアスなどですが、それなりの値段もするものなので、そんな合うか分からない枕を変えないという人には、大判のタオルで快眠枕を作る方法をご紹介しますね。

まずは大判タオルを用意してそれをZ状に折り合わせていきます。その上に小さいタオルを置いて、自分の高さに合わせていきます。

高さのポイントは、横向きに寝転んでみた時に、頭から鼻と、鎖骨の中心が1本の線でまっすぐ結べればOKです。寝返りを打ってみて打ちやすければ大丈夫です。

是非今晩からお試しになってみてください。
P R