視力回復に関する情報 

2012年01月04日(水) 12時20分
ここ最近は視力回復に関する情報もネットなどで知ることが
できるようになったので便利になりましたね。それによって
自力で視力回復しようとしてる方もたくさんいるようです。
今すぐにほしい情報がすぐに入るインターネットによって
とても便利な世の中になったものですね。

視力回復のトレーニングの効果 

2009年08月22日(土) 6時56分
視力回復のトレーニングにはそれなりの効果があるようです。
しかもこどもの視力の回復に関わらずだそうです。

しかし視力回復のトレーニングというと、先入観からそれは
辛い事なのかとか?または痛い物なのではないかと考えて
しまいます。

確かにきちんとした視力回復センターなどで視力回復の
トレーニングを受ける事が一番なのかも知れませんが、
こどもの視力の回復に関しては、日常の生活でのちょっとした
事で効果がとてある場合もあります。

視力回復のトレーニングの効果をより期待するためにも早めに
始めると良いと思います。

簡単な視力の回復 

2009年08月02日(日) 8時51分
視力の回復とは、低下した視力を回復させる事ですが、日本人の
眼鏡をかけている人口は、約6000万人とも言われています。

これだけの方が眼鏡のお世話になっているとしたら、視力回復は
確かにとても関心の高い話と言えるでしょうね。

視力を含め、私たちの身体というものは日々に変動しています。

たとえ視力に自信のある人でも、パソコンなどの作業をしすぎた
時は、やはり普段より見え難く感じるものです。

実は視力というのは、午前より午後の方が低下しています。

これは眼のレンズの水晶体を伸び縮みさせる毛様帯筋が疲れて
きて働きが鈍くなるためとの事です。

なのでもしも眼鏡を作る時は、午前に視力を測定しないと、
度のきついメガネを作ってしまう事にもなりかねません。

でも、これは、午後に低下した視力も、翌日の午前には回復して
いるという事を意味します。

つまり、低下した視力も、それが固定化しなければ何もしなく
ても、すぐ回復できるということですね。

視力回復は、お早めに。パソコンの作業やゲームなどを長時間する
時は、1時間に10分程度休憩して目を休ませると良いと言います。

そういった日々のちょっとした気遣いが、視力の回復のために
最も簡単で効果的な方法だそうです。

メガネによる影響 

2009年07月24日(金) 6時17分
メガネをかけたり、外したりする事は目に悪影響を与える
といわれた事があります。

でも、これは酷い近視の人でなければ当てはまらないと
私は思います。目の本来の働きを回復させるためには、必要
以上にメガネに頼る事は不要です。

こどもの視力の回復のために効果的なメガネの使い方は、今
の裸眼の状態で見えている時はメガネをかける事はしない事
が大切です。

近視用のメガネをかければ遠くはよく見えるようになります。

でも、その分近くを見るときは、通常でも見えているため
目に負担がきてしまいます。

こどもの視力の回復のためには、メガネをその都度使い分ける
させる事が大切だと思います。

メガネを何度もかけたり、外したりするのはこどもには負担に
なるかもしれませんが我慢させましょう。

軽度の近視でも学校生活に支障がなければ、メガネの使用は
限させて、遠くを見る機能が回復するように、視力回復
トレーニングを並行して行っていきましょう。

こどものメガネ 

2009年07月21日(火) 18時58分
こどもの視力の回復のためには、もう少しメガネに対する
考え方を身につけておく事が必要かも知れません。

こどもの視力の回復のためにはメガネの使用方法はとても
大切だと思います。

メガネというものは、近視の場合遠くを見るために必要に
なる物です。

そのため通常の勉強や読書などに対しては、必ずしも必要で
はないと思います。

こどもの視力の回復のためには、メガネを使用する場面を
選ぶ事が大切だと思います。

遠くを見る習慣で回復 

2009年07月19日(日) 8時45分
こどもが視力回復をしていくには、日常的に意識して遠くの物を
見る事が大切になってきます。

近視のこどもは遠くを見るための機能が弱ってしまっています。
その機能を強化していくためにも遠くの物を見る機会を作る事が
大切です。

そしてこどもの視力の回復のために親も協力ができます。

例えば眺めが良い高台に遊びに連れていって、遠くに見える
さまざまな物を一緒に眺めてみましょう。

こうする事で遠くを見る習慣を付けて、つねに目の事を意識した
生活を送れるようになるのではないかと思います。

日常生活で視力回復のトレーニング 

2009年07月14日(火) 19時00分
こどもの視力の回復に関わらず、視力回復のトレーニングと
いうのは効果があるようです。

でも視力回復トレーニングというと、どうしてもつらい事なのか?
とか、痛い物なのではないかと考えてしまいます。

確かにきちんとした視力回復センターなどで視力回復トレーニング
を受ける事が一番なのかも知れませんが、こどもの視力の回復に
関しては、日常生活でのちょっとした意識付けで効果があがるもの
もあります。

今のこどもたちは近くの物を見る機会はあっても、遠くの物を
見る機会は少ないです。

遠くを見ようとしても、ビルなどの建物が邪魔をして見る事が
できませんし、日常生活でも室内でゲームばかりしていて遠く
の物を見る機会がありません。

なので、遠くを見る機会を増やすことが大切だと思います。

こどもの視力とメガネ 

2009年07月12日(日) 8時10分
子供がメガネをかける理由としては、視力が低下したままで
生活する事に対して不都合な事が多いためです。

しかし、視力が悪いままにしていては何にもならないのです。

メガネは視力を回復させる物ではなく、遠くをよく見えるために
する物です。

近視により遠くがよく見えなくなったからといって、日常の生活に
支障がない場合は、メガネを常にかけている必要はないと思います。

メガネを常にかけた状態でいると、目が通常持っている視力を調節
する機能を衰えさせる事になります。

こどもの視力の回復には視力回復トレーニングが効果があると言われ
ていますが、メガネに頼らずに、遠くを見る事を続けたりしていると、

視力が回復する事もあります。近視に関しては早い段階で措置を
すれば視力が回復する事もあるようです。

こどもの視力を回復させるためには、今まで持っていた目の機能を
回復させる事が重要となります。

メガネをする事で、目が本来持っている機能を使わなくなるので、
視力がだんだんと落ちてしまう事にもつながってしまいます。

メガネの使用は、必要最低限にとどめておく事も回復には大切な
事かも知れません。

こどもの近視 

2009年07月08日(水) 19時20分
こどもの裸眼視力の回復で悩んでいる人の多くが恐らく近視だと
思います。

そして近視は視力回復のための治療を早く始めれば始めるほど、
視力の回復する可能性が高いそうです。

まずは、こどもの裸眼視力の変化を見逃さずに、早めの対応を
するといいと思います。

近視を防止したりこどもの視力の回復のためにはやはり親の
役割というのはとても大切だと思います。

学校の視力検査では不十分な事もあります。

こどもの視力低下にはいち早く気づき、こどもの視力の回復の
ために早めの対応をする事がこどもの視力の回復への近道と
なると思います。

こどもの裸眼視力回復 

2009年07月05日(日) 7時08分
こどもの視力低下は年々増えてきています。裸眼視力が1.0未満の
こどもは、小学生だと25.8%、中学生だと49.8%、そして高校生に
なってしまうと62.7%という数にだそうです。

視力が悪くなると、さまざまな所で影響が出てきますのでこの問題
は深刻だと思います。

こどもの裸眼視力の回復の近道は、まずはこどもが視力低下した
事を早く発見する事にだと思います。

こどもは自分の視力が低下した事にすぐには気づきません。ただ
物が以前よりも見にくくなってきたという自覚症状はあると思います。

なので、まずはその傾向を見逃さないようにしていく事が大切だと
思います。
P R
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/kaihuku/index1_0.rdf