海外出張が長期になることになったら 

January 06 [Wed], 2010, 20:31
海外出張で長期というと大体は一年以上を言うと思われますが、長期の海外出張で現地に滞在することになったときには家具や家電のついた短期の賃貸物件を借りるのもコストが安く済む手段となるでしょう。
海外では一週間を超えて滞在する際には家具つきのアパートを借りるのが普通のようです。
洗濯や食事作り等は自分で行わなければなりませんが、自宅のようにくつろげますので仕事で疲れた体も休まるというものでしょう。
長期の海外出張の際は現地で使用する飛行機が大幅に遅れたりキャンセルされたりというトラブルがあることも頭に入れておきましょう。
飛行機会社によっては代わりに昼食の無料券をくれたり日本の関連の航空会社だと夜遅くに目的地についてしまった際にはホテルに会社負担で泊めてくれたりという事もあるようですが、その場によって状況も違ってきますのでこれ等の補償が無い場合もあるといえます。
また長期出張の場合は現地の通過で決済のできるクレジットカードを作るようにすると便利なようです。
帰国の際には一年以上海外で生活していた場合には本人やその家族が使用していたものに限り一定の範囲内で税金が免除されるようです。