海外就職とカナダについて

海外就職とカナダについてです。


カナダ留学新版

海外就職するうえでカナダと聞くと、一年を通して寒い、
涼しいイメージがあるように思うかも知りませんが、実は違うのです。

実際は、夏は30度近くまで気温が上がるので日本とあまり変わりがありません。
しかし、冬場は−50度まで下がる日もあるくらい極寒です。

気温の差がとてつもなく激しいカナダですが、
自然豊かで世界で最も住みやすい土地としても有名です。
留学や海外就職先としても人気の高い国なのです。

カナダに留学や海外就職として行きたいと思った場合、
どのような仕事があるのかをご紹介したいと思います。

「ホテルインターンシップ」
カナダの観光地のホテルで働く。
キャリアと多種多様なコミュニケーション力が身に付くと思います。

「バンケットサーバーインターンシップ」
バンケットルームでサーバーとして働くことですね。
接客業が好きな人には最適です。

「トラベル・ツーリズムマネージメント」
国際的に知名度のある資格を取得し、
トラベル・ツーリズムのプロとして働くことです。
旅行のガイドとして働く。

「児童英語」
需要が高まるばかりの英語。
子供に英語を教える仕事ですね。

「スキー&スノーボードのエキスパート」
カナダと言えば、ウィンタースポーツでしょう。
スキルアップをはかりながら、カナダスキー・スノーボード協会認定インストラクター資格を
取得することも可能ですね。

「国際貿易有給インターンシップ」
国際ビジネスのキャリアを目指すなら、この資格ですね。
カナダ以外でも海外就職するにあたって、心強い資格となります。

ここに挙げた以外にも数多くの仕事があります。
海外留学・海外就職のアイゼス・カナダのサイトには、
沢山情報が掲載されています。
海外就職でのカナダでの参考になります。


詳細はこちら↓↓
>>海外就職 人気情報 ウィンドウショッピング(楽天)

海外就職とホテル・・

海外就職とホテルについて。


社会人留学-25歳からの出発

日本をはじめ海外にも数多くホテルが存在します。
そんなホテル業界で働きたい。

しかも、海外のホテルで。海外就職として、
ホテル業を考えている人にお勧めなサイトがあります。

『海外就職を目指すホテルマンのために HOTEL留学.COM』です。
世界に通用するホスピタリティを学び、海外就職につながるためのホテル留学です。

海外の一流ホテルで働くホテリエにないたり人のための、
ホテル業界でキャリアアップを目指す人を応援するための、サイトとなっています。

世界には様々なホテルが存在し、中には世界的に有名な超一流ホテルもあります。
ホテルは日本にもありますが、同じホテルといえども、海外と日本では文化の違いもあり、
日本でホテル業界で働いていたからすぐさま海外のホテルでも通用するという訳にはいきませんね。

まずはホテル留学サイトを訪れ、情報収集するとこをお勧めします。
『海外就職を目指すホテルマンのために HOTEL留学.COM』サイトには、
海外就職への近道と題されたページや、体験談のページもあり、
ホテル業界での海外就職へ向けてのヒントや実際の生の声を聞くこともできるようになっています。

海外就職するためには、事前の情報収集が大切ですが、
実経験のあるサイトでの確認が一番必要でしょう。

なかでも、ホテルの場合は、特に、お国柄での習慣等で違いがありますので
経験が大事となります。


詳細はこちら↓↓
社会人留学ー25歳からの出発

海外就職と資格

海外就職と資格についてひとつの参考例として。

思いどおりのキャリアをつくる5つの成功法則

海外就職も今は日本で就職するのと同じように当然あることですね。
就職場所は何も日本と決まっている訳ではありませんね。

日本でも就職する際に無いよりはあったほうがいいのが、資格ですね。
海外就職でも資格があったのほうがいいのは当然です。しかし、資格の種類が日本で就職する場合
と海外就職の場合ではすこし変わってきます。

簿記の資格を持っていて、更に海外就職したい!とお考えなら。『国際会計検定(BATIC)』がお勧めですね。
『国際会計検定(BATIC)』とは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationの頭文字を
取ってつなげたもので、直訳すると「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」です。

国際的にみてみると、会計基準は国によってバラバラなのが現状です。そこで、違う国でも正確に理解して
もらえるよう相違点を変換する作業(リキャスティング)をする必要が出てくるので、このリキャスティング能力を
持った人材を育てるために生まれた資格なのです。

BATIC試験をパスし資格取得ができれば、会計の国内基準と国際基準の両方に精通しているという
証明になり、海外就職へむけて大きく前進したことになります。


詳細はこちら↓↓
思いどおりのキャリアをつくる5つの成功法則

海外就職の業種

海外就職の業種についてのナビについてです。

夢を実現したわたしの仕事わたしの方法

海外就職の業種としては、様々なようです。
海外就職のブログなどを見ていてもわかるように、現地での現実は日本からの情報だけでは
把握しきれないようですね。海外へ赴任して就職したり、女性の方が海外で幼稚園で就職を
探しているケースもあるようです。さらに最近ではエステで就職するかたも増えているようで、
本当に日本人も国際色豊かになってきましたね。

海外就職で、中近東のトルコや、ヨーロッパ、なかでもスイスのジュネーブやフランスなどは定
番のようです。アジアでは中国やフィリピンなども増えているようです。これからの日本のためにも
青年にはぜひ頑張ってほしいものです。

海外旅行で人気が高いカナダなども海外就職ではそのまま希望する学生が多いそうです。
海外就職で新卒の方の比率が高いということですから頷ける点かもしれません。

ただイメージが先行でもいけませんが、若いときに海外で就職して体験することは本人にとっても
貴重な財産になりますし、日本にとっても國際交流という点からも非常に良いと思います。

海外就職で寿司職人として働いたりすることで、少しずつ日本の良さが理解してもらえると思います。
これから日本人は海外で就職する機会が確実に増えてくるという事ですね。

海外就職での業種はかなりの数があります。技術者としても管理者としても共通するのは、ことばの
壁でしょう。ことばをしっかりと覚えることも現地へ溶け込んでいく鍵になります。

海外就職での初めの壁は、ことばでしょう。まずはことばをしっかり勉強します。
生活の基本部分を丁寧にやることが、成功する秘訣です。


詳細はこちら↓↓
夢を実現したわたしの仕事わたしの方法

海外就職のための労働ビザ

海外就職のための労働ビザの基礎ナビについてです。

海外就職に必要となるビザはまずは『労働ビザ』が必要になります。この『労働ビザ』を取得することが
海外就職を可能にする事務レベルでの最初の条件となります。

『労働ビザ』は基本的には専門職を対象としていますので、このような分け方になっているのだと思います。
ビザとはカンタンに説明をすると、海外の国に合法的に滞在することを許されるために必要な許可証と
いったところですね。

たとえば海外就職で人気なオーストラリアでも、『長期滞在型ビジネス・サブクラス457』という『労働ビザ』
があります。アメリカでは『労働ビザ』をいくつか分類をしています。
『E-1 貿易・投資家ビザ』、『L-1 企業内転勤ビザ』、『H-1B 専門職ビザ』などといったものなどです。

海外就職で人気のあるアメリカやオーストラリアも、『労働ビザ』というくくりではありません。
他にも業種やスキル(能力)によって、様々なタイプのビザが存在することになります。
ビザには一般的な観光ビザや労働ビザ、学生ビザなど、滞在の目的に応じてさまざまな種類があります。

イギリスでは、『フルワークパーミット』、『キーワーカーパーミット』などの『労働ビザ』があり、4種類ほどに
分けられているようです。

これから行く国のビザがどんな種類と種別があるのかをまずは調べてみることも大切になります。
海外就職での労働ビザの種類は事前に行く国のものを調べておく事が必要です。



海外就職をするための情報

海外就職をするためのナビ情報についてです。

海外就職をするためのナビ情報についてですが、海外就職をするためにはまず何のために自分は
海外へ行って就職するのかという事を自分で再確認する必要です。

海外で就職する目的によっては、調理師で海外就職する場合もあるでしょう。
また海外で留学生として就職する場合もあるでしょう。

さらにはまた現地へいっての海外の転職就職の場合もあるでしょう。その場合は、求人情報も必要に
なりますね。具体的に海外でホテルへ就職する場合とか、もっと具体的には日本語の教師として
海外就職をしようとする場合もあるでしょうから、海外で就職するときは、資格がどんなものがあるのか
もチェックする必要があるんです。

海外での就職の場合は、日本では、よく海外で新卒として就職する日系の人用にもあることが多くなり
ましたので、事前の情報収集はしっかりとやっておきます。

多くなってきたのは、海外就職でオーストラリアへいくとか、イギリスへいくとか、中国の北京へいく
とかですね。しかし、もっと身近には、海外就職で韓国へ行く場合が増えてきたのが特徴であるようです。

海外での就職は、将来のためには、青年には海外で協力隊として就職してみるとうのもいいでしょう。

就職活動を海外でするには目的意識と具体性が第一ですので海外就職サイトと情報をつかんでおきましょう。

海外就職でのアシスタント

海外就職でのアシスタントについて。
海外就職のアシスタントと言ってますはじめに思い浮かぶのは日本語教師アシスタントです。
日本の学校で英語の授業をするときによく外国の先生が来て英語のアシストしたりしますね。
外国での日本語授業も日本人がアシストが必要なのです。

日本語教師アシスタントを受ける国は、オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ドイツなどです。
受け身の語学留学でなく本当の海外生活を体験してみたい方にお薦めします。

ですから一般の家庭にホームステイしながら働きます。
将来日本語教師を目指す人や熱意のある方なら資格や経験は必要ありません。
1学校に一人のアシスタントなので日本人はまわりにいません。だから自然と英語力もアップしますよね。

たとえばオーストラリアは日本との交流が深く日本語学習がとても盛んです。だから海外就職で
アシスタントに来る日本人がたくさん活躍しています。

英語力に自信のない人や日本語を教えたことがない人を募集しています。
外国でアシスタントしながら日本語や日本文化を大いにアピールしてもらいたいですね。

ただ日本語教師アシスタントはあくまでもボランティアです。逆に費用がかかります。
アシスタントをしながら英語を習得し次へのステップとして行くわけです。