アメリカ 花粉症 

February 10 [Sun], 2008, 17:00
花粉症は、花粉が人間の免疫系を刺激して起こるアレルギー症状のことです。つまり、植物がある所ならばどこにおいても花粉症になっている人がいるということです。日本国内の花粉症として有名なのが杉花粉症です。しかし、海外においては花粉症というと杉とは違う植物の花粉で発症するのです。実はアメリカにおいても花粉症は存在します。アメリカでは花粉症と言うとブタクサ花粉症が一般的なようです。アメリカでは日本のように杉林がそれほど多くないということでしょう。日本の杉は戦後住宅用に杉の需要が増えるという目論見で無計画に植林したために杉林が日本各地に存在するようになったのです。日本において杉花粉症ではあるけれどブタクサ花粉症ではない、という方は花粉症を避けるためにアメリカに避難するという手もありますね。今の話は冗談ですが、ブタクサというのは、9月ごろに開花するキク科の植物です。秋の花粉症と言われるのはこのブタクサ花粉症が最も多いです。ブタクサは日本にもたくさん生えており、実は国内にもたくさんのブタクサ花粉症を患っている人がいます。ブタクサ花粉は杉花粉ほど遠くには飛ばないので、ブタクサ花粉症だと診断されたとしたら、家の近くや職場の近くにこのブタクサが生えているところがあるということです。また、ブタクサは気管支喘息の原因にもなる草ですので、アレルギー体質の人はあまりブタクサの生えていない地域でせいかつするようにしたほうが良いかもしれません。また、日本国内でも北海道では杉花粉症が無いなどの違いがあるので、花粉症の症状があまりにも辛い場合は避難先を知っておくとよいかもしれません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kahun-taisaku
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる