This&That Vol. 33 "Springtime Afterglow" @ 六本木super deluxe 

May 26 [Fri], 2017, 23:34
Tomyさんを観に六本木まで。
20時スタートでライブペインティングとか盛りだくさんなイベントみたいですよ。

・Robert Taira Wilson & So Kashima 20:10〜20:40
アコギボーカル、パーカッションの二人編成。
イギリス出身シンガーソングライターとドラマーのデュオだそうな。
なんで海外の人はアコギとボーカルでも湿っぽくならないんだろうなぁ。
ざくっとクールな感じで良かった。

・Dead Sea Dropouts 20:55〜21:25
トランペット&ボーカル、フィドル、クラリネット、アコーディオン、チェロ、ドラムの六人編成。
東ヨーロッパの伝統音楽を演奏するバンドだそう。
本場の音楽は知らないけどジプシーサウンドですね。
わかりやすく言っちゃうと無印良品のBGM的なアレです。
フィドルとかチェロ大好物なのでセッティングからわくわくだったんだけどやっぱりこういうサウンド良いですね。

・Tomy Wealth 21:55〜22:35
ドラム、シンセ、ベース、エレクトリックヴァイオリンの四人編成。
4月のeggmanぶり。
なんと今回でサポートベースのアランが最後だそう。
だからかベースましまし(?)。
あと今回も映像あり。この間も思ったけど以前とかなり変わりましたよね。
ちなみに今回前の方は椅子が出ていたため初めて座ってライブを観たし、成り行きでスピーカー前だった(耳栓装備)ので色々レアだった。

トリは始まったのが23時近く、そこまで好みじゃなかったので離脱。

なお、ライブペインティングは二人のアーティストが前半後半でそれぞれ会場の壁に貼られた大きな紙に作品を製作していた。
個人的には前半の方が好みかな。
あと前半2組のライブはライトペインティングアーティストが映像をつけていた。
OHPからの直接投影なので凄く明るくて精密なのでまるでCGみたいだった。

ちなみにこのイベント、主催が外国の方で出演者もイギリスやカナダ等のメンバーが多く、お客さんも諸外国の人が多いというものでした。
なのでなんかフロアの雰囲気が海外のLIVEBARみたい(行ったことはないけど)で凄い良かった。
日本人オンリーには作れないグルーヴがあって新鮮だった。

The Laundries presents "Bright Bright vol.1" @ 下北沢GARAGE 

May 21 [Sun], 2017, 23:35
そして本日2本目はギターポップ祭へ。

・The Laundries 〜18:45
ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムの五人編成。
今回の企画で初めて知ったけどもう25年やってるバンドだそう。
入ったらメンバー紹介中でそのあとカヴァー、最後に1曲という内容だったため実質1曲しか聴けてないけど良質なguitar popだということはわかった。

・Shortcut Miffy! 19:05〜19:45
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
多分1回くらいライブ観たことある気するんたけどちょっと自信ない。
音源も持ってたかどうか実家の棚確認しないとわからない。
多分参加してるコンピとかは持っている気がする。
という感じなんですが当時のunderflower周辺の空気感とかがひたすら懐かしい訳です。
しかし2017年にShortcut Miffy!観れるとは世の中何が起きるかわかんないね。
あとドラムがex.PENPALSのK氏でびっくりした。

・PLASTIC GIRL IN CLOSET 20:05〜20:40
ギターボーカル、ベースボーカル、ドラム、キーボードの四人編成 from 岩手。
そう、今日はサポートにキーボードを入れての編成でした。びっくり。
ライブ観るのは去年の夏ぶりだからなぁ。(ごめんなさい)
キーボードは打ち込みで入れていたのを生で弾いているという感じなので違和感はなく、ナマ感が出たという感じかな。
ラストの曲が去年聞いたシティポップでした。

・For Tracy Hyde 20:55〜21:45
ボーカル、ギター×2、ベース、ドラムの五人編成。
2月のtotalぶり。
今回はポップ成分マシマシでシューゲ成分少なめだったのかな。
けして下手ではないんだけど危うい感じがするのは何でだろうな。
ウマヘタとも違うんだけど。
ボーカルの声質故かな。

ザンギなき戦い 第九章 @ 高円寺High 

May 21 [Sun], 2017, 18:38
本日1本目は北海道出身バンドのイベントへ。
北海道ということでフロアでザンギ売ってたりする。

・the terminal stage 14:05〜14:40
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
久しぶりですね。前観たのいつだっけ?
格好良いから観に行きたいんだけどなかなかタイミング合わないんだよな。
今日観た感じだとドラムのキレが上がればもっと良くなると思うんだけどどうなんだろうなぁ。

・CAPSULES 14:50〜15:30
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
ロカビリー風味(多分)。
ちょっと後半飽きちゃったかな。

・本棚のモヨコ 15:50〜16:15
ギター&シンセボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
名前はちょいちょい見かけるけど初見。
ポップだし上手いし人気ありそう。
なんとなくcivicを思い出した。

・the MADRAS 16:30〜17:00
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの五人編成。
今回ギター脱退後初のライブでキーボードに壊れかけのテープレコーダーズからキーボードのY嬢がゲストで参加。
キーボードは多分元のギターのフレーズをベースにアレンジしていると思われ、いい感じに馴染みつつ、たまにグッとアクを滲ませる。
あとK氏はギターを赤のストラトに戻してましたね。
次回以降はどうするのかなぁ。

・46°halo 17:15〜17:50
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
今回ドラムはDQS、ex.PEALOUT他でお馴染みのT氏。
なので前回よりパワフル。
やはりI氏の歌はしっくり馴染むんだよなぁ。
ところで今更だけどテレキャスデラックス格好良いですね。

ここまで観て下北沢へ。

slugger machine pesents “everywhere you look vol.5" @ 天王町スタジオオリーブ 

May 20 [Sat], 2017, 23:45
色々用事があって2時間近い遅刻。
control、slugger machineはもう終わってて三番手がライブ中に到着。
てか2時間遅れてたから頭3つは観れないと思ってたんだけど。

・60’whales 〜20:10
ギターボーカル、ベース&シンセボーカル、ギター&ベース、ドラムの四人編成。
初見。
ちなみにベースの人がシンセ弾く時はギターの人がベースにスイッチする。
ピールアウトみたいで格好良い。
オリーブの環境的に難しいとは思うけどボーカルがちょっと小さかったのは残念。

・without 20:35〜21:05
ギターボーカル、ベースボーカル、ドラムの三人編成。
1月ぶり。
泥くさいというか、いなたいというか、全部ひっくるめて転がしていく感じ。
とても良かった。
MCはXingfoo&Royを意識して英語頑張ってたけど、曰く「DOIMOIっぽい」とのことで和んだ。

・hue 21:30〜21:50
ギターボーカル×2、ベース、ドラムの四人編成。
去年の名古屋ぶりですね。
実は活休直前に良さに気づいたので、やっとまた観れて嬉しい。
新曲も2曲あり。
hue って曲の作りが面白い(知識ないので上手い表現ができない)んだけど、新曲もそうだった。
エモりちらかしてるのに理系な感じするというか。

・Xingfoo&Roy 22:10〜22:45
ギターボーカル、ベースボーカル、ドラムの三人編成 from Singapore。
とても格好良い。欧米でも日本でもない感じ。
スマートなんだけど大陸感というかスケール感が大きい感覚がある。
去年観た同じシンガポールのforestも良かったけどこちらの方がより好みだ。

MARZ ATTACK @ 新宿MARZ 

May 19 [Fri], 2017, 23:37
金曜日だけどメンツ良すぎですよね。

・aoub band set 19:05〜19:35
サンプラー、ベース、ドラムの三人編成。
本日唯一の初見。
基本的にクラブミュージックを生音でやってるのは好物なので良い感じ。
ただ流石MARZ、低音ゴリゴリすぎてフロア隅じゃないと辛かった。

・NENGU 19:50〜20:15
ギター、ベース、ドラムの三人編成。
レコ発ぶりですね。
最近NENGUのライブ観てると自然にニヤニヤしちゃうんだよなぁ。
とにかく音が楽しいのと、何が飛び出してくるかわからないワクワク感みたいのがある。

・WOZNIAK 20:30〜21:05
ドラム、ギターボーカル×2、ベース、シンセの五人編成。
何気にWOZNIAKは今年初だった。
DALLJUB STEP CLUBやOUTATBERO観てると久しぶりではない気がしてしまうトラップ。
ちなみに普段サポートベースのB氏が負傷(骨折)のため、本日のベースはOUTATBEROの方でした。
あんまり違和感なかったなぁ。
若干音が跳ねてる感じがしたらくらい。
中盤にやってた新曲(多分聴くの2回目くらい)がちょっと突出して良かった。あと最後の曲(タイトルわからないけど未音源曲の中では古い方)で締めるの良いですね。

・CARNIVAL 21:30〜21:50
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成。
今月2度目。
今回もMCなしで漢気20分一本勝負。
MARZで観るCARNIVALはWARPより低音マシマシでより爆音感ある。
ある意味音でねじ伏せたライブ。

・camellia 22:10〜22:45
ピアノ&ギター、ベース、ドラムの三人編成。
今年初かな?
相変わらず超絶。余人の追随を許さない。鬼といっても差し支えない。
(めちゃめちゃ褒めています)
でも今日はMCは優しかった。

尖ったような楕円 @ 横浜関内 B.B.STREET 

May 17 [Wed], 2017, 22:46
諸々タイミングが合ったのでメランを観に関内へ。
ちょっと遅刻して1組目の途中から。

・吉原正寛 〜19:35
アコギ弾き語りの男性。
ちょっと遅れて入ったのだけど、入った時にカバーやっていて(タイトル思い出せないけど80年代の有名な女性アーティストの曲)、えっどういう感じ?と思ったけどその後は普通にオリジナルの弾き語りでした。

・岩崎商店 19:45〜20:15
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
ドラムはサポートだそうだけど上手いな。
他は可もなく不可もなく。

・Tacchy 20:25〜21:05アコースティックギター1本のインスト from 仙台。
いわる押尾コータロー氏系列ですね。(本人も押尾氏に影響されたと言っていた)
押尾コータローのカバーと戦場のメリークリスマスの押尾コータロー編曲verのカバー(ややこしい)もあり。
ちなみにアコギをベースアンプに繋いでたけどやはり音が太くなるのかな?
たまにギターアンプとベースアンプ併用してる人はいるけど、アコギでベースアンプのみって珍しい。

・Melanche[n]try 21:25〜21:55
ギター×2、ベース、キーボード、ドラムの五人編成。
去年11月のtotal feedback以来。
最初控え目だったけど段々良い渦が出来ていくようなライブだった。
Highなどに比べると音がそんなに出ないハコだけどその辺はあまり関係ないんだなぁ。

my letter『僕のミュージックマシーン』release tour in 名古屋 @ spazio rita 

May 14 [Sun], 2017, 22:29


1月ぶりのeitoですよ。

・ログメン 19:05〜19:35
ボーカル他色々×2の二人編成。
片方はDOIMOIのボーカルさんですね。
lo-fi toy rockとでも言えば良いのかな。
向かい合って座りシンセを中心に色々な小道具が並んでいる。
歌メロは朴訥だったりポップだったり。
とにかく凄く良かった。
これ聴かないと伝わらないと思う。

・eito 19:45〜20:15
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成。
1月ぶり。
正直ここ半年(といっても去年11月と今年1月と合わせて3回)で一番良かった。
新曲も聴けたし、去年からやり始めた曲も良くなっていた。
やっぱり好きだなぁと思って何故か安心した。

・CARD 21:35〜21:15
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成 from 大阪。
3月のイズナ企画以来。
序盤ベースが安定しなかったけど、後半は大丈夫だったのかな。
なかなか曲覚えられないんだけどCARDはメロディがするっと入ってくる感覚が凄い。
何なんでしょうね?

時間切れにつきmy letterセッティング中に撤退。残念…。

TOTORRO French Miracle Tour in JAPAN@ 下北沢Basement Bar 

May 13 [Sat], 2017, 23:08
日仏インスト大集合な本日。
ソールドアウトしてるだけあってお客さんパンパンです。

・AGATHA 18:30〜18:50
ギター、ベース、ドラムの三人編成。
3月のワンミリレコ発以来。
ちなみに今回ドラムはサポートでloqto/1inamillionのSくん。
凄く楽しそうにやっててめちゃめちゃ良かった。
やっぱステージで楽しそうにしてるのは観てるこっちも楽しくなる。
タッピングの鬼ことギターヒーロー流石でした。
ベースの安定感にドラムも新鮮かつ元の味も残しつつという感じ。

・loqto 19:05〜19:30
ギター、ベース、ドラムの三人編成。
3月の乙ぶり。
今回もベースはサポートの方。
しかしやはり気持ちの良い音だ。
loqtoはなんか中毒性高い気がする。
Mくんの喋り芸(天然)も。

・TOTORRO コピーバンド 19:35〜19:45
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成。
サプライズコピーバンド。多分名前はないと思われる。
メンバーは先のloqtoの二人にギターに1inamillionのSくん、ベースに同じF研の人とのこと。
サプライズ成功だったのでは。
盛り上がりましたねぇ。

・MIRROR 20:00〜20:35
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成。
こちらもワンミリレコ発以来。
そしてMIRROR もドラムが都合により出演できずサポートにATATAのドラムD氏を迎えての出演。
しかも1回5時間のリハだけらしい。
MIRROR の曲そんなにきちんと覚えていないのでアレですが、凄すぎないですか?
ベテランの貫禄。

・TOTORRO 21:00〜21:55
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成 from France。
音源ちゃんと聴いたことなかったんだけど想像以上に良かった。
やっぱり体格による出音の違いもあるのかなぁ。
ちなみにPAも乗り込みだったのには驚いた。
エゲツない良い音してました。
しかしフロア最後尾が一番盛り上がっていたのでは。

Suis La Lune & Viva Belgrado LIVE IN TOKYO 2017 @ TSUTAYA O-nest 

May 12 [Fri], 2017, 22:50
odasを観にnestへ。
ちなみに定時あがりだと開演間に合わないので久しぶりに半休取りました。

・Of decay and sublime 18:40〜19:15
ギター×3、ベース、ドラム、パーカッション、VJの七人編成。
去年のearthdam以来。
ちなみに今回のメンバーは下記の通り。( ご本人のツイート参照)
「結局5/12のメンバーは
Gt 浮田、
Gt 今井さん(scena.)
Gt わちゃん(akutagawa / blue friend)
Bs 岡崎さん(LZ129)
Dr 徳田さん(OVUM)
Per 竜さん(blue friend)
Vj 西浜さん です。」
音と映像が相まって、その場に立っているんだけど音の渦の中に放り出されたような感覚に。
打ち込みのストリングスにギター3本の渦はやはり強力ですね。
あとドラムとパーカッション(奥でよく見えなかったけどほぼドラムかな?)が素晴らしかった。
映像はデジタル生命体のように音と呼応していた。

・Viva Belgrado 19:35〜20:20
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成 from Spain。
激情ハードコア。
なんだけど全体的にどこかポップさもあり。
ベースが真ん中だったのだけどずっとステージ後方のドラムに向かって弾いてて54-71のリーダー思い出した。

・Suis La Lune 20:35〜21:25
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成 from Sweden。
こちらも激情ハードコア。
流石北欧らしい(勝手なイメージですが)ビシッと筋の通った強さ。
でもリードギターがちょっと面白い。
割とイメージするハードコアのギターっぽくないフレーズが混じっているというか。

にしてもハードコア界隈の人たちが真面目そうなのって世界共通なんですかね?

Paper Hats @ 下北沢LIVEHOLIC 

May 07 [Sun], 2017, 23:23
迷ったけど連休最後はホリックへ。

・schlafsack 17:35〜18:10
ギターボーカル、ベースボーカル、ギター、ドラムの四人編成。
年末のWARP以来かな。
やっぱエモエモしい且つ湿っぽくなくて良い。
ちなみに最後から2曲目でバスドラが破れるというレアなトラブルあり。

・in Case of Emergency 18:20〜18:50
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成 from 横浜。
法政JOY企画以来ですね。
ていうか数えたら今年見るの4回目でした。
やっぱ格好良い。
ただベースの人的にはもうちょっとステージ広い方が良いよね。
ちなみに夏に新譜出るそうなので楽しみ。

・shuto 19:05〜19:35
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
すっきりした声質の女性ボーカル。
全員コーラス出来るのは良いよね。

・1inamillion 19:45〜20:15
ギター×2、ベース、ドラムの四人編成。
こちらも法政JOY企画以来。
改めて曲がくるくる展開していくのが楽しい。
序盤やってた新曲(多分)も格好よかった。

・Paris death Hilton 20:35〜20:55
サンプラー、ドラムの二人編成。
サンプラーがzezezazaの人、ドラムがSOU の人らしい。
ドラム鬼だしグルーヴも鬼でとても楽しかった。

・GOTOxシマダボーイ 21:20〜21:40
ドラム、パーカッションの二人編成。
DJSCのG氏とNDGの人なのね。
さらにダヴのPAが参加という。?
という訳でフジロックの奥地にぴったりなトライバル感でした。
めっちゃ楽しかった。