下半身ダイエットは難しい!とおもっていませんか? ストレッチやエクササイズといった方法もありますが むくみが原因の場合、 入浴やマッサージ、食事などを組み合わせて 一週間で下半身ダイエットができたりします。 まずはむくみ体質チェックテストからはじめてみてください。



下半身ダイエットの前に、
そもそもどうして下半身太りがおきるのか
その原因を考えていくと、
下半身、特に足や太もものむくみにいきつきます。

たとえば、
夕方になると、足がパンパンになって靴がきつい
朝起きたときに顔や目がはれている
などの症状がある場合、
むくみ体質の可能性が高いです。

むくみといっても、
もちろん病気というようなレベルではなく、
体の癖くらいのものですが、
これがやっかいです。

むくみの原因として考えられるのは、

1)血行の悪さ

血液循環の不良により体が冷えている。

冷えのために水分の代謝が悪く、むくんでくる。


2)リンパ液など体液の循環の不良

リンパ液などの体液の循環が悪く、
体内に滞り、むくみとなる。


3)塩分過剰

塩分の取りすぎ

体内のナトリウム濃度の上昇

体内のナトリウム濃度を整えるために
大量の水分をとる。

余分な水分がむくみとなる。


まずは「むくみ体質チェックテスト」で
あなたの体質をチェックしてみてください。


むくみ体質テストで原因をチェック! 
A〜Cの各設問に答えてください。

テストA
1.いつも手足が冷たい。冬は寝られないこともある
2.冷房の聞いた部屋では、ひざ掛けが欠かせない。
3.冬になると、手足のあれがひどくなる。
4.低体温である。
5.貧血気味で、めまいや立ちくらみを起こす。
6.低血圧気味で、朝はぼぉ〜としていることが多い。
7.顔色がよくないことが多い。
8.風邪をひくと、治りにくい。
9.冷たい飲み物をよく飲む。
10.生野菜サラダをよく食べる。

 
 続きを読む…  
 / むくみの原因 / この記事のURL
塩分過剰からくるむくみの下半身ダイエット方法 
テストのCで6つ以上該当するものがある人、

食事に含まれる塩分の過剰

体内のナトリウム濃度の上昇

ナトリウム濃度の上昇をおさえるために
大量の水分をとる。

余分な水分がむくみとなる。

つまり余分な水分によるむくみが原因で
下半身太りが起こっている可能性が高いと思われる人です。

まずは、
減塩をして食事をととのえるところからはじめてみませんか?
一日の塩分量の目安は1日10グラム以下です。
 
 続きを読む…  
 / 塩分過剰対策 / この記事のURL
疲れからくるむくみの下半身ダイエット方法(2) 
さきほどの記事の足のマッサージに続き、
ふくらはぎ〜太ももの部分のマッサージの仕方です。


1)親指〜内くるぶし〜ふくらはぎの内側〜膝のライン

足の親指のつけ根から内くるぶしの横、
ふくらはぎの内側から膝の横へのラインを
手の指でさすり上げていきます。


2)外くるぶし〜ふくらはぎの外側〜膝のライン

外くるぶしの横から、ふくらはぎの外側をとおって
膝の横のラインを手の指でさすり上げていきます。


3)ふくらはぎの裏

両手の親指で
ふくらはぎの下側(足首付近)から膝までをさすりあげる。

固いところ、違和感のあるところがあれば、
入念に揉みほぐす。

 
 続きを読む…  
 / 疲れ対策 / この記事のURL
疲れからくるむくみの下半身ダイエット方法(1) 
テストのBで6つ以上該当するものがある人、
つまりからだの疲れからくる血行不良や代謝の不十分、
むくみが原因で下半身太りが起こっている可能性が高いと
思われる人です。

まずはマッサージを行い、
体液の循環をよくしていくことからはじめていきましょう。

 
 続きを読む…  
 / 疲れ対策 / この記事のURL
冷えからくるむくみの下半身ダイエット方法 
テストのAで6つ以上該当するものがある人、
つまり冷えからくる血行不良やむくみが原因で
下半身太りが起こっている可能性が高いと思われる人です。

冷えというのは体温の調節が上手くいかない人です。
普通、寒い日には身を縮めますよね。
これは体の体温を外に逃さないようにするための
体の自然な反応です。

冷えやすい人というのは、これができにくい体になっています。

冷え対策にはいろいろありますが、
簡単な体操と入浴を組み合わせて体を温めていきましょう。

 
 続きを読む…  
 / 冷え対策 / この記事のURL
P R
 
 
 Powered by yaplog!