思うこと 

2005年08月02日(火) 21時16分
幼いころをただ思う。ぬくもりが欲しかった。決してないわけではなかったし欲しいと言ったら手に入った状況でそれを言うのはどーかと思うことなんて知っている。知っている。だけど…欲しかったんだ

妹がいたからできなかったのではない。彼女がいなくてもきっと私は何もできなかった
臆病で…ただ臆病で怒られるのがこわくて…何もできなかった

私が悪くなくても泣いていないからといって理不尽に殴られたあの頃…さみしかった。さみしかった。さみしかった。

愛が欲しいと思った。無条件に与えられる愛情が欲しいと願った。殴られて柱に縛られて行動を制限され義務づけられ…他人からは幸せそうだとねたまれるくらいなら…

親がいない人として同情してもらったほうがきっと幸せだったのだろうと思う自分が嫌い

半端なプライドがなかったら…もっと素直になれたら…他人への思いやりなんてきっといらなかった。私がそうしたら親が困ると思っていたんだ。それこそ幼稚園にいっているころから

いつだっていつだっていつだって努力してきたつもりだけど…もともとの表情が笑ってないからこわいだなんて言われてもどうにもならない。だから…笑っているように見える表情をつくる練習をしたんだよ

楽しくなくても楽しそうにできるようになったの。小さい頃からずっと言われてた。

あんたは可愛くないんだから

知ってるよおかあさん。言われなくてもわかってる。いつになったらいつになったら私のことをみてくれるのかな。ずっとずっとあのときのまま時間が止まってる気がするの

つくってみました 

2005年07月14日(木) 21時25分
ブログっていうのを作ってみようと思ってたのと友人がやっているのもあって作ってみることにしました。いろいろ書いて行きたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kagurahikaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる