ブログおひっこし 

2006年12月01日(金) 19時02分
http://popou.jugem.jp/

せっかく読んだり聴いたり視たりのカテゴリーつくってるのだから
あまぞんさんから表紙の画像をぺたり貼れるブログにしたいなーと。
なので、使いやすかったけれどおひっこしです。
ヤプログさん、お世話になりました〜。

レシピ診断 

2006年11月29日(水) 21時38分
うろうろしてたらレシピ診断なるものを発見。
http://essence.matrix.jp/recipe/





かんろあめ 3個
1.リンゴ 30.24 kgと紙きれ 11.76 kgに支配という名の調味料と理想という名のスパイスを加えます。
2.材料に飾り包丁を入れ、丁寧に混ぜます。
3.次に42分間中火で煮込みます。
4.最後に隠し味として運命を少々振りかけて、きれいに盛り付ければでき上がり!!
備考
かんろあめが手に入る所:隠れ家的喫茶店
お値段 (一人前):5420万円



○○(本名)3個
1.鉄 13.02 kgとたこ糸 28.98 kgに野心という名の調味料と自由のいう名のスパイスを加えます。
2.下ごしらえは要りません。
3.次に22分間中火で煮込みます。
4.最後に隠し味として大胆さを少々振りかけて、きれいに盛り付ければでき上がり!!
備考
○○が手に入る所:ネットオークション
お値段 (一人前):5676万円



どちらにしても煮込み料理。
鉄+たこ糸+野心+自由+大胆て。
なんとも胃にもたれそうなタクマシさ。
下ごしらえも要らず、とりあえず鍋にぶちこんどけな
ワイルド★レシピだぜ!

手紙の夢 

2006年11月29日(水) 15時45分
大勢の人間が、横に長い長い机を挟んで座っている。
そうして自分の向かいに座っている相手に手紙を書く。
私のお向かいさんは小学校高学年くらいの女の子だった。
私の手元には、一輪の鈴蘭が描かれた日に焼けた古い便せんがある。
その子に向けて何を書けば良いのかさっぱりわからないので
まったくの白紙のまま封筒に入れ、手渡した。
女の子が封筒の封を切った。その瞬間、私は後悔した。
こんな手紙を渡してしまってごめん、と、たまらず謝ると、
女の子は、いいのよ、と云って笑んで、白紙の手紙を机に開き、
そこに深い緑色のインクで静かに何かを書きはじめた。

ほん。 

2006年11月28日(火) 1時57分
井之口章次「日本の葬式」
いろんな地域の葬送習俗の事例。
日常の中で禁じられている行為の所以。
そこから垣間見られる死と生、そして霊魂の観念。
まだ読み出したばかりだけどとてもおもしろい。

「Hong Kong Apothecary」
香港の薬屋さんの商品パッケージとか
壜とか缶とか広告とか看板とかとか。
素敵写真たくさん。たまらん。はぁはぁ。



本屋に入る度、平積みされている
シュヴァンクマイエルのアリスの絵本に
そわそわしてしまふ。
中を見たい。。。

ヘェ〜イホォ〜♪ 

2006年11月27日(月) 4時09分
今日提出のレポート。終わったので眠りたいところだけど
今眠ったら確実に起きれないのでお布団に入れず。
平沢さんメドレーで夜明けを待つ。
今、ロケット。
ヘイホー 君よ今いずこ

電灯の下。 

2006年11月23日(木) 1時21分
坂道を自転車で走って帰ってきた。
耳元で風が冷たい音で単調に鳴ってて
ぽつんとした街灯に
槐の葉がガラス片みたく光りながら
とめどなく降って
沈殿物みたいな夜の中空で銀色ちらちら。
途中、教会がある。
橙色の電灯で照らされた教会の広場は
夜ん中にじんわり光っているコハクみたいで
自転車を降りてオジャマシマァスとひそっと入った。
橙色の中では今夜の空が不安なほど青い。
時計の針は午前1時を指すのに、明け方のような青色。
風はまだコォコォ鳴っているはずなのに音が聞こえない。
形而上絵画の画面みたい。
見たことのない木が佇んでた。
これも電灯のせいか、その木自身が種子を内包した
ひとつの巨大な実のように思えてならない。
自分自身の身体などよりも、うんとリアルな、
やわらかな血や肉や温度を内包した皮フが
その木の幹や葉や根に確かにある。
ちいさい頃、母と歩いていた夜道の電灯の下、
青白いあかりの中で繋いだ母の手をふと見た瞬間、
それまで存在を信じて疑うことのなかった
自分を含める世界というものが
実はすべて皮だけのもので
その一枚下には虚しかないのではないかと
どうしようもない恐怖におそわれたことがあった。
それに対するものをようやっとみつけたような気がした。
でもそれは、制作を通してずっとやっていることだったわけだけど。

アナタもワタシもあらゆる風景と対であるということ。

「そして、標本名。薬指。」 

2006年11月21日(火) 21時44分
研究発表。
発表日である来週が急遽休講になり
最終日の1月16日の最後の端にまわされた。
トップバッターから一瞬にしてトリになるとわ。
年内に終わらせておきたかった気もするけど
やはり時間が増えたのは素直にうれしい。。。

で。ついつい調子にのってしまい夕方映画館へ。
「薬指の標本」を観に。
小川洋子さんの原作を読んだのはもうずいぶん前だけど、
頭を回転させあっちゃこっちゃ抽き出しを探ったり
音や色や匂いや温度を引っぱり出し切り貼りしたりして
意識してイメージをつくろうとせずとも
すとんと鮮明な風景を頭の中に落とし込んでくれる文章だった。
だからフランスで映像化されるというのは
かーなりかなりの楽しみだったのだ。
観終わっての感想としては、
さらさらと抵抗なく視覚から入ってきて、
その空気と匂いを堪能できたな。と。
艶事周辺はもうちょっと
隠喩的なエロティシズムでも良かったのでわとか思ったりも。
原作にない要素や、ラストほんの少しだけ違っている部分もあり、
監督がどのような解釈をし、この物語を映画として再構成したのか、
もういちど読み返して考えてみたい。
あとは。主人公である「わたし」と弟子丸氏の像が
自分の中ではかなりはっきり確立していたのだなーと再認識。
「わたし」については、物語の最初、「桃色に染まったサイダー」を
まるでガラス越しの出来事かのように
どこか遠い場所かのように見つめたのだろう
しんと静かな眼差しのイメージが中心部にずっとあったから
映画の中の「わたし」ことイリスちゃんが最初泣いていたのが、
何だか妙に新鮮だった。
そして。映画の弟子丸氏はと云うと。
私にはスキモノなオヂサンにしか見えない…。あぐぐ。

薬指の標本
たぶん飛んだらすぐに予告再生になるので音注意〜。

飴色金色琥珀色 

2006年11月18日(土) 16時27分
ネット上での自分の記号を「いと」にして
たぶんちょうど一年。
気分転換にそろそろ変えることにした。
いとの前の「いないこ」に戻そうかとか
もっと記号っぽいものにしようかとか思いつつ
結局手の中にあったカンロ飴の「かんろ」にした。
かんろです。はぢめまして。虫入り甘露。

ここ数日、気がそぞろになるとカンロ飴とりだして
光に透かして眺めて満足したら食べてる。
飴はすぐに口の中が傷だらけになって痛いので
慎重に慎重に舐めなけりゃ。
その点、純露はつやつやなめらかで
食べてても口のなか傷つかないよね。
うたい文句も うつくしい。宝石の味、純露。
純露と黄金糖はそっくりだけど味は違うのかな。

ベルメール 

2006年11月17日(金) 14時37分
イマージュの解剖学
ハンス・ベルメール写真集
夜想 弐 ハンス・ベルメール特集


月末に授業の中で30分の研究発表がある。
研究対象をコーネルにしようと思っていたのを
数日前、急遽ベルメールに変更。
と云うのも実はベルメールが苦手なのだと気づいたから。
ずーっと、気になるんだけど近づけないような
この感じは何なのだ?と思っていたら
虫から感じ取る匂いと、とても近かったのだわ。
コーネルに対する慕情よりも
ベルメールに対する畏怖を掘り下げるほうが
今現在の自分と自分の制作を客観視できるはず。

今はまだ読む時期じゃないけど、
この先かならず「今だ!」って読む時が来る。
と、妙な予感と確信から買う本っていうのが
たまにあるのだけど
夜想のベルメール特集もその中の一冊だった。
妙に手元に置いておかなきゃならない気がして買って、
何年も本棚で眠らせてたのを
いよいよ時が来たって感じで
どきどきしながら読んどります。
けど時間的にかなり焦るなぁ。

イマージュの解剖学と写真集は学校で借りた。
イマージュの解剖学の返却期限票の
一番上に残ってる日付けが「61.1.21」で、
西暦じゃないよなぁ年号だよなぁと思いつつも
発行年たしかめたわ。昭和50年発行。

ひさしぶりに夢をみた。 

2006年11月17日(金) 0時53分
モーセという名の古代生物が発見され
人々が楽園のような海に保護しようとする夢。
ひらぺったい黒い殻を持つ頭足類。
モーセのカラダは毒にまみれていて
キレイな海の水を汚してしまうから
モーセを「モーセ」と最初に呼んで愛した娘が
殻を抉じ開け熱湯を浴びせて毒を消す。
そうして嘘のように透きとおった水に放し、
ゆるやかに泳ぐモーセをおだやかにみつめてた。
目が覚めると同時に、
彼女たちがモーセを放した
楽園のようだと云っていたあの海が
つくりものの水族館だったことに気づく。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像かんろ あめ
» 手紙の夢 (2006年12月03日)
アイコン画像龍掌
» 手紙の夢 (2006年12月01日)
アイコン画像かんろ あめ
» レシピ診断 (2006年12月01日)
アイコン画像かんろ あめ
» 手紙の夢 (2006年12月01日)
アイコン画像卍manzi
» レシピ診断 (2006年11月30日)
アイコン画像トリエ
» レシピ診断 (2006年11月29日)
アイコン画像龍掌
» 手紙の夢 (2006年11月29日)
アイコン画像かんろあめ
» ほん。 (2006年11月29日)
アイコン画像ゆき
» ほん。 (2006年11月28日)
アイコン画像かんろ
» 飴色金色琥珀色 (2006年11月22日)
Yapme!一覧
読者になる