きみよわすれないで 

2004年07月18日(日) 0時55分
『きみよわすれないで』 篠原一 河出書房新社

私は私を殺すために生まれてきた…。14の春、あたしはそのひとと出会った。姉のピアノの調律師となった、目の見えないそのひとは、若いのに「おじさん」と呼ばれることを好んだ…。

綺麗で儚くて切ない。そして残酷。

ソラ(私)の章と、おじさん(総一郎)の章が交互に進む構成。
おじさんと、その手に惚れた(違)ソラの、ゆっくりとした時間。2人だけで閉じた世界だと感じました。
総一郎の章は過去の話で、少年である彼と叔父の、やはり2人で閉じた世界。
私は総一郎の章のほうが好き。
だって、なんか色っぽいもの(笑)つーかエロい?
べつにそんな表現があるわけではないんだけど、漂う雰囲気とか。
緋色の長襦袢を纏う総一郎というのもありますが(笑)、なんだろう、文章が・・・官能的?
頽廃的で、閉じられた濃密な世界。そんな感じ。

「ピアノはそこにあるだけで狂っていく」という文があったけど、確かにその通りなんだけどこういう話の中で出てくると、なんか耽美(笑)

とても綺麗な話ではあるんだけど、難解な所もあって、冒頭などにある、どことなく未来的な世界は私にはよくわからなかった。
それでも好きで、何度と無く読み返してしまう本です。

スリーアゲーツ 

2004年07月18日(日) 0時53分
『スリー・アゲーツ』 五條瑛 集英社

男には、北と日本、二つの国に、二つの家族があった―――

スーパーK工作に関わっていた男が、ソウルでの銃撃戦の後、日本に逃亡する。彼の持つ情報を得る為、米国防省の情報組織、通称<会社>は、人的情報活動のプロ葉山に、男と接触させ、司法取引に持ち込もうとするが―――!?
男は二つの家族を守り抜くことが出来るのか!?


鉱物シリーズ第2作。
家族の物語です。
アゲートは瑪瑙。
3つの瑪瑙が、男と家族を繋ぐのです。
どちらの家族も、男にとってはなにより愛しいもの。どちらかを選び、どちらかを捨てることは出来ない。
両方の安全と幸福を願うのは、贅沢なことでしょうか。
私はそうは思わない。

「異国の汚物と泥にまみれ、それでもなお、鮮やかにこの胸に浮かび、目に焼き付いて離れないもの…… それは、たった一つ。
家族だ。」p84より

恥ずかしいくらい真っ向勝負なのに、泣ける。
それはきっと、男の家族への愛、家族の男に対する信頼が、痛いくらいに伝わってくるからでしょうか・・・。

プラチナ・ビーズ 

2004年07月18日(日) 0時51分
『プラチナ・ビーズ』 五條瑛 集英社

人的情報収集活動(ヒューミント)のプロである葉山は、ある日事情聴取した「対象者」の言葉の中にひっかかりを覚える。北朝鮮で何か新しい動きが始まっているのではないか?アメリカ国防省の情報組織、通称「会社」の上司「エディ」の指示で葉山は調査に乗り出す。同じ頃、脱走した米兵の惨殺死体が発見される。日系アメリカ人である横須賀基地NISC(海軍調査軍)勤務の坂下も、同じく調査を開始する。彼らの聞き取り調査の中に、何度も顔を出す謎の男。北朝鮮の有力者と対等に話し、ブランド品をさりげなく着こなす長身の優雅な男。彼の正体は?そして、謎の言葉「プラチナ・ビーズ」とは? 日本をターゲットに水面下で展開している大がかりな作戦の全貌が、葉山の前に次第に明らかになっていく。米ソ冷戦構造崩壊後の迷走する北朝鮮とアメリカの諜報戦争を軸に、否応なくそれに巻き込まれていく人間たちの人生模様。そして、国家とは、祖国とはいったいなんなのか。
今世紀最後の大型新人が描く、渾身のエスピオナージ。


鉱物シリーズ第一作。
薦めてくれた友人は、「アメリカVS北朝鮮IN日本」と言いましたが。
あながち間違いでもない。

五條作品の魅力の一つは、作り込まれたキャラクタだと思います。
主要キャラはもちろんのこと、あまり描かれていない人物も、現実に存在するように内面をうかがうことが出来るような気がします。
つーか、エディ!なんと言ってもエディだよ!!
優雅で鬼畜なセクハラ上司(笑)
そしてアイドルは吾郎ちゃんだ(笑)

えと、まじめな話、これを読むと日本人の危機感の無さに気付くと思いますよ。
「プラチナ・ビーズ」の意味が分かれば、私たちはなんて恵まれているんだろうとも思う。

「知りたくないかね?」p101より
「私が降らせてやろう。お前のために。」p18より

葉桜の季節に君を想うということ 

2004年07月18日(日) 0時46分
『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午 文藝春秋

ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた"何でもやってやろう屋"探偵・成瀬将虎。恋愛あり、活劇ありの物語の行方は?そして炸裂する本格魂。

「このミス」1位など、世間の評価は高いですが。
私的にはイマイチかなー。
「ヤラレタ」感はとても高かったですが。
最後のオチのためにあるような小説だと思いました。

タイトルは凄く好き。素敵。
装丁もシンプルだけど、印象は強かったですね。
あのデザイン、京極夏彦さんだそうですよ?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kagane
読者になる
Yapme!一覧
読者になる