リノール酸低減式花粉症対策 効果 

2011年02月17日(木) 20時31分
花粉に敏感になる根本原因を断つことで
花粉症を根本解決するためのマニュアルです。


今、お医者さんに行っても薬を渡されるだけ。
対症療法にはもうウンザリ…


では、どうすれば花粉症が完治するのか?


<ヒスタミンや、ロイコトリエンといった「かゆみ物質」を細胞の中から減らす方法>




薬によって症状を抑える方法というのは、
「かゆみ物質」の放出の抑制または無力化をしているのであって、
かゆみ物質そのものを減らす方法ではありません。


薬では、原因物質を減らすことはできないのです。
つまり薬を使った対症療法では、
細胞内に溜まっている「かゆみ物質」
が減らないため、根本解決にはなりません。


花粉症の人は、かゆみの原因物質が
めいっぱい溜まっている!


マスト細胞というのは、そもそも、
ヒスタミン、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っています。


そして、ウイルスや細菌が入ってきたときに、
これらを放出することで体を守っています。


花粉症を発症している人と言うのは、
マスト細胞の働き自体は正常であって、
なんらおかしいことではありません。


しかし…


原因物質の蓄積が
許容量を超えると花粉症が発症する!


人にはそれぞれ、花粉症が起こるまでの「許容量」がある、
という話を耳にしたことはありませんか?


「人の体には、花粉症になる“器”みたいなものがあって、
 生まれた時にはその“器”は空っぽだが、
 歳と共に、その“器”に何かが溜まっていく。」
という話です。


ここでご説明している治療法の原理からすると、
この話は本当だったと言えます。


“器”とは、鼻粘膜の周辺にあるマスト細胞のこと。
“溜まってくいく何か”とは、
かゆみの原因物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、…)のこと
だったのです。


私たちは、この話に基づいた治療法によって、
完治することに成功したのです。


細胞から原因物質を減らせば
花粉症が治る!


花粉症は、治せるものなのです。
敏感体質は、改善できるのです。



⇒ リノール酸低減式花粉症対策






水虫 自宅で簡単除去方法
水虫・爪水虫を自宅で簡単に除去する方法の紹介です。

花粉症がわずか1か月で完治した方法 効果
わずか1カ月で花粉症を克服した方法、花粉に敏感になる根本原因を断つことで花粉症を根本解決するためのマニュアルの紹介です。

桐沢式14日間アトピー改善術 情報
アトピー性皮膚炎なら!桐沢式14日間アトピー改善術。たったの2週間程度、ほんの少しあることを行っただけで改善していく方法の紹介です。