今から心体を鍛えて花粉症に勝とう!
2011.06.21 [Tue] 21:30



自律神経のバランスが崩れているときに身体のコンディションとともに花粉症などのアレルギー性の症状と言うものも悪化していきます。
アレルギー症状が悪化しないためには、心身を強くしていくというのも花粉症の予防・方策の一つになると思います。

まずは鼻についてです。花粉症になってしまうと鼻の粘膜がかなり鋭敏になってしまいます。
花粉はもちろんの事、ほこりやタバコの煙でさえも症状が悪化してしまう可能性もあるのです。
ですから、運動をして血行をよくし、鼻の粘膜の血行もよくなれば鼻づまりの症状が軽くなったりします。


次に食生活についてですが、花粉症の予防・対策としていくつか挙げてみましたので参考にしてみてください。

・バランスが取れた食生活を送りましょう。
・3食規則正しくとるようにしましょう。
・辛いものなどの刺激物!アルコールなどの刺激物を控えるようにしましょう。
・レトルト食品をとるのを控えるようにしましょう。
・冷たいものではなくて、ボディを温めるために温かいものをとるようにしましょう。
・アレルギー解決策効果があると言う材料を摂取するようにしましょう。
・肉・卵・乳製品をとり過ぎないようにしましょう。

何点かあげてみましたがいかがでしょうか?
また、充分な睡眠も割合肝心です。睡眠不足だと体力的にも衰えてきますのでしっかり睡眠をとるように心がけましょう。

食生活や、運動など心身を鍛えると言うことは重要な事です。
今から心身を鍛えて免疫力を挙げて花粉症などのアレルギー影響を刷新させていくようにしましょう。


なぜ、「これ」は健康にいいのか?



 人気ブログランキングへ







花粉症に効果がある食べ物
2011.05.13 [Fri] 21:38


花粉症と言うのは本当に症状が辛く、鼻水がぐずぐずしてしまったりして食べ物もおいしく食べられないですよね。この花粉症を悪化させないためには、インスタントやレトルトのような食べ物を摂取しないようにして、バランスが取れた食生活を心がけるようにすることがすごく重要だと思います。
欧米型の食事のような高脂肪・高タンパク質の食べ物をなるべくなら摂取しないようにして、和食のような日本人の身体に合った食生活をするようにすることが悪化させないための予防策だと思います。

花粉症の人が体内に余計な水分、たとえばアルコールなどが溜まっているのはいいことではありません。だからと言って水分を一切取らないのではなく、アルコールやジュースなどを控えるようにすればいいと思います。

では、花粉症に効く食べ物と言うのはどういうものがあるのでしょうか?下記にご紹介したいと思います。

【緑茶】
緑茶の中に含まれているカテキンと言う成分が、ヒスタミンの量を調整する作用があると言われています。ヒスタミンと言うのはアレルギー症状を引き起こしている原因となるものです。この緑茶の効果を出すためには1日10杯以上飲まなければなりませんが、今度はカフェインの取りすぎというのが問題になってくる可能性もありますので、気をつけながら摂取するようにしましょう。

【シソ】
シソにはαリノレン酸というアレルギー症状を抑える働きがある成分が含まれています。摂取方法は生で食べるのがいいのですが、毎日生のシソを食べるって大変だと思いますので、市販されているものでいいのでシソエキスを抽出したジュースなどを飲んでみてはいかがでしょうか?
2〜5倍希釈用原液大分産無農薬栽培赤しそ葉赤しそジュース 900ml 赤紫蘇 10P12May11



花粉症と食事治療
2011.04.09 [Sat] 17:33

自分でできる花粉症を悪化させない対処療法の一つに食事治療があります。
つまり食事治療をすることにより体質改善を計り花粉症に対抗しようというものです。

花粉症の症状を緩和する成分やそれを含むとされる食材も多数あることがわかっています。
食事治療とは、アレルギー検査を行ってその花粉症などの原因を特定した後に、その原因となる食べ物などを除いていくという治療方法です。

子供に多いのが食べ物が原因によるアレルギーです。
この場合は母親が子供の食事メニューをよく考えなければなりませんね。
花粉症などのアレルギー原因である食べ物を除いたメニューで食事をしていくと、一般にはその食べ物に対する体の過敏な反応が弱まっていきます。
そして徐々にその食べ物に対して反応を起こさなくなるのです。
これが食事治療の効果です。

花粉症を悪化させる原因の一つにストレスや室内環境の他に食生活があります。
食事は花粉症の大きな原因の一つであるということがお分かりいただけると思います。

また食事の中に食品添加物などの化学薬物を長い間使い続けるとその積み重ねが体の免疫機能を犯して、病気になる確率が増えることは実証されています。
食品添加物にはアレルギーを誘発する抗アレルギー成分が含まれているためです。

また花粉症に効果がある食材も多数あります。
他にも花粉症になる前に花粉症の予防に効果のある食材もあります。
反対に花粉症の症状がでてしまったときに控えなければならない食材もあります。
これらをよく理解して上手に毎日の食事に取り入れて花粉症に対処していきましょう。


  Dr.クロワッサン 体に効く簡単レシピ1 免疫力が上がる食べ方 (マガジンハウスムック Dr.クロワッサン)



   人気ブログランキングへ



花粉症は遺伝する?
2011.03.03 [Thu] 11:02

花粉症をはじめとするアレルギーの体質は遺伝すると考えられています。
花粉症の場合、アレルゲンとなる花粉も遺伝すると考えられており、親がスギ花粉症の時には子供にスギ花粉症が遺伝することがあると言われています。
ヒノキやブタクサといった他のアレルゲンとなる花粉も一様に遺伝していくと考えられます。

また、母親だけでなく、父親も花粉症の場合には、かなり高い信用性で子供にも花粉症が遺伝してしまうことになるでしょう。
これらの遺伝は遺伝の仕組みに沿って現れると考えられています。

しかし、花粉症をはじめとするアレルギーは、遺伝のだけでなく、個人の体質や環境的要素が複雑に絡むため、遺伝の条項がそろっていて高い信用性で遺伝することが考えられても、必ずしも花粉症が遺伝するとは言いきれません。
そのため、両親が花粉症であっても、そのアレルギーの体質だけが遺伝し、子供が花粉症ではないアトピー性皮膚炎や喘息といった違うアレルギー症状を起こすこともあるようです。

ですので、両親が花粉症の場合は、一度、花粉症やアレルギーの検査をしてみても良いかもしれませんね。
そして、両親が花粉症の場合には、早めの対処をとるようにすると良いでしょう。

また、花粉症が遺伝していないとしても、生活をしていく中で、花粉症を新たに発症してしまうことも考えられます。
遺伝していなくても、日々から花粉に触れないように気をつけたり、掃除やクリーニングに気を配るようにして、無防備にならないように事前に心がけることも肝心でしょう。



    [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス




花粉症に効果のある食事を
2011.01.01 [Sat] 05:11

花粉症の症状を緩和する成分やそれを含む食材も多数あることがわかっています。
食事治療とは、アレルギー検査を行ってその花粉症などの原因を特定した後に、その原因となる食べ物などを除いていくという治療方法です。


花粉症の症状緩和に効果のある食材がいくつかあります。
これらの食材を知ることで、花粉症の食事治療を正しく行うことができます。
ここでは中国の食療学の経験と現代栄養学の資料により考えられた花粉症に効果のあるいくつかの食材を紹介します。

まずは「ハトムギ」です。
ハトムギは中国の医学書に脾の働きを活性化して、肺の働きを助ける作用があると記されています。
また体内の熱を調節して水液代謝を調節する作用もあるそうです。
このようにして昔からハトムギは美容健康食品として扱われてきました。
現代栄養学的にもハトムギの成分の中には、免疫機能の調整とアレルギー抑制効果があることがわかっています。
そのためハトムギは花粉症にも効果があるとされているのです。

次は「黒米」です。
中国では黒米は長寿米として知られています。
栄養価がとても高い米でミネラル分やアミノ酸も豊富に含まれています。
ミネラルやアミノ酸の働きによって免疫細胞の新陳代謝が促される効果があります。
よって免疫ができることにより花粉症にも効果があるのです。

次は「海草」です。
昆布やわかめや海苔などには大量の食物繊維が含まれています。
また特別なアミノ酸であるプロリンやビタミンも豊富に含まれています。
その中でもスピルリナには免疫機能を高める働きがあります。
抗がん作用もある健康にいい食品なのです。

ここに記載したものはほんの一例です。
このように食材自体に免疫力のあるものをうまく使って花粉症の食事治療を行うと効果が発揮されると思います。


      人気ブログランキングへ