花粉症の予防策は?

March 12 [Mon], 2012, 16:42



花粉症の予防策は、誰にでもできるささいな事です。

花粉症は、花粉症を発症してしまってから花粉の飛散時期に予防するのではなく、花粉症にかかる前に予防することが一番大切で重要だと考えられます。

まず、花粉症にならない為には、アレルゲンを除去・回避し、花粉を体内にとりこまないようにしなけれねダメなのです。

すでに花粉症になっている方も症状がでないようにするためには必要な予防策ですので、普段から花粉を吸い込まないようにマスク(関西よりも関東の方が着用率が高いのだとか)をしたり、手洗いやうがいをするなどを徹底すると良いでしょう。

また、花粉症を未然に防ぐ予防策として、バランスの取れた食事をすることが大切です。

最近、花粉症に効くと注目されているトマトやレンコン、ヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)などをとり入れた食事を試してみたり、食事の栄養バランスなどを見直してみるのも花粉症の予防策だといわれています。

さらに、生活習慣の改善も花粉症の予防には必要です。

不規則な生活で、寝不足の状態が長く続いていたり、疲れやストレスなどが溜まってしまうと、生活習慣の乱れが原因で花粉症を引き起してしまうこともあるようです。

花粉症の予防としては、普段からの生活習慣を見直すことも必要でしょう。

疲れやストレスがたまってしまうと、副交感神経の働きが抑えられ、体内でヒスタミンが放出されやすい状態になると考えられているんですね。

ですので、疲れやストレスをためない健康的な生活を送ることが花粉症の予防のためにも大切です。











<PR>
女子力アップの為にダイエット! | 【女子力アップ】女子力UPさせよう!
球の握り方・種類など | ピッチング練習!ピッチングを上達させる方法を公開!

花粉症の減感作療法ってどんな治療なのか?

March 01 [Thu], 2012, 16:42



花粉症対策として、減感作療法というのがあるみたいです。

あまり耳にすることのない療法ですが、これは一種である免疫療法(ワクチン)です。

患者のアレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、徐々に増やしていく事で、アレルゲンに対する過敏な反応を減らしていこうというもの。

主にスギ花粉症の人に対して行われています。

減感作療法は、麻疹や水疱瘡などといったワクチンとは違い、1度注射するだけですむというものではないものです。

花粉が飛び始める1ヵ月前くらいから注射をスタートし、週に1、2回の定期的な皮下注射を、花粉が飛んでいる間中続けます。

花粉の飛散が終了したら、1?2ヵ月に1回と注射の回数を減らします。

再び花粉症の季節が到来したら、飛散の1ヵ月くらい前から毎週注射をします。

減感作療法(皮下投与や舌下投与により、希釈したアレルゲンをアレルギー患者に投与します)は、花粉症を克服するには、とても有効な手段であると言われています。

しかし、効果が現れるまで数ヵ月かかり、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が安定するまでにはさらに数年の歳月を要します。

その間ずっと注射を打ち続けるわけで、注射嫌いの人には抵抗があるかもしれませんね。

しかし、うまくいったら薬が不要になったり、注射を大幅に減らすことが可能です。

ただ、この療法は1つのアレルゲンにしか対応しておらず、複数アレルゲン(アレルゲンではないのに、類似したアレルギー反応を引き起こすものを仮性アレルゲンと呼ぶこともあります)がある人には効果がありません。

また、誰にでも効果があるもののず、結果がわかるのは数ヵ月とか数年後になるため、効果が現れなかった場合、それまでの治療は無駄ということになってしまいます。

以上のようなことを考慮し、減感作療法を行うかどうか決めるといいでしょう。

なお、近年は数は少ないですが、舌下減感作療法を行っている病院もあります。











<PR>
血糖値と血圧の関係性は? | 血糖値を下げるには?正常血糖値に戻そう!
年長までにしておくしつけ! | 幼児期の子育て!年長?小学校に上がるまで!

花粉症のピーク時期って大体いつ頃なの?

February 22 [Wed], 2012, 16:42



花粉症の原因となる植物は、日本には60とも80とも言われているほど存在しています。

そのため、花粉症のピークは、その人がどの花粉に対してアレルギーを持っているかで変わってきます。

とは言うものの、日本人に一番多い花粉症はスギ、次いでヒノキです。

これらの花粉症のピークの季節は、大半の人が知っていると思いますが、春になります。

しかし、日本は南北に長いため、ピークの時期は地域によって異なります。

例えば、スギ花粉の場合、鹿児島でのピークが3月上旬でも、青森県以北では4月中旬というように。

また、気象条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)などによっても変わってきますから、毎年同じとは言えません。

年によって、花粉の量が最大になる時期が、微妙に違ってきます。

一般的なピーク時期ということで述べるなら、スギ花粉のピークは2?4月頃、ヒノキは3?6月頃です。

ほかの植物では、例えば、カバノキは1?4月、コナラ・クヌギは4?5月です。

花粉は春だけでなく、夏や秋にも飛散しています。

カモガヤは5?8月、オオアワガエリは4?8月、ブタクサは8?10月、ヨモギも8?10月です。

スギ、ヒノキの花粉の飛散開始時期や飛散量に関しては、毎年テレビで公表されています。

ネットでも、各地域の花粉の飛散状況について知る事が出来るでしょう。

花粉に関する最新情報、特に自分が住んでいる地域の花粉状況を知りたい人は、Webサイトを活用するといいでしょう。











<PR>
健康診断は定期的に受けよう! | 長生きの秘訣・健康維持させるには!
テニス肘とは? | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!