【 更新情報 】

スポンサード リンク

2009年の花粉症は?

花粉の飛散量によって花粉症の症状って変わりますよね。。

実際に酷い花粉症の私は、この花粉の飛散量が非常に気になります!
2009年度の花粉の飛散量は一体どうなるんでしょうか!? 全国的にみての話では2009年の飛散量は昨年よりも多くなりそうな情報も出ています。

特に関東地方よりも西側を昨年の気象庁の予報から推測しても2009年は多くなる可能性が高そうです。
花粉の飛散量は、前年の発芽の調査でおおかたは分かるそうで、2009年度は昨年の調査で発芽の量が多かったそうなので、花粉症もキツイかもしれません。。

それに、2009年は1月、2月の平均気温が例年と比べると少し高い目で推移しそうだという気象庁の報告もありますので、ひょっとすると花粉症の方々には厳しいですが、花粉の飛散する時期も少し早まりそうです。。
1月時点ではさすがに、花粉の飛散は確認されていませんが、花粉症について詳しくデーターを載せているサイトを確認しますと、2月初旬からは2009年の花粉飛散予報というものもインターネットで発信される予定になっていますので、花粉の飛散の確認には毎日 チェックするほうが良いかもしれませんね。。

色々なサイトや、雑誌、テレビを見る限り、2009年の花粉飛散は例年よりも早い目で、西日本よりも西側は花粉症の方は十分な注意が必要って事ではないでしょうか・・・

花粉症は早くて2月終わりから!?

花粉症の原因は、もちろん杉やヒノキの花粉って事なんで、花粉症の症状は春からだと思っていませんか?

まぁ、通常は木々が花粉を飛散させる時期が最も花粉症の症状が酷くなる事は言うまでもありませんが。。
今までの花粉飛散のデーターを確認しますと、1月の時点で花粉の飛散が確認された地域もあるようです。 だから、その年の平均気温や、今 お住まいの環境によっては春だけでなく、1月の時点から花粉症が発症するといった事も珍しくないのかもしれません。。

ただ、私の場合は、花粉症といっても鼻がムズムズ、鼻水が出るという症状になりますので、1月の時点では通常の風邪の場合も考えられます。 多分、私と同じような方もいらっしゃると思いますので、病院・耳鼻科に確認をされた方が安心できますよね。。

また、花粉症だと思っていても、花粉以外のハウスダストや、その他のアレルギーって事も十分に考えられます。
花粉症の方々の多くは、そのほかのアレルギーもあるといった事も考えれますので、簡単の花粉症だと決め付けずに、医師への診察をする方がいいと思います。
1月の花粉飛散は、絶対数が少ないので花粉飛散の予報でもあまり報告はありませんので、実際の飛散予報は2月から更新されるようなので、確認してみてくださいね!

花粉症は対策が大事

花粉症の対策は色々 考えられると思います。

まぁ、ここ最近では花粉の飛散シーズンになると花粉症用のさまざまなグッズも販売されます。
花粉マスクや、花粉症用の眼鏡(ゴーグル)などが対策グッズですよね。。

風邪の流行る時期になると、今では街中でもマスクをされている方々が目によく付きます。 花粉の季節になると、花粉マスクってなんか恥ずかしいって思っていましたが、風邪用のマスクと同様に恥ずかしくありませんので、花粉症の症状が酷い方は花粉対策マスクをするのも一つの手かもしれません。
また、物理的ではないのですが、花粉症の症状が酷くなる原因としまして寝不足や食事の問題もあるようです。
花粉症対策として、シーズンになる前から、十分な睡眠をとって体を強くしておくのも対策だと思います。
それに、ストレスも花粉症などのアレルギーには良くありません、出来るだけストレスを溜めないような心身状態を保つって事も花粉症対策ではないでしょうか?

花粉症と食べ物の関係としましては、高カロリーな食べ物・食事が良く言われています。 ただ、どんな病気や症状にも言える事になりますが、バランスが最も大切ですので、あらゆる栄養素を満遍なく食べるという事に注意をする方がいいでしょう。
まぁ、その考え方は花粉症だけでなく、アレルギー症状全般に言える事かもしれませんが。。。

2009年の花粉症 予防

2009年は、前年に比べると花粉の飛散量の予報を見る限り花粉症の症状は酷くなる事が考えられそうです。

この花粉症の話ですが。。『自分は花粉症ではないから、関係ない!』ってお思いの方もいると思います。
花粉症は、今 現在 症状がないから、大丈夫とは決められないかもしれません。。 実際 花粉症でなかった方が、急に花粉症と診察される事も少なくないと思います。

特に2009年は少し花粉の飛散量が多いとの予報ですので、急に花粉賞デビューって事もあるかも。。
そんな方々は、しっかりと花粉賞の対策と予防について知っておく事が重要かもしれませんえぇ〜
花粉症の予防としましては、際ほど書いた外出時にマスクやゴーグルって事もありますが。 帰宅すると、玄関に入る前に衣服に付着した花粉を落とすという事や、室内には空気清浄機をまわして、花粉が屋内に入り込んでも、すぐに除去する努力も必要かもしれません。

また、十分な睡眠と規則正しい生活ってのも重要な花粉症の予防策ではないでしょうか!?
あと、風邪の時と同じなのですが、帰宅時には、手洗いやうがいも予防にもなると思いますので、心がけるといいと思います。

花粉症の症状

花粉症が本格的になってくる季節です。。

私自身、小さい時からアレルギー性鼻炎だったのですが、10年ほど前から耳鼻咽喉科で花粉症だと診断されました!
花粉症の症状として有名なのは、くしゃみや鼻水といったところですが、まだまだ花粉が原因と思われる花粉症の症状は色々とあるようです。
私が花粉症と診断されてから、気になる症状がありましたので、少し書いてみます。
まず、目のかゆみです。 これは、よく言われる事ですが、強烈に目が痒く、どうしても目を掻いてしまいますので、まぶたまで赤くはれるといった症状が出てきます。
あと、喉(のど)の痒みも花粉症の症状のひとつと言われています。 これも、私自身がそうなのですが、喉が痛くて痒いって感じです。 特に山とか花粉が飛散していると思われるところに行くと酷くなるようです。
喉の痛み(痒み)は、なかなか治るといった感じではありません。 こんな時、私はスッキリするような飴をなめるといった感じで対応しています。
花粉症の症状として、私が感じているのは、頭が痛くなる!(頭痛)
これは、花粉が原因で直接的に頭痛になるのか、また鼻水がたれてくるので、その鼻水をすする為に頭が痛くなるのかは少し分かりません。
まぁ、花粉症やアレルギー性鼻炎が酷い私のような方々は、この頭痛を感じている方も少なくないはずです。
少しでも花粉症の症状を改善する為には、ゆっくりと睡眠をとることも重要だと思います。
耳鼻咽喉科などに置かれている花粉症のパンフレットにも書かれていましたが、体を休める事も重要になってくるようです。
薬による対処療法もなんですが、本質的に体質を改善するような方法で花粉症と付き合っていく必要があるかもしれませんよね。。。