【 更新情報 】

スポンサード リンク

衣服の静電気も花粉症対策しましょう!

まだまだ乾燥している季節ですから、どうしてもあの“バチッ”っていう静電気が起こりやすいです。あの静電気は、衣服がこすれることによって起こるのが多いそうです。特に車のシートと背中の生地との摩擦で、静電気を帯びるのだそうです。ということは、服や体に静電気を帯びてしまうと・・・、もうお分かりですよね!?

静電気によって空気中に飛んでいる花粉をどんどん吸い寄せてしまっているみたいです。しかも、外出先から家などに入るときに、服についている花粉を叩いて落としているつもりでも、静電気を帯びているのですぐ吸い寄せているそうなのです。そのような悪循環を断ち切る為には、市販の柔軟剤で洋服を洗ったりしたほうが良さそうですので、柔軟剤はメーカーによって違いがあると思いますけど、購入する際に、帯電防止と謳っているのを探して使ってます。ここ最近は、これを使って玄関に入る前に洋服を掃ってから入るようにしているので、自宅に居る間は、若干ですけど花粉症の症状は随分楽になったように感じます。

また洗えないコートなどは、帯電防止スプレーを吹くことによって防げるそうですので、帯電防止をしていれば、服についている花粉も、簡単に払い落とすことが出来るというワケです。せっかく花粉症対策していても、静電気によって室内に花粉を招き入れるのは辛いですから、花粉症対策に帯電防止グッズも注目すると良いと思いますね。早速使ってますけど、先ほどに書いてあるように、私は効果を実感しています!
家の中が、安息の場所ですから・・・・。

花粉症対策グッズ2009年はデコりマスクで

花粉症対策で2009年度の対策と予防に悩む女性に向けて新たなグッズが流行の兆しを見せています。「デコりマスク」が大阪の川本産業から発売されているのはご存知でしょうか?インフルエンザが大流行の兆しを見せていますし、花粉症の季節でもあります。今までは、白いガーゼや各社が機能的な立体マスクを発売していますよね。

ただ、もう少しおしゃれ度やかわいらしさを求めてもいいんじゃない?と言うユーザーや私の気持ち?を汲み取って関西発信の会社が、大きくマスクのイメージチェンジをさせてしまいました!スパンコールやシール、マスクに同封されているラインストーンやレースなどで、携帯電話のように「デコれる」マスクが「デコりマスク」なのです。おおよそ駅前のドラッグストアなどで、2枚入りで400円ぐらいで見かけるようになりました。女子高生やOLさんに注目されている2009年度花粉症対策と予防のマスクとしては注目度は一番です。

またもともと柄が付いているものもあり、最近静かなブームとなっているわ柄もチョイスできるようですね。特に人気が高いのは、立体縫製でツバキなどの和柄をあしらっているものが売れ筋ストアの店員さんが言ってました。2009年も辛い花粉症かも知れませんが、せめて柄を楽しめるマスクがあるのも良いですね。でもなかなか通勤やオフィスでは、私の年齢ではちょっと恥ずかしいですけど、自宅で居るときに使ってますよ〜

花粉症対策グッズ人気は立体マスク

手軽でとても効果があって人気が高いのは、立体マスクのようです。花粉の侵入を防ぐのはもちろんのこと、特に女性に人気が高いのは口紅などが剥がれないことや化粧が崩れないように工夫がされている超立体マスクのようです。この形状にすることにより、もうひとつの利点はマスク自体に伸縮形状を用いることによって喋っても、マスクがズレ難いようになっていることです。これって重要だと思っていました。

それに耳にかけるところが痛くならないように、ゴムを使用していないので負担も少ないようです。またメーカー側も企業努力かユーザー視点での改良やコスト削減の効果もあって、1枚あたりのコストパフォーマンスも優れていて使い捨てで考えていらっしゃる方など、1枚あたり約29円以下になっているようです。いろいろな高機能をマスク1枚に詰め込まれているので、いろいろなことを検討して、自分にあったマスクを選ぶのが良いですよね。

おおよそのメーカーは、立体マスクでもシリーズ分けされているようですから。ただ、割と大きめサイズになっていますので、自分の顔にピッタリフィットするようなものがポイントです。高機能であっても隙間があれば、息を吸うときに花粉が入ってきてしまいますから注意しましょう。私は、花粉症の友達と違う種類の立体マスクを購入して、数個づつ交換し合ってお互いのレビューをしあっています。

花粉症対策グッズは空気清浄機から

花粉症対策のグッズ人気や口コミで人気があるのは、空気清浄機や加湿器ですね。花粉が飛ぶ季節になると外出するのがイヤになります。自宅が一番の安息の場所と思うのは納得のことでしょう。しかしながら、外出しない訳には行かないのが、世の常です。帰宅の際にせっかくの安息の場に花粉を侵入させる訳には行きませんが、なかなか上手くいかないので強い味方となるのが、空気清浄機やおしゃれな加湿器になります。

どちらも使おうと思えば1年中使用できるので、慎重に選びたいものです。空気清浄機となると各メーカーが色々な方法で花粉対策をしているようですが、私が注目しているのが花粉症対策用に携帯型オゾン発生装置なのです。オゾンといえば、血液クレンジングでも有名ですしクリーン環境が重要とされている病院内の施設や厨房と言われています。業務用のモノは、以前からあったそうですが携帯型はなかなか珍しいのです。オゾンを発生させることによって空気浄化をしてくれるということらしいです。

しかも大きさは66(W)×98(H)×27(D)で、約16畳程度までをカバーしてくれて低電力省エネタイプだそうですから充電してから約12時間は作動するそうです。もしすでに空気清浄機を購入済みであったら、この携帯型オゾン発生装置をプラスするのも良いかも知れませんね。さらに、洋服などに付着して室内に花粉を持ち込むnを防ぐのに、使いやすい花粉症対策グッズは、スプレータイプで付着を防ぐ様にしましょう。花粉の付着を最大で97%も防いでくれるようですし、仮に付着してしまっても、簡単に払い落とせるようですから。

追伸
いよいよ、本格的な花粉が飛び出したので購入しちゃいました!
RSS新着情報