奥歯が痛いけど、怖いし行きたくない!でも勇気を振り絞って歯医者に行った話

May 03 [Wed], 2017, 19:16
5月のGWですね。皆様ご機嫌いかがですか?

春って恋バナ多いですよね。
入学したり、入社したり、異動だったり、環境が変わるからでしょうかね?
出会いの季節って言うだけある!

ま、私は恋バナなんて浮いた話ひとっつも無かったんですけどね。
新入社員くんとか新組織の発表で結構環境変わったのになあ。。。
私はまだまだ恋愛氷河期にいるようです。

そんな凍え死にしそうな中、妄想置いときます。
半分フィクション、半分ノンフィクション。


奥歯が痛いけど、怖いし行きたくない!でも勇気を振り絞って歯医者に行った話

scene1 ファーストコンタクト
「んー、原因は親知らずですね。予定が合うなら明日抜歯しましょう。」
先生そんな簡単に言わないでよ!抜歯でしょ?手術と一緒だっておばあちゃんが行ってたよ!?
でもこの先生、このフロアにいる他の先生の誰よりも穏やかそうな顔で安心する。
マスクで半分隠れてるけどさ。きっと優しいんだろうな。よし、決めた。
先生、明日でお願いします。

scene2 抜きます
緊張して予約時間よりすごく早く来ちゃった。手汗すごい!あーどーしよ、ってあれ?私呼ばれてる?
「予定より早いお越しですね。僕も空いてるので丁度よかった。始めちゃいましょう」
心の準備してる暇無かったー!!うわー!ん?先生マスク外してる。髭は意外だけど、似合ってる。
思った通り優しい顔だなー。あーでもでも!やっぱり緊張する!!!
「ふふふ、緊張してるって顔に出てるよ。僕も緊張してるから、二人で頑張ろうね。」
え、何、その結婚式当日の新米夫婦みたいな殺し文句!!!そうか私今から結婚するんですn

scene3 抜いている
「チクっとするよー」「痛かったら合図してね」「顎疲れるよね、ごめんもうちょっと頑張れる?」
何だろう、この先生の処置すごく余裕があって安心する!あと気遣いの声がけが恐ろしく優しい。
不謹慎だけどお姫様になった気分。彼女にもきっと優しいんだわ。そんで全然痛くないや。好感度超up

scene4 抜けた
「綺麗に抜けましたよー、ほら!」
意外と大きいのね、親知らず。長年ありがとうさよなら私の右下親知らず。
・・・うわぁ、どうしよう心で言ったのに声に出てた!!恥ずかしい!
「ごらすさんの親知らず、さようならー」
なんと。まさか乗ってくれるとは。あ、先生安心した顔してる。
なんせ二人で試練乗り越えたからね

scene5 抜いた次の日
「じゃあ今日は消毒だけして終わりです。昨日は何事もなかった?よく眠れた?」
痛くはないんですけど実はなかなか血がとまらなくて、少し不安だったんですーって、
そんな不安そうな顔しないで先生。腕前は凄かったし、今日先生の顔見たら安心したので!
って待ってこれじゃまるで私先生のことsukiじゃん!いや違わないけど!・・・あれ?
なんて始まる片思いプライスレス。

scene6 1週間後の待合室
経過観察と消毒だけなのに、またどえらい早く来てしまった。
今日のは緊張じゃなくて、ただ先生に会うの楽しみになっちゃったんだもん。
わかってるよ、医者と患者の関係でしかないことは!!わかってるけど・・・これからよ。
ってあれ、今日は予約時間ギリギリだ。忙しいんだろうなー、あ、先生だ。こっち走ってくる?
「ごらすさんごめん、あと10分時間もらえる!?」
受付で綺麗な助手さんが案内するのすっ飛ばして、30人以上いる待合から私の事見つけたぞこの先生!
そうか顔覚えてくれてるんだ・・・!ええ待ちます!いくらでも待ちますとも!!!(※ちょろい)

scene7 10分きっちり待ちました
「僕30年以上生きてるけど、初めて見たんだよね。抜いた歯にありがとうって言ってる人」
なるほど。それで記憶に残ってたのか。ちょっと恥ずかしい!
あと心のノートに記憶:先生はアラサー。もしお付き合いしたら年上だな。うん、全然余裕。
「よし、今日終わり!で、見た限りあと2本親知らずがあるんだけど、僕抜いても良い?」
もっちろんですとも。むしろ頼もうと思ってたんだけど提案してくれるとは!
私たち気が合うようですね!!そう思いませんか!!!

scene8 2本目
1ヶ月ぶりだー!って感動してる場合じゃないけどワクワクしてまた早く来ちゃったよ。
職場でも、ごらすさんなんか楽しそうだねって言われるし。
抜歯だっていうのに気合い入れてお気に入りのよそ行きパンプス履いちゃったし。
どれだけ楽しみにしてるの、私!
・・・あら。早い呼び出し。はいはーい今行きますよー
「久しぶりですね!早く来るの分かってたから初診の患者さん他の先生に頼んじゃった」
え、これなんて漫画?vip待遇?どうしよう、賄賂って言っても私今手持ちが絆創膏しかない!
どうしようどうしよう、嬉しすぎて心臓がもたないぞ。

scene9 2回目の余裕
「この間抜いたのと流れは同じだからね。痛かったら遠慮なく言って。
それじゃ今日も頑張って行きましょか!今日のは大きいからちょっと手こずるかも。」
先生の口調がとってもフランクになってない?いや、なってる。(確信)
お互いに慣れたんだろうな。なんなのこの信頼感!ほんとに私の心臓がもたないぞ。

scene10 長丁場になりました
うーんどうしよう。痛くはないけどちょっと長時間で疲れて来た。
でもでも真剣なところ手を止めるのもなぁ。あとちょっと頑張れば終わるかな?目瞑っとこ。
「疲れちゃった?少し休憩しよっか。それとも痛かった?」
しまった、目瞑っただけで気付かれちゃったー!!!よく見てらっしゃる!!
この人あれだ、相手の異変とかすぐ気が付けるスキル持ってる人だ!!!絶対モテる!!!
先生、そんな風に気遣う相手が、いるんですか?なんて怖くて聞けない言葉は飲んだ。

scene11 美人な助手さん
どうやら今回の左下親知らずくんは、本当になかなかの大物だったらしい。
「よし抜けた!僕洗浄用の機材持って来るから、バキューム(吸うやつ)別の人に持っといてもらうね。」
2本目にしてやっと助手さんが初登場!目元だけでわかる、結構な美人・・・!
それにしても今日の歯、遠くから見ても前回より2回りくらい大きいなー
「なかなかの大物ですね・・・」
助手さんもそう思います?そうなんですよ、先生も手こずるかもって最初に言ってたんです。
「え?何々?なんの話?」
そんな僕も会話に入れて!みたいに聞かなくてもこっちは先生の話してたの!!かわいい!

scene12 お約束。
さようなら左下の親知らずくん。今までありがとね。
「うん、さようなら」
先生、なんの躊躇いもなく乗ってくれてるの、もう好きです。はい好きです。

scene13 その日は
次の予約日は1週間後なら2月14日か。予定何もなかっt・・・待てよ。2月14日?
「1週間後は何時にしよっか。最終の時間帯じゃ遅すぎる?」
え、ああ、大丈夫です、って先生。この日バレンタインですね。
「本当だね。まぁ独り身だし、僕には縁遠い話だけどね。」
・・・これ、GO出てる?言ってもいい?言ってもいい??言うよ!?
私があげたら、貰ってくれますか?
「え!もちろん。本当にくれるの?」
よっしゃーーーーーーーーー!はい今日の帰り選びに行きまーす!!!

scene14 おまけ付き
「そうだ。前回の抜歯で血が止まらなかったって言ってたでしょ?これ、ガーゼ多めに渡しとくからね。」
どうしようこんな嬉しくて良いのか私。いや患者として接してるだけだと思うんだけど!
こう、一々覚えてくれてるのって、嬉しいよね。安心するよね。好きになっちゃうよね?

scene15 2月14日
「じゃあ今日はこれで終わり!次が最後の抜歯。あと2回だね」
あと2回で終わりかぁ。なんだか寂しいですね。って口に出した時のそうだね、にキュン。
さて、悩みに悩んだけど、結局自分も好きな甘すぎない市販のチョコと職場でも配った手作りのマフィン。
重いか!?いやでも知り合いのパティシエさんも売り物と勘違いしてくれたし!自信作食べて欲しい。
それと、これはやっぱり入れないべきだろうか。いや、もーこんなチャンスないしどうにかなれ!
「本当にいいの?ありがとう」
あーあ、渡しちゃったよ。ケータイの番号書いた紙まで。。。

scene16 3本目
先生から連絡来なかったなー。まぁそりゃそうか!平常心平常心。今日は3本目の抜歯!
まーた性懲りも無く早く来ちゃった。今日は忙しそうだし、大人しく待ってよう。
って、やっぱり早く呼んでくれるのね・・・はいはーい行きますよー
「こんにちは〜!ラスト1本だね。今日のは上だから上用の器具持ってくるね、ちょっと待ってて」
あれ?先生が用意してないの珍しいな。忙しかったのかな。やだおっちょこちょい⭐
「お待たせ!はいこれ持って。持ったらすぐ片付けて。お返し」
何そのシーって可愛いポーズほんとにアラサー?・・・ん?これ何に使うの?やたら軽い箱?お返し??
・・・あ!

scene17 抜きますよー
ちょっと待って今幸せ噛み締めてキュンキュンしてるのにあーもー椅子倒れたー!早いわー!
「前回同様痛かったり疲れたりしたら、遠慮なく合図すること!」
いやいや、先生合図しなくても気がついてくれるじゃないですか。エスパーなんでしょ?
「そんなことないですよ!てか僕そんな風に思われてたの?」
ああ、そう。笑顔になると目尻にしわができるんですよね。
できることならそのしわに吸い込まれたい。吸引力がブラックホール並。

scene18 あっという間に
「はい!抜けましたー!お疲れ様。来週で本当に最後ね。最終の時間帯で良い?」
オッケーです。3月の最終日、最終の時間ですね。お願いします。
って淡々と返事してるけど最後かーなんて感傷に浸りつつ。
普段は掛かり付けがあるから、もうわざわざこの治療室に来る必要も無いんだよね。
寂しいなー。もうちょっと片思い楽しみたかったな。

scene19 開封
家に帰って正座。いざ。
中身は甘いチョコレートでした。後日4粒味わって食べました。一個一個、丁寧に。
うん、もう充分ドキドキキュンキュンした!

scene20 最終日
「・・・はい、お疲れ様。3本、よく頑張りました。これで全部お終いです。」
年度跨がずに終われて良かったです。ありがとうございました。先生の腕前が良いおかげです!
「ありがとう。実は僕も今日でここ離れるんだ。系列の別病院に異動で。最後の患者さんだよ」
そうでしたか。最後の女(深い意味はない)になれて光栄です。でも、寂しいですね。
ここに来れば会えると言う小さな望みも断たれたなー。本当に良い腕の先生だったし。
最後の患者だからか少し余裕があったようで、長めにおしゃべりしてさようならとお別れの言葉を告げた。

家までのんびり歩くことにして、思い出を片付けよう・・・ん?知らない番号から着信??
はい、もしもしーーーーーーーーー



それはまた、別のお話。(続きません)


日常にキュンを!長々とありがとうございました。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ごらす
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月17日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
思考は中学二年生、中身はおっさん
見てくれはどう見てもアラサーOL
お酒が好きだけど、お腹が貧弱!
こうこく
カテゴリで分類
最新コメント