2011年最後の鳥海山 

December 01 [Thu], 2011, 15:53
 今年の鳥海山の初冠雪は10月4日ごろ。
湯沢市から見た、初冠雪の鳥海山です。


それから10月も下旬、29日に鳥海山五合目にある祓川に行きました
途中すれちがう車もなく、冬到来の兆しの中、ちょっと寂しい道中でした。


雲一つない空に映える、勇猛な鳥海山の出迎えで〜す。


ひっそり静まり返った祓い川駐車場から、祓川山荘に足を運びました。
祓川山荘には、張り紙が・・・


山荘の前の鐘もはずされ、まもなくここは深い雪に覆われます。


初冬の竜ヶ原湿原に夕陽が差し込んで・・・


沈む夕陽を背に、帰り道は東側を眺めていたら・・・
遠くの空に鳥海山の影がくっきり!!ナイスタイミング
ちょっとピンボケなのが残念で〜す

箱根神社 

October 26 [Wed], 2011, 12:59
何が起きても不思議でない大変な世の中
まけないぞ〜元気に人生を送るため、考えました
歳と共に減っていく『想像力』を高める為、『行動』あるのみ

10月の初旬、パワースポットで有名な箱根神社まで車を走らせました
田舎暮らしの社長は、福島県以南を車で走行する事、今回で二度目
それも初めての首都高とあって、緊張緊張


東名高速のサービスエリア安積(あさか)で一呼吸
都内を抜けるのに大変でした〜トンネルの中での渋滞はキツイ


無事箱根神社に到着です。長い階段を上ります。
老杉に囲まれた森厳な参道。


参道をマジマジ

箱根神社門。この奥に拝殿、本殿があります。


拝殿にお参りする人、人、人。人が絶えません。

日本人を魅了する神秘な神社です。


神社の由来が書いてあります。


目に見えないパワーをい〜ぱい頂きました
老いを克服する『想像力』で、後ろ姿は元気カナ?!


芦ノ湖を見下ろすように、駒ケ岳がそびえています。
山頂には箱根神社の元宮があります。

ハーブワールドAKTA 

June 17 [Fri], 2011, 13:50
6月にはいり新緑に誘われ思いつくまま・・・

秋田県由利本庄市にある‘ハーブワールド AKITA’を訪ねました

北から由利本庄市にはいり、国道7号線を南下すると

ハマナスの里「道の駅にしめ」があります。
この道の駅を目印に右に折れます。
このエリアの奥隣りに‘ハーブワールドAKITA’があります。


園に入り目に飛び込んできたのが、‘ポピー’鮮やかな色に心もハッピーです
※ちなみに入園料は無料デス♪希望者にラベンダー摘み取り300円(200本位)。
 
,
バラのアーチを通りぬけ・・・気分も良好


この花園の中央には「セント・アイアルク」の鐘があります
ハーブの神様と呼ばれているセント・アイアルクは、7世紀仏の僧侶。
庭や庭職人の守護聖人で、ハーブや植物を利用した癒しの名人でした。
この鐘を鳴らせば健康安全など、更に人生を幸せに呼び込むと言い伝えられているとか・・・

世界のハーブをテーマにしたアミューズメントパークで
400種類ものハーブが咲き誇ります。






興味のある人無い人・・・
今だったらラベンダーが数多く咲き、訪れた人達をきっと癒してくれます

散策の後はもちろん、恒例のオ・フ・ロ♨!!
「道の駅にしめ」のエリアにある、湯っこランドで一週間の疲れをとりました〜


この「薬仁湯」・・・入った人にしか分らない、 ビリビリ、ヒリヒリ
一度お試しあれ

蔵王のシンボル‘お釜’ 

June 13 [Mon], 2011, 10:50
仙台での仕事の帰り、宮城県柴田郡村田町から‘お釜’を目指し、
新緑も鮮やかな風景を楽しみながら蔵王エコーラインを走りました


途中、滝見台付近の道路では3月の震災復旧工事が行われていました。


滝見台付近で‘滝’を


蔵王とは蔵王連峰とも呼ばれ主稜線は約30km。
一般には北蔵王を蔵王山と呼ぶそうです。


夏山スキーを楽しむ人ちょっとワカラナイ


山頂レストハウスに到着平日とあって人もまばらでラッキー


何度か訪れているが、またまた‘お釜’とご対面〜
エメラルドグリーンに輝く神秘的な水面は見る者を魅了します


この‘お釜’は熊野岳1840m,刈田岳1758m,五色岳1674mに囲まれた円形の火山湖。


刈田岳山頂にはレストハウスの駐車場から徒歩ですぐ登れます
刈田岳山頂には刈田峯神社があり蔵王権現が祭られています。
1700mの山頂近くまで車で行ける唯一の楽チンコースでは


山を降りるコースは、蔵王エコーラインを山形県側に向かいました
途中、猿倉レストハウスによりちょっと休憩
冬はスキー場、夏場は釣り堀あり、草ソリあり、家族連れにはもってこい

鳥海山 鉾立 

May 29 [Sun], 2011, 22:20
2日続けて鳥海山に会いに行きましたが…


この日もあいにく、ご覧のとおり
下界から見たら 雲の中雲が流れてま〜す

間もなく雲が切れ、あたりの様子が見えてきました
稲倉山荘の駐車場には、積まれた雪がいっぱい!後ろの山にも雪


今日のコースは象潟口からブルーラインで鉾立
下りコースはブルーラインで遊佐口へ
途中大平山荘付近で


どんどん雲が流れ見えてきました〜
目に鮮やかな新緑の山の向こうには、庄内平野が広がります
ちょっと見づらいけど、雲の先です。その先は日本海。


だんだん車を走らせると、林の中を廻ります
雪の白さ、まばゆいばかりの緑、神秘的な様子をかもし出す霧



目の前に広がるステキな情景に、しばしウットリでした

鳥海山 祓川 

May 28 [Sat], 2011, 21:51
5月も下旬、今年雪解け後初めて、鳥海山五合目の祓川へ矢島口から車で行きました
去年はゴールデンウィークの時行き、祓川駐車場はスキー客でいっぱいでしたが…


…今年は、もうすぐ6月というのに祓川の手前付近、キャンプ場付近で道路は通行止め
たくさんの雪で、除雪作業が遅れたのかなぁと思いながら、見上げる鳥海山も雲雲雲…
すぐそこに鳥海山を感じながら、キャンプ場付近を散策しました

春の雪解けを待ち焦がれた植物達がいっせいに芽吹き花を咲かせていました














早春?!の会津 

April 22 [Fri], 2011, 18:30
4月も中旬というのに、まだまだ肌寒い会津

新潟での商談を終え、帰路に会津のコースを選びました
会津には何度となく訪れていますが、
今回は鶴ヶ城だけに足を運びました。


会津の時代をつくった歴代の城主
葦名家→伊達家→蒲生家(前期)→上杉家→
蒲生家(後期)→加藤家→保科家→松平家と続きます。


この天守閣は昭和40年に復元されたそうです。


4月の中旬ともなれば、桜(ソメイヨシ)も見ごろを迎えるはずが
今年はまだ一分咲き

会津をあとに、裏磐梯に向かいました


五色沼付近の地図


一番のお気に入りの沼、毘沙門沼
地元のマニアの人の話によると
今の時期、沼の水がもっとも綺麗な色とか
この沼にはハートの絵柄がある鯉がいるそうです
神秘的な沼に一度は足を運んでみては!?
幸運の鯉が貴方を待っています
後方には磐梯山が見えますが、あいにく雲空でした

カイワレレシピ4 

April 12 [Tue], 2011, 14:49
我社のカイワレを使った料理の紹介です

今回は大根のあんかけです


【材料】二人分
大根6〜7cm、鶏肉ミンチ50g、カイワレ(小)半分、片栗粉少々、

【調味料】
味どうらくの里かくし味、かつお風味の本だし、砂糖、塩、いずれも少々

【作り方】
(1)  大根を3cm位いの厚さの輪切りで二等分にし、
   片方に十字の切り目をいれる。
(2) (1)を、米の研ぎ汁で下茹でする。
(3) やわらかくなったら、研ぎ汁をすて大根を水で洗う。
(4) (3)を、鍋に入れ、大根がかくれる位いに水を入れ、
   カツオ風味の本だし、
   味どうらくの里かくし味少々を入れ、火にかけ、弱火で煮る。
(5) (4)に、味がしみ込んだころあいで、皿に大根を盛り、
   カイワレを大根の上にのせておく。
(6) 残った煮汁に鶏ミンチを、くっつかないように混ぜながら入れる。
(7) 肉に火が通ったところで味をみながら、砂糖塩を入れる。
(8) (7)に、溶き片栗粉を流し、少しトロミをつけ、あんかけを作る。
(9) 食べる直前に、熱いあんかけをカイワレののった大根にかけて、
        出来上がり!!

4月なのに雪がいっぱい!! 

April 05 [Tue], 2011, 15:21
4月5日(火) 快晴 
快晴・・・ポカポカ陽気でも不思議でないのに・・・
お日様の光はいっぱいなのに・・・寒い!!
昨日は雪が降り、冬そのもの

秋田県内でも豪雪で有名な湯沢市。だけど・・・
4月にはいり、こんなに雪が残っていて・・・
雪に慣れているはずの人達も、異常気象に困惑


一階の窓の高さまである雪


庭も雪に埋もれ、雪囲いされた木々にとっても春が待ち遠しい!


除雪された道路は、春そのものですが・・・


除雪された場所は雪解けも早く
待ち焦がれたように植物の芽が
雪解け一番に咲く花、水仙です

鳴子温泉 滝の湯 

March 10 [Thu], 2011, 8:57
温泉かけ流しの湯を求めて

仙台に仕事で出かけた帰り道、見つけました!!
いつも必ず立ち寄る‘あ〜ら伊達な道の駅’に、温泉のポスターが貼ってあり、
よ〜く見ると 『鳴子温泉 滝の湯』でした!!

源泉かけ流しの温泉はどこにでもあるし、珍しい事でもないし、そんなに驚く事でもないのですが・・・
しかし、源泉かけ流しとコマーシャルしていても、衛生上とか言って塩素を使っている温泉が多くて
そして、お湯を循環しているのです。近年建てられた温泉施設は塩素使用と循環型が多いようです。
衛生管理の行き届いた施設も綺麗で安心ですが・・・

ポスターのインパクトは、生粋の源泉かけ流しの温泉、そのものズバリでした!!

鳴子ホテル、鳴子観光ホテルなどなど、軒並み大きなホテルが立ち並ぶ温泉街。
さっそく滝の湯を探しました
なかなか探しづらい場所でしたが、ようやくたどり着きました




小さい小さい建物ですが、ポスターのイメージが頭にあり、ワクワクものでした!!
なんと、入湯料金が150円という安さ!!

この『滝の湯』のポスターを紹介できないのが悔やまれます。中の様子をでは撮れません

とにかく『滝の湯』に一度入ったら、もう病みつきになりま〜す!!
シャワーも無い、鏡も無い、ドライヤーも無い、昔風の温泉施設ですが、
溢れんばかりのお湯が滝のごとく落ちてきて、これこそ源泉かけ流しの醍醐味です!!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カドタ食品工業  秋田県湯沢市
読者になる
山が枯れると国が滅びる        (昔秋田の地を治めていた佐竹翁の言葉とか・・・・)                 自然に恵まれた秋田を後世に!!
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像miho
» 岩手県大船渡市へ (2011年03月09日)
アイコン画像ayaka
» カイワレレシピ3 (2011年03月08日)
アイコン画像miho ishii
» ファイバーパワー!!笹がきごぼう   (2010年10月05日)
アイコン画像小安峡の宿 こまくさ
» こよなく愛する山  霊峰鳥海 (2010年07月20日)