や〜 

February 29 [Fri], 2008, 18:20
昨日これなかったぁ↓↓

今日
合唱祭の
初リハーサルやった!!

やばぃ…
C組激ウマだった!

テノール多いしぃ。

なんか
野球部&水泳部の人たちの声が
よかった!


デカかった!
声の
音量が!

A組ピーンチ!!!!

がんばるよぉ

★氷川の杜で 

February 12 [Tue], 2008, 17:00
★氷川神社本殿の彫刻一般公開


■15日、宮下町氷川神社で本殿の彫刻の公開がありました。普段は間近で見ることはできません。先週の新聞報道で知り、見てみたいと思っていたのでが、なんとか都合をつけて駆けつけました。





■公開は14時・15時・16時・17時に行われました。私は初回で見学
したのですが、20分前に到着すると20人ほどの人が境内でのんびり待っていました。早い人は12時半に来たそうです。初回の見学者は30人ほど。果たしてどのくらいの人が来てくれるかドキドキしてましたと神社の方はおっしゃっていました。記帳を済ませてから、本殿手前の室で簡易椅子に座り、全員お清めをうけて説明を聞いてから本殿へ。
■説明はたいへんわかりやすくて丁寧でした。氷川神社本殿は幕末嘉永2年(1849)の竣工で、彫刻は名工嶋村源蔵らによるもの。江戸時代には大きくふたつの流派があって、その一方が嶋村になります。ちなみにもうひとつは高村で、のちの詩人高村光太郎のお父さんはこの流れになるのだそうです。
 本殿全体に施されている彫刻は「江戸彫」といわれる無彩色のもの。彩色を施したものよりも立体感を現すのにかなりの技術を要するものだそうです。
■数ある彫刻からひとつを紹介しましょう。これは刀の鍛錬をする場面を彫刻にしたもの。旧鍛冶町の山車に由来するものです。この彫刻の素晴らしいところは鍛冶職人の膝の部分が、木の木目模様に合わせて彫られていること。木目の曲線が膝の曲り具合にぴったり合っているのです。ここまで計算して彫られているとは驚きでした。今回見た彫刻の中でいちばん印象に残りました。

■これは本殿前にある青銅製の灯篭です。今ある本殿よりも古いものだそうです。
■神社の方は木々のことにも触れていましたが、境内で公開を待っているとき道路に面しているにもかかわらず、なんともいえぬ落ち着きと静けさがあるのに気づきました。大宮氷川神社や浦和調神社のように鬱蒼としているわけではないのに・・
 説明の終わり頃になると空が雲ってきたのですが。冷たい風がざわざわと梢を鳴らすとみんながその方向を見上げ、あぁいい音だなと感じている雰囲気が漂っていました。
 説明は次の回の時刻ぎりぎりまで楽しい語り口で続けられました。市内からの見学者が大半でしたが、県外からのグループ客もいて神社の方は驚いていました。いい企画ですし、これからもぜひ開催してほしいものです。

秋の八ヶ岳 

February 01 [Fri], 2008, 22:28
清里高原ラインから眺める八ヶ岳。
手前の紅葉は少し早い感じでした。

2007/10/28撮影

いでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ! 

January 19 [Sat], 2008, 7:46
今日はチャレンジ発表会のリハーサルで、1日中授業がなかったです。
これはラッキーだけど、唇いてぇぇ!
先生鬼!マジホルン吹きすぎた。
いてぇよ(涙)。
まぁ、土曜日は本番だし、ガンバロ!

BOYZ OF SUMMER 

January 11 [Fri], 2008, 11:47
フェス日記をもっと書こうと思いつつ・・・・・ロッキンのこともサマソニのこともラッシュのこともまだまだ。
9/16ビークルのBOYZ OF SUMMERに行ってきました。



淡路ってこんなに近いのね?ってちょっとびっくり。
どこよりも地元なフェスでした。



だって交通費片道490円。



19:00過ぎに終わって、20:30過ぎにはがっつり家にいてました。



ビークルには来年もぜひここで!とお願いしたい!!(個人的都合)




会場は、ウェスティンホテルの敷地内の海も見えてリゾーティーな環境。



朝から快晴。そーとー暑かった。雨予報にはまた裏切られるかなって思ったけど。
(ラッシュのときもかるい雨予報で暑さ対策はそこそこで雨対策に力入れていったら、どのフェスよりも暑かった!)



少なく見積もっても3000人以上は入ってると思うねんけど、いよいよ開場ってなって「整理番号1、2番の方ー!」そーとーざわついてた(笑)




開演近くなったら風強くなってだんだん雲行きあやしーー。



最初がバンアパ。
モンバスにもラッシュにも出てたけど、今年初がっつり観た。
相変わらずさらっとしてて、ワタシにはつかみどころがないかんじ。




バンアパ終わったら雨降ってきた。けど、次のユアソンが始まるときには止んでた。
で、ユアソン終わったらまた降ってきた。なんか奇跡っぽい。



ユアソンじゅんじゅんが須磨出身とは知らなかった。昨晩新長田で焼肉してたとは。ちょっと親近感。




つーかどしゃぶり。



そんな中(ロッキンで起きれず見逃した)アスパラ。



しのっぴがあんな愛されキャラとは知らなかった。
かなり癒された。(好きなバンドメン2位に浮上!?)



語録を書きとめておきたいけど。(また時間あったら)




あんなどしゃぶりの中、アスパラやから気分よく観れたってかんじ。



SECOND THAT MOTIONが好き。



しのっぴは短パンやった。90年代後半ぽい。ときが止まってる感がまたほほえましい。




アスパラ終わったらどしゃぶりがピタっと止んだ。奇跡っぽい(笑)




次カジくん。カジヒデキ。
カジくん観れるなんて。淡路が・・・・・似合わん(笑)



バックにチャーベさんがおった。




カジくんも短パン。フレンチぽいやつ。動き若い!



前髪を気にするしぐさがかわいい(ほかのひとがやったらヤバイ)。




懐かしい曲が聴けた。むかし買った古いアルバムでも聴いてから行けばよかった。



こんな40才が増えたら年を取ることはこわいことじゃないね^^




とにかく心から思ったことは、どしゃぶりがカジクンじゃなくてよかった。
どしゃぶりのカジクンいや!(笑)前髪どこじゃないやろーーし(爆)




ビークルはビークルやった。



最後のビークル、しのっぴ、荒井、ユアソンのアンコールが華やかやったー。楽しげ。

行ってらっしゃい、持っていらっしゃい。セロリ編 

December 29 [Sat], 2007, 2:47
 私の妻はセロリが大好きである。サラダというよりただ豪快にバリバリと棒状に切ったセロリを食べるのである。14年の海外生活でセロリを思う存分食べることができた国はなかった。

 何かの本でゴリラの主食は野生のセロリだと読んだことがある。ゴリラのオスの平均背筋力は2トン以上だという。ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜の背筋力は300キロだそうだ。ゴリラが肉食でなくてもあれだけの体格と力を持っているのはセロリを食べているからだろうか、と考える。
 妻がセロリを食べているのを見ていると心配になる。こんなにセロリを食べ続けたら、いつの日かキング・コングのようになって私を鷲づかみして高い塔に登り、雄(?)たけびをあげるのではないだろうかと。

 セロリのない国からりっぱなセロリを店で買える国へ行くと、妻は必ずセロリを買い込んだ。年に数回の贅沢である。食べたいもの、好きなものが食べられない生活はストレスになる。市場や店に並ぶセロリが貧弱で、食べると筋っぽいとどうしてもりっぱなセロリを思い出してしまうものである。ゴリラだって野生のセロリを食べているのだから、と言っても慰めにはならなかった。

 日本に帰国して一年中りっぱなセロリが手に入るようになり、妻はとても喜んでいる。それにしても日本の農業は凄いと思う。良いと思うモノを研究して次から次へと商品化してしまう。常に改良してよりよきモノを市場にだしてくる。イタリアのピアッツアで嬉々として買い物をする私たちに、八百屋のイタリア人のおじさんが、「日本はたいしたものだ。このイタリアのおいしい野菜の種はほとんど日本の改良種なんだ」と語りかけた。ちゃんと日本の農業従事者の功績を認めてくれている人もいる。感謝と賞賛はきっと良い国際関係を築いてくれると信じたい。

 いつも買い物に行くスーパーで、今日も日本のすごい野菜や果物に会ってこよう。

NO26オリーブ様 

December 18 [Tue], 2007, 3:36
同盟参加ぁりがとうございました♪+゜。



ぃろんなところにバン0z貼ってバン0z広めて下さい((笑

横浜みやげ 

December 12 [Wed], 2007, 5:02
先週末から同じ部署の同僚♀が実家(神奈川)へ帰省


昨日帰高し、本日から出勤




帰省土産がこの
「崎陽軒(キヨウケン)のシウマイ」



めっちゃ有名らしぃ☆




〜うんちく〜
昭和3年「横浜ならではの名物を」の願いを込めて誕生しました。
以来、長年にわたって皆様に愛され、育てられてきた崎陽軒のシウマイ吟味されたオホーツク海の天然帆立貝柱をたっぷり使い、独自の製法から生まれた豊かな風味、無添加のこだわりも添えてお届けします。
そして今、昔ながらの手作り感のある味、"あの時、そのままの味"の更に美味しいシウマイになりました。

〜うんちく(終)〜








いただきます☆

(≧∀≦)

田舎の母の誕生日に・・・。 

December 05 [Wed], 2007, 5:40
私の母は、千葉県の御宿で兄夫婦家族と暮しています。



金沢に来てからは3・4ヶ月に一度は母に会いに行きま。
おかしなもので近くにいた時より田舎に行く機会が多いです。



今回は、秋行きを何時にしようか?と考えていた時、「9月1日に91歳になるお祖母ちゃんに会いに行こう!!」と語呂合わせで決め、横浜と松戸にいる子供たちも声をかけたら全員参加。
初秋の房総のドライブまでできて、生まれた村の空気を思いっきり味わってきました。




大正五年九月一日生まれの母は、関東大震災を東京の渋谷で小学一年生の誕生日に体験しています。
始業式を終えて帰ったら地震が来て怖かった話、余震があるので線路に寝た話など聞いた事があります。



大正・昭和・平成を生きた'''91年間'''。
'''『子供が7人、孫15人、ひ孫(まだまだふえるでしょうが)10人』'''のゴッドマァザーで、朝の連ドラが2・3本かけるほどの生き様と迫力があります。



今はチョット頭をどこかに置き忘れてきてしまい刹那の時が増えてきましたが、末っ子の私にとっては一緒にいる時間をできるだけ愛しみたい母なのです。





'''土間にある囲炉裏を囲んで誕生日会のスタート。'''
お花が届いています。ケーキの上のろうそくは、'''一本=10年'''です。











母もビールをチョット飲みました。皆に囲まれてニコニコです。
ブログっぽく手で顔を隠しているのは息子。
母は素顔です。昔の母の白・黒の写真を見ると女優さんみたいに綺麗でした。だから、年齢がモザイクをかけてくれてますのでこのままで・・・。











御宿の新鮮なお刺身・炭火での炉辺焼きを食しみながら、子供たちは久しぶりにあった伯父さんや従兄弟と昔話に花がさきます。





この一品は'''塩茹で落花生'''。初めて食べましたが、薄皮は自然に取れて後をひく不思議な美味しさがありました。新マメの時だけ、旬ならではの献立です。










ここの家には、親戚の子供たちが小さい頃は休みになると何組もきていました。
最近は日帰りが多かったので私の子供が泊まるのは何年ぶりになるでしょう。
襖を取り外すと'''40畳の空間'''。余裕の'''雑魚寝'''です。










お祖母ちゃんと私の子供たち。
'''母が小さすぎるのではなくて、子供たちが大きすぎるのです。'''










母と過ごした後の数日間は、テニスのお友達、PTAの仲間、同級生、ご近所さん・・・、と時間刻みでお喋りです。



   '''当然ブログの話になりまして・・・。'''





 ◎ パソコンが使えないという親友のKさん、家にきてもらい娘のパソコンで読んでもらいました。
   
 ◎ 読んでいるけれど投稿の仕方がわからない人、手順をお知らせしますので携帯に連絡下さい。
  (私は自分でブログを始めて実践するまでは、NYの義姉のブログを一年以上も読むのみ。投稿      できませんでした。)

 ◎ コメントが熱くて濃くて入りにくいよ、と言う人。
     身内の交流はブログ開設の娘の思惑通りで特色の一つです。
    
投稿例 「良くあそんでますね!!」で結構です。
''気軽にご参加ください!!''





 

親切。 

December 01 [Sat], 2007, 14:56
最近、お腹がかなり目立ってきたせいか、
スーパーのレジでお会計が終わったあと、
「あちらまでお持ちしますね。」ってレジ打ちの人が
袋詰め棚まで持っていってくれることが多い☆
混んでるのに、そこまでしてもらっちゃうと、恐縮・・・
しっかりかごをカートに乗せて押してるから大丈夫なんだけどネ。
でもその気持ちがうれしい☆☆☆
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kacuio591
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像KAMI
» や〜 (2008年10月22日)
アイコン画像ヨシオ
» や〜 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» や〜 (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» や〜 (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» や〜 (2008年10月10日)
アイコン画像りぃこ
» や〜 (2008年10月05日)
アイコン画像きりひと
» や〜 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» や〜 (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» や〜 (2008年09月20日)
アイコン画像MASA
» や〜 (2008年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる