青春と書いてマスをかく、青春と書いて先は読めず 

2005年11月08日(火) 2時31分
「最初から最後まで一文字も無駄がないの」
少なくとも優れた推理小説はそうなのだと、
その人はいった
ストーリーの一字一文句、全ては
そのラストに向かって収束するための必然として
意味があるのだと、彼女は煙草を口揺らしながら言った。

「でもラストのためだけに存在する文章って
悲しい気がする」と僕が言うと。
とたんに空気は気まずく。

言ってよお、言ってよ。
そんなに好きなら先に言ってよお。
慌てて僕は、
「純文学は無駄ばかりだから
 あれだね、つまり…」
と、無駄な青春の努力をするも。

帰り道の反省会で言えなかった言い訳をつぶやく。
三振後の素振り。
ぼくがワトソン君でも彼女の謎を
解くチャンスはもうもらえないんだろな。
青春とは未解決事件。

このあいだ
『スウィングガールズ』をみた。
そうか、やっと分かった。
なぜ、吹奏楽でスウィングなのか?

まずはこのシーン。
吹奏楽部が野球部の応援に。
へなちょこバッターが
バッターボックスであまりの速球に
手が出ない。
そこでヤジが飛ぶのだ。
「スウィングしなけりゃ意味ないよ」

そうゆう駄ジャレね。
こっからストーリー考えたね、矢口監督。
あの日を思い出す。
青春は素振り。
やみくもに素振り。
ボールよぶつかって来るなら来い!

でも、やっぱり痛そう。
青い空に向かい、大きく漕ぎ出した
ブランコの揺り戻し幅。
青春は揺れる。
スウィング!

3巻の「タッチ」みたいに500円札を南の喫茶店で払う

                  伊藤雄哉

チキン薄幸ある娘おる 

2005年10月24日(月) 0時05分
瓶ビール、とりかわ、すなぎも。
その日は、一人で飲んでいた。
最近、一人で飲むのも珍しくない。
千円も飲まない、だいたい800円ぐらい。良いでしょ別に。月に一回ぐらいだし。理由なんか特に無いし。
帰り途にある焼き鳥屋なんですが、いつも人が居るんですよ。そのうちの一人に紛れ込んじゃったりしてたんです。
ビールも残りコップ一杯ぐらいの時だった。一人の女が店に入って来た。カウンターに座っていた俺の隣に座った。隣といってもイスは一つ空いている。
黒い服、年上の女。
分かったのはそれだけ。
それ以上分かる必要も無い、
俺の人生に今までもこれからも関係無い女だ。
それから残っていた焼き鳥と、ビールを、ゆっくり飲んだ。
ビール瓶は空になった。
小皿には串だけ。
頭の中で計算する、千円は超えない。
チラッとテレビを観る、役に立たなさそうな子供用防犯グッズの紹介。
うん。今日も何も無い。
お勘定を。と言って立ち上がった。
その時、隣の年上の女が、俺に向かって
ただ一言、
「一言も口を利かずに帰っちゃうんだ」
と言ってニヤリと笑った。
何て言った?聞き間違いか?俺に言ったのか?お前は誰だ?どこかであったか?何がしたいんだ?
20年間の俺の智慧が、この局面で出した答えは
「いやあ、ハハハハ…」
愛想笑い。
たった数分で、
一言も口を利かず、
俺の全てを見破った。
あの夜以来、もう店には行っていない。

ご利用は計画的にと言う女
お前が俺の計画崩す

              一平太

果報は練って待て 

2005年10月22日(土) 11時05分
すいません
ハンカチを買った
藍染め。
なかなかいいんじゃないの
御機嫌。
レジで袋はいらんよと、エコな俺
「ありがとうございます、ではお買い上げ合計は
 バンダナ一点で…」
え、バンダナ?
このタイミングでバンダナ?
俺、もう尻のポケットに入れてしまったじゃないか

荒俣宏はいった。
人間は自分がよく分からないものを調べる時、
まず絵を書く、次に口に入れる、最後に考えたそうだ

そうだ、このバンダナ、
まるめて口に入れちゃおう

と、まあそんな訳で、
今日も会社。
塀の上で、若さと馬鹿さが空回り。
背中に巻いたら三階からでもいけるよ
クダをまく場末のカウンターで水割り
で、down
テレビに届かないヤジ
だんだん腹立ってキタ
だれもそんな話知りたくもないんだよ
野球中継は丁度、おせっかい攻撃中

いいことなんかないかなあ
今日も寝床でじっと待つ
奇跡のように渾身の受け身
ただ案は200通りある


選挙カー通勤の坂で抜いていく
手をふってるの?この自転車の俺に

              伊藤

中学生はコーヒー飲むな 

2005年09月25日(日) 17時51分
酔っぱらった父の独り言。
「わしが読んだ伝記かなんかに書いたったけど、エジソン。あいつ、イジメられっ子やったんやってなぁ。学校とか、行っとらんらしいぞ。まあ、そうやろなあ。あいつ変な奴やったもんなあ」
え、知り合い?
伝記じゃないの?
電気ちがい?

歩いていた。
コーヒーを飲もうと思い喫茶店へ。
店に入ると、入り口のところに待ち合い席みたいなのがあって、そこに中学生みたいなのが2・3人座っている。満席なのか、ムカツク。と思い外へ。
この店潰れろと思いながら歩き出そうとすると、後から「お客さま〜!お客さま〜!」振り返ると魔女。いや、店員が追って来る。「席、空いてますよ」
あ〜、なんかすごく気分が落ち込んだ。
だから私は「あ、いや、待ち合わせをしてて、まだ居なかったんで」と嘘をついて追い払った。
それから店の前で、掛ける相手の無い携帯電話を取り出して「店着いたけど、今どこ?駅?」みたいな小芝居をして、つながってない携帯電話を耳に当てながら、また歩いた。

どちらまでタクシーの運ちゃんが尋ねる
金さえあれば金さえあれば

                   田中

歴史探訪A 俺、低俗 彼、皇族  

2005年09月18日(日) 1時22分
名古屋市に天皇がいた、と聞いた
名前は、熊沢天皇
この人、熊沢寛道は、後醍醐天皇の南朝方の子孫であり、
戦後にはGHQも調査したが、どうらやその血統も
まんざらではないらしいと、ライフ紙にも記事が掲載されたという。
歴史が動いたのは、南北朝時代。
足利義満がプッシュした北朝と、吉野に逃げ込んだ南朝。
時代は流れ、かたや国民のシンボルとしてまつりあげられ、
かたや、名古屋の雑貨商。

天下分けめの関ヶ原の合戦も、若干18歳の
小早川秀秋のアミダクジによって東軍に寝返った事が、
徳川家康の勝利につながり、現在の東京遷都に至った
事を考えても歴史って、かなり危うい木綿糸だと。

さて、熊沢さんは千種区に住んでたということだ
覚王山、千種、今池と自転車で巡る
当時、名古屋城はここから見えたろうか?
昭和天皇が名古屋に行幸した時に、
侍従が熊沢天皇の家を教えたそうだから、
広小路沿いだと勝手に決め、調査。

途中、千種の本屋で情報収集、
と、熊沢天皇の写真が。
これまたいい顔してるなあ
ジャズの坂田明を思わせるハゲに口ヒゲ。
写真は、ストリップ小屋に行ったときのもの。
「畏れ多くも、天皇の頭上で股を広げる踊り子」
というコメント付きだった。
よって、今池のヘルスの裏にある
つぶれかけの店を熊沢生家と決め記念写真。

ちなみに、その後の熊沢天皇は上京し、
熱烈なシンパである鍼灸師の夫妻の
葛飾区にある6畳と4畳半の2間のバラックに身を寄せ
法皇にまでなったらしい

小学生の時に流行った、
「お前、何言ってんの」 お前、何の天皇?
「俺、今ノッってんの」 俺、今の天皇
(フリはツイストね)
ってギャグも案外笑えないなあ
南朝が勝っていたなら、
今頃、小学生は夏休みに
ラジオ体操ではなくストリップダンスだったはずだ


いやらしい いやすばらしい 目も冴える
深夜のラジオで 一人の体操

           そんな小学生でした 伊藤

ずっとLike、ばったり会うと。 

2005年08月29日(月) 15時29分
ストライクバッターアウト。

夏が今年も終わった。

「動機はやはり怨恨ですかねえ」
「だろうな」
「私怨ですか」
「公怨かもしれんな」
「公私怨ですか」

甲子園もイイ感じで終わりました。
いーねっ
やっぱり甲子園には暗い影があってイイね。
部長から部員へ。
先輩から後輩へ。
監督から女子マネージャーへ。
サンキューリアル。
流れる汗と涙と血と精子。
こんにちはっ

「多数決だからしょうがないじゃん」
「でもくやしい」
「デモクラシー?」
昔考えてボツになった台詞。
夏バテ。

喫茶店に入った。
紅茶が自慢の。
マスター親切。
丁寧に説明。
でも声小っさい。

サービスです
「え?」
サービスです

…サービス?
なんで?
俺に気がアルの?

「差し湯です」
「あ、ああドーモ」

声が小さいの禁止。

夏の汗流れていった決勝戦
流れていった血小板

              田中

落第生民営化 

2005年08月24日(水) 21時19分
最近、10時には寝てしまい、夜中に眼が覚める
シナリオを焦って書いているが、
書き出すと眠くなる
大抵、僕はテレビをつけて寝てしまう
すると夢には、鶴瓶やらイッセー尾形やら。
罵倒されてたりして汗だくの僕の目覚め

この間は夢に小泉。
半眼でテレビを見ると、森元首相。朝4時。

記憶にある方も多いと思うが、
「あいつは変人以上だな」発言、
朝4時のニュースチャンネルNNN24。
状況飲み込めぬ僕、
お、記者に囲まれる森さんの手には空き缶とさきチーズ。
(なんでだ。)
「あいつ寿司も取らないんだよ」
(めっちゃ怒ってる。誰かとってやれよ。)
おっと、手に持った缶ビールは
握りつぶされてる見てえーだ
(なんなら俺、注文するよ)
電話に手を伸ばす。

どうやらユウセイミンエーカ会談だったらしい
しかも小泉さんは最後に言ったらしい
「俺は、これで殺されてもイイ」

うわあ、皆頑張ってんなあ
日本の為に。
ちょっとシュールだけど,頑張ってる。

俺なんて、駄洒落考えながら、
豊臣秀吉は手の指が6本あったっていう
新書読みながら、
洋ピンをかけながら、
よだれたらしながら寝てたのに。

そんな間にもニッポンは動いていて、
全国の郵便屋さんに殺される覚悟で頑張ってる人がいて、
寿司が死ぬほど食いたいのに、
さきチーズでやりたくもない議論で戦う人もいて、
特定郵便局から、剃刀の刃送ってやろうか
って過激な男もいたはずなのに、
俺は、アパートで屁こいてた。
俺のアパートのテーブルに転がった
ビール缶には、なんの思想もなかった。

おれが、ゆうパック チルド便で森さんに、
活きのいいマグロ一匹送ってやったら、
日本はちょっとだけ変わった朝を
迎えられたかもしれないのに。

ごめんよ、ごめんよ、ごめんよお。
でも眠いんだ。

痛みの抜けたラガーと転がる六畳間
役にも立たない朝がまた来る


                   伊藤

ヘアー葛藤 

2005年08月14日(日) 17時39分
うっとうしかった髪を切った。
値段の安さと近さで選んでいる店があるが、どうも好かん。安いものには安いなりの理由がある。店員が若すぎる。あれは学生にちがいない。
別に若いからダメと言うわけではない。若くても仕事は仕事モードで、
宜しくお願いします!みたいな感じで仕事をして欲しい。
ち〜っす。みたいな感じが嫌だ。
ところが今日は、あきらかにやる気の無い仕事をされた。
メガネをかけて店に行くとまずメガネを外されます。
そして髪を切る。
切り終わる。
「どうですか」
おいメガネ外してんだからわかんねえよ!
店員メガネに気付く。
メガネをつける。
「どうですか」
おいメガネ思いっきりズレてるぞ!
水島新司の漫画か!
もう少し短く切ってもらう。
「どうですか」
だからまたメガネずれてるって!
水島新司の漫画か!

髪を切り縁を切りたい思いきり
ただ一度きり金使いきり

                田中

超ゲンメツ主義 

2005年08月01日(月) 20時27分
久しぶりに実家に帰ろうと
名鉄の赤電車の中
ユウヤ!
あたりを見回したが知った顔はなし
聞き間違いかな
昔あったバンド、ブラックサバスは
部落差別に聞き間違えられて
放送禁止用語になりかけたぐらいだもんな

と、斜め隣の神主がはっきりと ユウヤ!

と、なんだかんだありそれは
僕の同級生が今、神主になってるんだという事だった
そいつは、部活のランニングも
真っ先にサボるタイプ
そいつの怪談話はぜんぜん怖くも無かった
なるほどな、神主って奴はこういつ奴がやるんだな

近況話を続けるとそいつは数年前も、
電車で居眠りしていた僕に話しかけた事があったそうな
すると僕は、驚いて
丁度、停車した電車のドアから逃げていったという

文章にするとなんとシュールな一場面か
まるで映画の一場面だ
前の人も書いてるように
現実ってのは物語をたやすく K点超え
人生は超現実の繰り返しであるなあ
と思いきや‥‥

そんな事、あったあったあった
そのとき俺は、眼を覚ますと
前髪に親指位の毛虫がぶら下がっていて
条件反射で握ったものの周りの女性客の
眼もあり始末に困り、
丁度開いたドアから投げ捨てに走ったのだったっけ

真実が全部ぶち壊し
ツマラン真実とやらが、シュールな桃源町から
俺を現実のこっち側に逆バンジー
これを映画にしたら陳腐なコメディーか
真実の前に俺のシナリオ全滅か

少なくとも俺は嘘をつくことにした

お前の顔が、死んだじいちゃんの顔になってたから‥
声までそっくりで‥
さすが腐っても、神主

この間知り合いの人が
ジョー・ジルーカスが学生時代に
作った短編映画を観たという

「あのね、いきなり冒頭から男が
ずっと歌いながら写真とってるの。
するとどんどん人が消えていって、
最後に男はアルバムをビリビリに破るの。
色んな人の短編あったけど、一番
わけわかんなかった。」

なんと
ミスターエンターテインメントですら
やっぱりシュールな自主映画小僧だったんだ
映画小僧!
シュールなスターウォーズ!
バンザーイ

ルーカスよ、
真実は死ぬまで黙っててね

辻褄の合わなくなったシナリオの
塗りつぶし痕ゲルニカみたい


                          伊藤

傲慢なGo woman 

2005年08月01日(月) 18時04分
地下鉄で
「糞ジャニ系!糞ジャニ系!糞ジャニ系!」
肥満な女性が、
非凡な独り言を、
大声で連呼しております。
運悪く隣に座っちゃった女の子、もう小説なんか読んでられない。
すぐ隣に小説より奇なりな事実。
次の駅でサーって逃げちゃった。サーって。
肥満な女性、その女の子をニラムニラム。で、にやりと笑う。
サーって血の気引いた俺。
肥満な女性、もう独り言じゃなくて乗客に向かってスピーチ。
「糞ジャニ系!糞ジャニ系!糞ジャニ系!」
それナニ?なんか恨みあんの?NEWS?
ジャニ系とは無縁そうなのになあ。

どーんどーん打ち上げ花火騒ぎ立つ
たまやロンドン 末はピカドン

                  田中
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像通りすがり
» 中学生はコーヒー飲むな (2005年10月02日)
アイコン画像匿名
» 女子バレーに一目volley (2005年07月10日)
アイコン画像匿名
» 折れた前歯は永久歯、次生えてこい英雄歯 (2005年07月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kachicom
読者になる
Yapme!一覧
読者になる