ジャンボオランダシシガシラだけどモンクロシャチホコ

January 19 [Tue], 2016, 2:13

日本の医療全般がQOL(quality of life)重視の空気に包まれており、製造業に代表される経済の熟成と医療市場の急速な拡大により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は2000年代に入ってから脚光を浴びている医療分野だろう。

よく女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌が美しくなり、痩身効果があるし、デトックスできる、免疫アップなど、リンパ液の流れを整えれば1うまくいく!という楽天的なフレーズが並んでいる。

浮腫みの要因は多く考えられますが、季節の影響も関係していることを知っていますか。気温が上がり大量の水を飲み、汗をかく、この時節に浮腫みの原因が潜んでいます。

内臓矯正というのは周囲の筋肉や骨格が絡んで位置がずれた内臓を元々収まっていたであろうポジションに戻して臓器の機能を上げるという治療なのです。

見た目を装うことで精神が元気になり余裕が出るのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も差はありません。私たちはメイクアップを自ら元気を発見する最良の手法だと考えているのです。



化粧の欠点:うっかり泣いてしまうとあたかも修羅のような恐ろしい形相になる。少しだけミスしてもケバくなってしまい地雷を踏む羽目になる。素顔をごまかすのにも限界というものがある。

さらにもうひとつ、肌の弛みに大きく絡んでくるのが表情筋。これは色々な表情を作る顔に張り巡らされている筋肉のことです。コラーゲンと同様、表情筋の力も年齢を重ねるにつれて鈍化してしまうのです。

美容外科(cosmetic surgery)は、とどのつまり外科学の一種で、医療目的の形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは違うものである。また、整形外科学とも勘違いされやすいのだが1分野が異なっている。

洗顔石鹸などできれいに汚れを取りましょう。石けんは肌に合ったものを使いましょう。皮膚に合っているようなら、安価なものでも構わないし、固形のせっけんでも構いません。

歯のビューティーケアが必要と認識している女性は確かに多くなっているが、行動に移している人は多くはない。最多の理由が、「どのようにしてケアすればよいのかよく分からないから」ということらしい。



整形外科とは違い美容外科が欠損などのない健康な身体に外科的な施術を付加する医療行為だとはいえ、やはり安全性の確立が不十分だったことが一つの大きな因子だろう。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、様々な身体機能にダメージを被った人のリハビリと同じく、容姿にダメージを受けた人が社会へ踏み出すために覚えるテクニックという側面があります。

ここ日本の美容外科の変遷の中で、美容外科が「正しい医療行為」だとの認識を与えられるまでに、思ったよりも年月を要した。

押し返してくるのがお肌のハリ。これを生んでいるのは、みなさんご存知のコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネのようなコラーゲンがしっかり肌を下支えしていれば、肌はタルミとは無縁でいられます。

湿疹などが出るアトピーとは「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」というギリシャの言語から派生し、「遺伝的な因子を持つ人に表出する即時型のアレルギーに基づいた病気」の事を指して名前が付けられたと考えられている。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リン
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kac6ptr9r8pa1e/index1_0.rdf