回峰行礼拝ー7 「金比羅飯綱大権現」(神峯山地主之神)

April 17 [Wed], 2013, 10:00


勧請掛をすぎたあたり、
西側に鎮座されています。



水の神 、 金比羅神
陸の神 、 飯綱権現の融合で
金比羅飯綱大権現としてお祀りされています。

合掌

*その他の記事はこちらから

日本初毘沙門天 神峯山寺
http://www.facebook.com/kabusanji.temple
  • URL:http://yaplog.jp/kabusan-ji-net/archive/471
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kabusanji
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1980年
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる

【高槻1300年の古刹・神峯山寺について】

 西暦697年、修験道の開祖・役小角による開基から千三百年以上に渡り、大阪高槻の山中に佇む神峯山寺。「日本最初毘沙門天」として七高山の一つに数えられる神峯山寺は、西暦771年に桓武天皇の庶兄にあたる開成皇子により中興され、以来、幕末・明治に至るまで皇族との深い関係に支えられてきました。境内には伏見宮邦家親王や有栖川宮織仁親王の御真筆が残されたおり、当時のつながりの強さを思わせます。一方で、平安後期には融通念仏が比叡山より神峯山寺を経由し大阪へ伝播するなど、民衆の阿弥陀信仰にも深く根を下ろしています。また、鎌倉・室町・戦国時代にかけては、武神が鎮座する地として足利家・豊臣家・徳川家より厚い信仰を受け、江戸時代には商売繁盛の神がおわす場所として、なにわの豪商・鴻池善右衛門をはじめ多くの大阪商人が淀川を上り巡礼するなど、身分と時代を超え数多が掌を合わせた寺院として平成の世まで在り続けています。現在では約百ヘクタールの広大な寺領の峯々に諸堂が点在し、秋になると境内を彩る無数の紅葉が人々の目を惹き付けています。
月別アーカイブ
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE