ヨソの子とかぶらない海外ブランド子供服は見ているだけでも楽しくなる

May 30 [Mon], 2016, 18:22
娘の友だちの○○ちゃんは、
いつもよく似合ったかわいらしい子供服を着ていて、
ママのセンスのよさが感じられる。



それにひきかえ、わたしは
精一杯かわいい洋服を選んできて着せているのに、
学校でも、お出かけした先でも、

ヨソの子とかぶることがよくあって、
そのたびに「アチャー」という気分になってしまう。(ノ∀`)アチャー

そんなことって、ありませんか?

大型の量販店や
ファストファッションブランドなどで買うと、

やはりどうしても、
ヨソの子とかぶってしまう可能性は高くなりますよね。


では、どうすればいいのでしょうか?


一番確実なのは、日本では売っていない子供服を
買って着せてあげることです。

今の時代なら、気軽に海外のブランドやショップに
オンラインでつながることができます。

例えば、アヴァンギャルドで、キッズユニバースに特化したアイテムを
通販で販売する「Melijoe」も、

そんなショップのひとつです◎


2007年に4名の母親たちによって立ち上げられたオンラインショップは、
モードに敏感なママ御用達の通販サイトとして急成長しました。

そして今では、Chloe, Kenzo, Gucci, Marc Jacobs, UGGなど
120以上のキッズファッションブランドを扱い、
0歳〜16歳までに向けたアイテム6,000点以上がサイトに並んでいます。

日本では入手困難なブランドのアイテムや、
販売されていない商品も豊富に取り揃えられています。

もちろんサイトは日本語にも対応していますし、
商品の値段も日本円で表示されています。

なにか問題があったときには、
日本語でのサポートも受けられますし、
28日以内なら返品にも対応してくれるので、

安心してショッピングを楽しめます。


この服を自分の娘に着せたらどうなるんだろう、
と想像しながらサイトの商品をひとつひとつ見ていくだけでも、
ワクワクするぐらい楽しいですよ♪

そしてもし、そのなかのひとつでも実際に着せてみたら、
「あら、かわいいー。この服どこで買ったの?」って、
ママ友たちから質問攻めにあうかもしれないですね。(*´▽`*)

気になる方は、下記の画像をクリックして、
どんなアイテムが並んでいるかを、ご覧なってみてください。
↓  ↓  ↓






P R