入院中 

August 17 [Sun], 2014, 15:49
前回妊娠中と書きましたが、今は入院中です。
お腹の赤ちゃんが逆子ちゃんだったので、明日帝王切開でご誕生予定です。

お腹をきって迎えに行くわけですが、そのためには下半身麻酔をします。子宮は血液が集まる臓器なので出血も多いです。
なので、事前に貧血の検査や心電図、レントゲン、アレルギーが無いかなど、いろいろ検査します。
その検査が昨日まででおわって、今日は・・・下の毛を剃りました・・・。

手術は縦にお腹を切るもので、結構広範囲剃るのかな?とおもったら、そんなにそらなくて、上の方だけそりそりして終わりました。
普通分娩だと、全部剃る産院もあると聞いてたので、ちょっと拍子抜け。

明日はいよいよ初めての出産、下半身の脊椎麻酔、そして開腹です。どれくらい痛いのか、赤ちゃんと対面すると痛みが吹っ飛ぶという噂は本当なのか、いろいろ楽しみです。

とりあえず、赤ちゃんに髪の毛があるといいな(^_^)

大変ご無沙汰しておりました 

August 11 [Mon], 2014, 20:52
この一年、大変怒涛の出来事がありまして、簡単にまとめると、
昨年夏、大学の実習で九州は福岡の神社様の、女性の守り神とされる摂社さんにおまいりする。

その年の夏、なんか、出会う。

秋、結婚を決める。

今年の正月、御懐妊。

春休み、つわりで入院。ついでに結婚式。

夏、赤ちゃん生まれる・・・予定。


はい・・・、突然ですが結婚して、今臨月です。来週には産む予定です。
大学には在籍して、子育てしながら卒業する予定です。

義実家に住んでいるので、なかなかネットに接続することもできず、更新がままなりませんが、これからは、
KABOSU日記改め、「神社鬼嫁日記」を更新できたらいいなと思います。
はい、神社に嫁ぎました。そして、自分で言うのもなんですが、鬼嫁です。

読書にはまる 

May 12 [Sun], 2013, 0:04
また、ご無沙汰しております。

最近はバイトと神社のお手伝いと大学生の3わらじを履きこなしている、そんな日々です。いや、こなせてないっす。
どうも最近の暑くも寒くもない陽気に、眠気に襲われやすくなっていて、勉学が続きません凹

そんなわけで、去年に引き続き読書を日課としているのですが、去年とは読む本のジャンルを代えました。
昨年は近代文学を読んでいましたが、最近はまた学術系、とくに卒論のテーマに近いものを扱ってる本を読んでます。

でも今は、神社の先輩からお借りした池上彰著『そうだったのか!近代史』を読んでいます。
特に興味を引かれたのは社会主義、共産主義における人民開放活動家の暴走。
わたし結構社会主義っていいなと思うんです。それこそ神道における報本反始をしたら、ポルポトが夢想した原始的社会主義に近くなるんじゃないかなって思うんです。

しかし、歴史的にスターリンも毛沢東もポルポトも、許しがたい犠牲を出して、結局歴史には汚名を残す結果となったわけだし、たぶんそういう結果になるロジックが原始共産制にはあるんだろうなって思います。

農業と共産って、いいと思ってたんだけど、残念!

2年が過ぎます。 

February 07 [Thu], 2013, 23:50
大変ご無沙汰しております。毎回この出だしで、反省しきりです。

 昨日やっと後期の試験がすべて終了しまして、自由の身となりました。
 と思いきや、春休みはやりたいことがいっぱい。サークルのみんなと旅行にも行きます。神社での巫女助勤はありがたいことに正式採用になったので、毎週神社での2〜3日ご奉仕させていただきます。見に行きたい写真展もあります。
エプソンイメージングギャラリー

 それから、上野あたりの神社の八福神参りをします。
 盆栽美術館の迎春展も急がないと終わっちゃう!

いそがしいなぁ☆

最近の栗子さん 

December 20 [Thu], 2012, 0:43
栗子さんが我が家へ来て、もう2年も経ちました。当初は姿を見ることができないほど怯えて隠れていた栗子さんですが、今ではすっかりこの家になれたようです。

 家の中の数箇所をお気に入りの場所として我が物顔で主張します。押入れもそのひとつですが、閉まっていると大騒ぎです。開けてもらえるまで私にまとわりついてなき続けます。

それから、ただいまとおはようの挨拶がないと、なき続けます。おでこゴツン挨拶でないと認めてもらえません。

さらに、ごはんの好みもあります。我が家ではプレミアムフードを与えていますが、定期的に新しい味を導入しないとお怒りです。今では栗子さん用ミックスごはんを用意しています。

今の季節のお気に入りは、人の膝の上です。母のことはいまだに苦手ですが、それでも母の膝に乗るべく少しずつ努力しているようです。でもまだ怖くて乗れていませんが、前足は乗せました。

昨年の健康診断では、やせすぎを指摘され心配していましたが、最近はもりもりご飯を食べてくれるので、次の健康診断では心配要らないと思います。

 一人で留守番する時間が長く、寂しいようです。その点についてはとても申し訳なく思っています・・・。わたしの稼ぎがよければもう一匹猫をかえるんだけどね、一匹をちゃんと飼うだけで大変なのです。

晩秋の頃 

November 16 [Fri], 2012, 0:11
気がつけばもう師走も間近、私のモラトリアム生活も残りわずか2年になってしまいました・・・。いやぁ

先回ブログを書いたのは確か夏で、今はもう座るとすかさず栗子さんが膝に乗ってくるような季節になりました。
夏の終わりから何をしていたか、備忘録的にまとめてみておこうと筆を(キーボードを?)とった次第でございます。

まず、書かなかったけど、ある神社さんの夏の神幸祭にご奉仕させていただき、東京の閑静な町の中を、強風にあおられる旗を必死に支えながら歩きました。帰りに宮司様よりビールをいただきました。本当に、しみました。

書かなかったけど、新学期が始まりました。夏休みの間に幻想水滸伝3から5を108星コンプしてクリアする目標は、4までで潰えました。でも、王子見たさにちょっとずつすすめるつもりでした。3日であきらめました。

書かなかったけど、後期も中国語の授業を取りました。先生が、優しくなりました。でも、私の前に先生の授業を受け始めた生徒さんと先生の間で戦争が勃発し、先生の元気がありません。
先生の授業は國學院の宝物だと思うので、先生には申し訳ないですが、何とかがんばって来年も続けていただきたいです。

書かなかったけど、30歳で巫女始めました・・・・。日本国民に謝罪したい気持ちでいっぱいです。本当にすみませんでした。すみませんでした。
 机の上の勉強以外に、ちゃんと神社でご奉仕していく上でしか見えないことっていっぱいあるんだと実感しました。
ご参拝の方々のお言葉、いろいろと考えさせてくれました。
たとえば、
「厄落としと厄除け、どうちがうんですか?」
「○○ちゃん、ちゃんと南無南無しましょうね☆」(神社では南無南無しちゃだめ・・・)
「ここって、お寺ですか?」
「お守りって、一年に一回買わないといけないんですか?」

などなど。一つ一つ、そういえばどうしてだろうとか、どうするのがいいんだろうとか、面倒を見てくださった神職さんからも教えていただきながら、考えることができました。

あと、神社の雨でも千切れない紙垂のなぞも解けました。

お正月は別の神社さんで、朝から晩までお祓いをさせていただきます。誠心誠意、心をこめて幣で穢れを吸い取りまくります。

ちなみに今は、七五三のために比較的近くの神社さんでご奉仕させていただいてます。年末の準備も新年の準備もあるので、今神社は大忙しなんですな。

近況さらに。今年は大学の文化祭に参加しました。昨年はただずっとバイトしていたので、全力で楽しみました。おかげで文化祭直後の演習の発表準備とかできてなかったけど☆(←でも乗り切った)

さらに、甥っ子ちゃんが入院して退院しました。同居してはいないけれど、我が家も全力サポート体制に入っていましたので、退院したときはほっとしました。姉夫婦一家は大変だったと思うので、ちょっと気を緩めて、穏やかにクリスマスやお正月を迎えていただきたいと思います。

お正月が過ぎればもう試験です。試験が終われば極楽春休みが待っています。春休みにはどこかに行きたい!台湾行きたい!飲茶したい!二胡の演奏とか聴きたい!ドールの海外イベントとか、台湾は盛んらしいので!

モラトリアム、楽しみます!

ヰタ・セクスアリス / 森鴎外 

September 18 [Tue], 2012, 22:31
あ、妖しすぎる!!!!

動揺した。名前だけ知ってるのも残念だと思って読んだけど、短いからすぐ読めたけど、これがうっかり長編だったら途中で鬱になりますよ。

漱石の後に読んだからか、とても読みやすかったです。
でもその後調子乗って「舞姫」に手を出したら挫折した。意味がさっぱりです。


明治の文豪は、士農工商のなかの自分の出生からどうやってこの時代に今生きてるかっていうことをとりあえずきれいに文章にしたら、もうそれが本になるって感じで、ちょっと納得いかんと鴎外を読んで思ってしまいました。
女性の内面は女性にしかかけない。男性には知りえない。
そして藩士の一族の事情はその人たちにしか知りえない。豪農の事情は豪農しか知りえない。
そういったことを文章にすれば、知られざる世界見たさで人々が近代文学というものを読んだのだろうということを思ったわけです。

このころの文学では当たり前に学校に行って、大学を卒業して、しばらく仕事をしないで本ばかり読んでいる人たちがたくさん出てきます。というかほぼそういう人。しかし、当時大学なんてものは東大しかないわけで、日本の中のほんのごく一部のエリートなわけで、そんな人が主人公っていうのは、私たちが天才科学者が主人公だったりバスケの秀才が主人公だったりする話を読むのと同じ感覚だったのじゃないかな。

こゝろ 、 坊ちゃん、彼岸過迄/夏目漱石 

September 18 [Tue], 2012, 22:11
やっと、やっとこの有名な作品を読み終えました。


こゝろ
全編がちょっと妖しく、かつ暗い。読後感がすごく悪い。
先生という人が、自分の犯した法で裁けない罪を攻め続けて、最終的におそらく自殺してしまうわけですが、ストーリーを読んでいくと、正直自殺もしっぱいしたんじゃないの?と思わずにはいられないだめ人間っぷりだったのです。

明治神宮での実習前に読んだので、先生が自殺に踏み切る前に書いた手紙の中の、明治天皇崩御と乃木大将の殉死についての当時を生きた人々の感想を大変面白く読みました。

 女子の高等教育がそれほど進んでなかった明治・大正時代において、文学というのは、特に近代文学は男の読み物だったのじゃないかと思います。それゆえか、女性についての描写というのが男性目線の一方通行であるなと感じます。
現代の男性って、女性が書いた小説を読むことも多いので、当時に比べると女性についてその内面の理解って大分あるのではないかなと思う。だから、島崎藤村、夏目漱石、志賀直哉、森鴎外といくつかの作品をこの夏に読みましたが、女性を内面から想像して描写した作品がなかったように思います。
そういう意味で、大変面白く感心しながら読みました。


坊ちゃん
これは痛快でした。
豪快に自分の物差しで世界を測って自分の正しいと思うことを断行して行くのを見るのは、小説でしかかけないだろうけど、すかっとしました。
漱石さんもきっとむしゃくしゃして書いたに違いない。

夏目漱石入門編として、これを進めてくれれば私ももう少したくさん漱石作品を読めただろうに・・・。


彼岸過迄
漱石自身が「おもしろいものを」書くといっただけあって、これはおもしろい。
真の主人公がへたれというかコミュニケーション障害なのですが、そうなるにいたるまでの彼の生い立ちが徐々に明らかになっていくという書き手の手腕が本当にすごい。また、いろんな人の視点から人を描くことで、一人の人物を詳細に読み取れるようになっていて、これもあまり計画を立てずに書いていったと思えないくらい絶妙な面白さを醸してました。



ほかにも短編として、倫敦塔とか何とかの盾とか読みましたが、難しすぎて意味がさっぱりです。
漱石の作品が読めるようになったら、私たぶん文学博士になれる。

聖域のはず・・・ 

September 16 [Sun], 2012, 22:25
大変ご無沙汰しております。

この夏休み、人生の、本当に貴重な夏休み、私の目標は、
幻想水滸伝3から5までを108星コンプする!
でした。

もう一週間しか夏休みないけど、3はクリアしました。4が後少しでクリアです。
ラプソができるかどうか微妙です。

なぜこの時期に幻水やりたくなったのかなって思ったんですけど、ちょうど3の発売から10年なんですよね。って、知らないですよね。
KNMさんはさ、なんでソフト出すたびにハードもかえちゃうんでしょうかね・・・。TKやりたいです。でも、PSPって・・。
しかもその前のはDSでね。鬼ですね。鬼。
もし6が発売発表されて、PS3だったら、・・・・どうしよう。3が出たときも、直前まではあきらめてた。でも、うっかり中古のハードが1万円だったから、買っちゃったんだよね。発売日にちゃんと買っちゃったんです。
きっと6だったら買っちゃうな。


さて、こんな戯言はあくまで余談!

この夏、神職への第一歩目、神社実習に行ってまいりました!!
これは國學院大學や皇學館大學の神職を目指す学生さんが必ず経験しなくてはならない最初の試練で、事前研修の後3泊4日の神社宿泊修行のことでございます。

私國學院大學生は明治神宮でお世話になることとなりました。
知られざる「修行」について、ちょこっとご紹介します。


PC新しくなった! 

August 31 [Fri], 2012, 22:55
実はパソコンが壊れていました!!!!

今日、学友の暖かい協力で買った激安PCがついに届いて、壊れたPCのHDD取り出しも終えて、何とか更新ができる状態になりました。

PCが死んでいる間、映画を2本観ました。
おおかみこども と プロメテウス。
おおかみこどもは涙が出るちょっと手前くらい。プロメテウスはゲロするちょっと手前くらい。

本も読みました。
夏目漱石の「こころ」、「ぼっちゃん」、「彼岸過迄」、島崎藤村「夜明け前」←ただし、半蔵の最期をねたばれされて読むの途中でやめた。

しかし、4日からは神社で研修が始まります。いまから緊張してます!正座する時間が半端ないらしいです。


暑い日が続きますが、省エネしつつがんばりましょう!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おうみ あや / AYA
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
 ダイエットはあきらめました。


 e-mail:oumiaya☆hotmail.com
↑何かありましたら、☆を@に変えてご連絡ください。Please change ☆ into @.
最新コメント
アイコン画像藤千
» 神社神道を海外に布教するためには。 (2013年05月22日)
アイコン画像AYA
» 元気です (2011年05月14日)
アイコン画像すけ姫
» 元気です (2011年05月09日)
アイコン画像Aya
» 調べてしまった・・・凹 (2010年09月02日)
アイコン画像aiai
» 調べてしまった・・・凹 (2010年08月31日)
アイコン画像aya
» コメディのような三流話 (2010年07月10日)
アイコン画像aya
» だいこんのお伊勢まいり おまけ (2010年07月10日)
アイコン画像aiai
» コメディのような三流話 (2010年07月09日)
アイコン画像aiai
» だいこんのお伊勢まいり おまけ (2010年07月09日)
アイコン画像AYA
» だいこんのお伊勢参り5 (2010年04月12日)
月別アーカイブ