ひっこし 

July 02 [Mon], 2007, 21:08
このブログは重いので、ひっこしました。

こちら→http://aikarumbaa.exblog.jp/

やっぱ写真撮るの好きだ!
これからはやりやすくなるかしらん。

シャボンダーマダーイスキィー 

February 27 [Tue], 2007, 3:33
新治とあたしのダウンの胸ポケットには、割れないシャボン玉できるやつが常駐しています。
↓の翌日には、深夜0時に交差点で太陽デンキんとこの交差点でトライしました。









す〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜げ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜濃い週末だった。
どうしようもないくらい幸せだった。

コウエンダイスキィー 

February 27 [Tue], 2007, 3:28








あ〜いとぅ〜んまって〜ん 

February 27 [Tue], 2007, 3:24


うりふたつ 

February 21 [Wed], 2007, 3:20

なかよし 

February 19 [Mon], 2007, 20:18
もし、この先離れ離れに暮らすことになっても、

ずっとずっと一緒にいられるように、

一緒に頑張ろうって約束した。

2人して泣いた。

お互いに依存しあう期間は終わりじゃ。

何年経っても隣にいるぜ。





 

February 15 [Thu], 2007, 18:43

よき週末 

February 04 [Sun], 2007, 20:21
新治とは、よく話す。
おかしなことから、真剣な話までもっさりと。
お互い頑固。お互きつい。
話がかみ合わないことが結構あったりもする。

だけどお互いにお互いが大好きだ。
よくしていきたいと思う。
このことが大前提でよく話す。
この両思いっぷりがすごく心地いい。

そんなこんなで、ある話し合いの結果、ホテルへ行った。人生で2回目
もっちろんホテルに行ったってのも嬉しいけん、行くことになるまでの話の過程がすごくイイんさ。

ホテルでは、MTVが観れた。
MTVで、↓の番組が流れてた。
特に、フランス人の先生のくだりで笑い狂った。他にもゾンビ島とか。
す〜〜〜〜〜〜〜げ〜〜〜〜〜ツボ!!
スカパーに入ろう。

この番組以外にも、色々面白くてとっても濃い時間がすごせた。
有線でメタリカが流れたり。色々メイクミラクル。
プライスレース。







ホテルに行く前は、ダスト行ってヤマダ行ってカラオケ行った。
翌日、群馬に来て初めてボウリングに行った。楽しかったー!!
帰ってからは良く寝た後で、ドラマのビデオ借りて観てた。
どれもこれもワハハなネタがもっさりだ。濃かったなぁ。
ボウリング場は、とても興味深い建物だった。

し あ わ せ 

February 02 [Fri], 2007, 20:42
嶋田先生メールで目覚める。
佐々木さんが赤ちゃんを連れてくるから来ませんかとのこと。

佐々木さん。今は大澤さん。
あたしはカナちゃんって呼ぶ。
すんごいおしゃれさん。濃い人生。にこにこさん。

1年生の時、軽音で初めてバンドを組んだときのギターボーカル。あたしはドラムで、順ちゃんがギターでなっちゃんがベース。「こいのうた」を奏でました。懐かしい。

カナちゃんとはそれ以来ちょこっとたまに話す程度だった。
3年生で同じゼミになった。仲良し復活。

卒論提出間近の頃、ゼミネタのなんかの作業で、じゅんちゃんとかなちゃんと3人で御飯食べに行った。
うちら3人は彼氏との交際期間や色々共通点が多いことがわかってにやにやしてた。
この時、カナちゃんが妊娠したことを報告してくれた。

ゼミで苦楽を共にして、中でもとっても仲良しなかなちゃん。
いちばんではないかもしれないけど、すぐに話してくれたことがとっても嬉しかった。

以来、ゼミや卒業式、謝恩会、mixiやらでカナちゃんのマタニティライフをみてきた。

おひなまつりに入籍。8月に長男誕生。
どれもすんごい嬉しかった。
長男の名前は和義(ナギ)くん。かっけぇ!
ずっとカナちゃんに会いたかった。

先生の研究室に行くと、後輩たちの向こう側に大澤一家がいた。
嬉しかった〜〜〜〜!!!!!



先生が、「とっても幸せだ」っておっしゃってた。
以外な先生の姿がたくさん見れた。
カナちゃんは母の姿だった。カズヤくんも父の姿だった。

研究室はなんともいえない幸せな空気でいっぱいだった。

ナギくんを抱っこさせてもらった。ひとっきり遊ぶ。
抱っこしたりあやしたりするのが上手って言われた♪にやり!
郁が生まれた時や、世話をしてた時を思い出した。



カナちゃんが妊娠してる時を思い出した。
すごいなぁ〜すごいよ!

人生で一番嬉しいこと:人がこの世に生を受けること

人生で一番悲しいこと:大好きな人を失うこと

って思った。

色々ひっくるめて、今を生きようと思った。
あたしはあたしなりに、自分を含めてまわりの人やものを大事に。大事に。

きっちぃこともあるけん、どうしようもないこともあるけん、必死こいて受け入れていこう。

会えてよかった。

郁の入試 

February 01 [Thu], 2007, 19:54
郁の入試でおかんと郁が群馬にやってきた。
ものっすごいステキな2日間だった。

郁の成長を感じた。不安や緊張と戦ってる姿がかっけぇって思った。
でもやっぱ郁はかわいい。すごい慕ってくれるのが嬉しい。

夜は寝ないでおかんと語った。
色んな側面で語った。親子。女2人。
母ちゃん個人のことも話し合う。夫婦や家族を客観的にみれた。
新治の話もすこぶるした。
あたし個人の話も結構した。
イイ意味で親離れした。子離れした。

あたしのパニックの主な理由は家族と向き合うことから逃げてたから。
家族は自分の源。家族から目をそむけるってことは、あたし自身の大部分から逃げてたってこと。
向き合うようになって、家族が愛しくなった。
一個人としてみてもらえるようになった。
年齢や性別の違う集団が個人個人で向かい合えるのが家族。
みてもらうには行動に責任をもってかんと。
その上で、家族なんだから頼りあう。ただ甘えるだけじゃ誰かしらに負担がかかる。
大好きだ!


郁の手が撮れた


試験会場まで送ってった。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる