携帯電話とボーダフォン

December 20 [Fri], 2013, 0:20
国内最大規模の買収劇によりボーダフォンを引き継ぎ、サービス提供を行なっているソフトバンクモバイル。携帯電話事業への参入を悲願としていたソフトバンクが、名実ともに通信事業者となりました。
ソフトバンクモバイルは、1994年に東名阪エリアで開業したデジタルホングループと、以後、それ以外のエリアで展開したデジタルツーカーグループをルーツとしています。これらの通信事業者は後に合併してJ・フォンとなり、さらにボーダフォンへと社名を変更しました。
一方、2004年に日本テレコムを買収し、固定・国際電話事業に参入していたソフトバンクは、携帯電話事業への参入も志し、2005年には総務省が新たに割り当てた周波数帯域に新規携帯電話事業者として、名乗りをあげ、通信事業免許の申請も行っていました。
ところがそのあと、同社は一転して方向転換し、新規参入ではなく、ボーダフォンを買収することで携帯電話サービスに参入することになりました。その後、2006年にボーダフォンからソフトバンクモバイルへとブランド名が変更され、現在に至っています。こうして携帯電話事業を手に入れたソフトバンクグループは、名実ともに大手通信事業者として始動したことになります。
2009年11月、ソフトバンクモバイルは2150万人の加入者を抱えており、2008年決済においてはソフトバンクグループ全体で2兆6730億円の売上を計上しています。このうち移動体通信事業については売上高1兆5628億円となっています。
 さて、そろそろ寒い季節になってきました。僕は<リ携帯電話をうまく処分したいと考えています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaakaje
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kaakaje/index1_0.rdf