現実逃避 

May 17 [Thu], 2007, 15:39
目が覚めたと同時、涙が零れ落ちた。
頬を伝う感覚。
ぼやけた視界。

「アスランが好き。」

どうしよう。
夢の中まで、彼一色だ。





仕事をする彼は、凛としていて隙がない。
指の先まで無駄のない動作。
綺麗だなぁと、ぼんやりと思った。
愛しい。
…切ない。
友達のままで、いられたら良かったのに。
自分の思いだけが、いつの間にか育ってしまっていて。
視界に入るだけで、胸がざわめく。ぎゅってする。
唇が疼く。
触れて欲しいと思う。
抱きしめたい。抱きしめて欲しいと、全身が強請っている。
はしたない。
それなのに。止まらない。
愛して欲しくて。
こんな風に媚びた目で、彼を見たくなんてないのに。

「キラ?」

心配そうな顔。
困ったように眉を寄せて。
それから、どうしたんだ?そういって、困ったように笑った。

すき。

そんな、とんでもないことを言い出してしまいそうで。
唇を引き結ぶ。
ふるふると顔を振る。
なんでもない。
ただ、君が好きなだけで。
口なんて開けなかった。もう、我慢なんて出来ないぐらい、育ってしまっている。

「お前、熱でもあるんじゃないのか?」

目が潤んでる。
そういって、額に触れる手が、優しくて。温かくて。
涙が零れた。

「キラ?」

少し慌てた彼の声に。
あ。
しまった。
心配をかけた。と、焦るココロと。
自分のことで慌ててくれる、そんな彼を見れて、悦ぶココロと。

いやだ。
醜い。

こんなの嫌だ。
こんな風に、君を見たくなんてないのに。
こんなに汚らわしい気持ちで。
だから何も言えない。
大事な友達。
それでいられたら良かったのに。今の自分はこんなにも醜く想っている。
何でも話せた親友だったはずなのに、今は何も言えない。
どうやって距離を取ればいいのか分からない。
だって好き。
こんなにも好き。
大好き。
だから、何も言えない。
怖くて言えない。
受け入れてもらえないのが怖くて怖くて。
そんなことないって、優しい彼なら。きっと、色々受け入れてくれるって、本当は分かっていて。
でもそんな風に期待する自分が醜くて醜くてたまらなくて。
だって好き。
君に欲情してしまうぐらい。

爆発しそうなぐらい、胸の中を占める想い。
壊れてしまいそうなぐらい。
もうダメだ。
壊してしまう。
何を…?
関係を。
君との時間を。
君の思いを。
僕の、願いを。

思った瞬間駆け出していた。
後ろで呼ばれる自分の名前。


呼ばないで。


逃げたい。
もう君に会えない所まで。
本当に会えなくなったら、後悔するに決まってるのに。
そんなことを思う。


「キラっ」

掴まれた、腕。
抱き寄せられるからだ。
少し汗ばんだ、彼の肌。

あったかい。

互いの荒い呼吸。
ああ、やっぱり好き。
追いかけてくれた嬉しさ。
追いかけてくれると、頭のどこかで分かっていた。そんな、自分の狡さ。
本当に汚い。

「どうした?」

驚くぐらい、優しい問いかけだった。
思わず見上げると、至近距離で、彼の顔が、優しく微笑んでいた。

「なんで?」

なんでそんなに。何でそんな風に。
優しくしてくれるの。
どうして、こんなにも酷いことばかりする自分を。
どうしてそんな風に、根気強く。
待ってくれるの。
手を取ってくれるの。
こんなにも、醜い気持ちでいるのに。

本当は。
こんな風に。
優しくなんてして欲しくなくて。
そんなことを望んでなんていなくて。
ただ、君が笑っていてくれればいい。
友達としても。愛しい人という意味でも。
ただ。
友達として君の一番であれば。それはとても嬉しくて。
けれども。それだけで満足しない自分は。
もっともっとと強請ってしまう。
そんな自分が怖くて。だから。
距離が欲しかった。
ただただ。
追いつめないだけの距離が。
優しい君を。悩ませないだけの距離が。
だって、そうじゃないか。
苦しめてしまうって分かってるのに。
優しい君が。本気で真剣に悩んでくれるって分かっているのに。

自分の気持ちだけを優先することなんて出来ない。
思いのまま、全てを預けてしまうことなんて出来ない。
構わないというかもしれないけれど。
けれども。
大切なんだ。
アスラン。君のことが。
大事なんだ。
本当に本当に大事なんだ。
色んな欲を捨て去った先に残る物は。
ただただ大切だってこと。
悩ませたくない。

だって。
仕事に追われる君。
悩ませたくない。
こんな風に、自分勝手な気持ちのせいで。
悩ませたくなんてない。

だって困るでしょう。
親友だと思ってた男から。愛の告白なんて。
困るよね。
でも、大切に思ってくれている分だけ。
親友だと思ってくれている分だけ。
優しい分だけ。
君は苦しんで悩んで。
ただでさえ、いろんな事に悩んでいるのに。
きっときっと、追いつめる。

「キラ?」

「なんでもない。」

「キラ。…最近変だ。」

「どうして?」

追いつめたくない。

「何にもないのに。変なアスラン。」

気丈に振舞えたのは、声だけで。
零れ出す涙。


好き。


そこまで思っているくせに。
隠すことさえ出来ない。この気持ち。
ああ本当に醜い。
汚い。
こうして傷つけて、追いつめているんだ。
思い切りアスランの腕を振り切る。
驚いた彼の声。
思い切り、駆け出す。

「キラ!?」

アスランが好き。
どうしようもなく好き。





ごめんなさい。

アスカガ 

May 17 [Thu], 2007, 13:04
大切だから、どうしたらいいのか分からなくなる。
大切なら、大切と言えばいいのに。
そういう簡単な話なのに。
それが出来ないから、困る。

「好きなら好きって言えばいいじゃん」

あきれたようにキラが言った。
だってそういうの面倒じゃないか。と。

「会いたいなら会いたいって言えばいいし。その方が気持ち伝わるじゃない?」

「…それが出来てたら苦労しない。」

拗ねたように言い方になったのは、気のせいじゃない。
だって、言えないんだから仕方がない。

「君ってさ、僕とケンカした時もそうだよね。」

「え?」

「一回試したことあってさ。僕が離れちゃったら、アスランどうするんだろう〜って。君、全然追いかけてくれなかったよね。」

離れてくのそのままに。

「寂しかったな。…友達なのにさ。」

「…」

「もしカガリが愛想つかしてはなれてっちゃったらどうすんの?」

キラの問いに考えてみた。
愛しい。どうしようもなく、カガリのことが、好きだった。

「…追いかけないと思う」

「それってそんなに好きじゃないってこと?」

キラの問いに、ゆっくりと首を振った。

「好きだよ。自分でも驚くほど。」

「…全然わかんない。好きなら追いかけて振り向かせるでしょ?」

「…俺は。逃げたいぐらいに追いつめた自分が、また追いつめて。苦しめて。また苦しい顔をさせるのが嫌なんだ。」

「…そういう考え方が一番辛いと思うよ。伝わらないしね。」

「…。」






ちょっとまって〜 

January 14 [Sat], 2006, 22:58
苺姫様が


「おなかすいた」
「怖い夢みた」
「無視しないでよ」
「ワサビ抜きでお願いします」
「俺、誤解されやすいタイプだから」
「年賀状30枚下さい」


…とか言ってんだなーとか思ったらかわいいなーってもえってます(妄想アリ)


つか。
彼も。うっかり、ぶーって!おならしちゃったりして!
俺じゃないよ…って誤魔化したり1回ぐらいしたことあるんだよね。
って思ったら…萌える。



つーか絶対ライブ中力んで1回ぐらいやってるって!
ちょっと嗅ぎたいかもー(嘘です)
やべー。いやでも。可愛いわ。
あたし、おならとか弱いの。かわいいよね?????かわいいー(><)


ぶーーーーーーーー!(平然を装う)


一瞬で恋におちるYO!!!
ババンバーン。





そんな出会いの恋がしたいです。はーと。







つか、萌える。跡部様。
かっこよすぎる。
スーツ姿の跡部様。いいねー。
彼の胸の中で、ネクタイ緩めてとか言われて、ネクタイを緩めてみたいね。
いや、別に彼ではなくて。


夢ー!サラリーマン大好き!!!


ネクタイ緩めるのって結構恥ずかしいのよこれが!
あたしがドMだからかもしれないけど、羞恥プレイってイイと思うYO!!!ぜってー楽しい。
だって、じーって見られてんだよ?彼に。萌える。



つかヲタクだなー。私。

時緒ーーーーーーーーーーーっ!!!!! 

January 14 [Sat], 2006, 17:56
やべー。エデンの花読み返して時緒萌えしてやしたっ!!!
ハァハァハァハァ…。

耳かきあげてるーーーーーー!なんていい男なんだ!
いい男は耳をかきあげるっ!!!
ひゅーひゅー♪
ぴゅーぴゅーっ!!!


あーあ。いい男に愛されたいよ。
某ATO●E様とか。











この世に存在してないYO!!!










じゃー。苺とか。贅肉とか。お姫たまとか。
つーか。さっきトリップしちゃった。きゃあー。


久々にFF8やりてぇなー。ゼルかわいいよねー。あいつは受けだな。一般的に言う総受け状態ですなー!
でも、私的には、スコールも受けだと思っておりますの。
もし、くっつけるとするならば。
ゼルとスコールで、ゼル若干片思いで、ドキドキ胸を高鳴らせてて。思わず手を出しそうになっちゃったりとか。でも奥手だから、やりかけてやめちゃって。
しかも。同性同士だから。抵抗もあるし、自分に正直になれないーみたいなゼルかわゆー。しかもニブチンでお色気オーラむっちゃ出していかにも誘ってますを、素でやっちまう、スコールみたいな(意味分からん)
萌えません?つーか今更8かよー。
あたしイマイチラグナって萌えなかったんだよねー。イマイチあの古臭いキャラが好きじゃなかったなぁ。ごめんねーパパー。
あー普通にヲタってしまった。いかんいかん。

起きてからの予定。 

January 14 [Sat], 2006, 0:42
起きたら、まず、着替えて化粧するんだ。
で、買い物行く。セールの残り物をあさる。
化粧下地を今度こそ買う(無理かも)



つかメイトに行く。(本音)
で。とあるものがあったら買う。
明日は実はこれが目当てだったりするんだよね。
へへへへへ。


ひとーりぼっちのーかいものーなーのー。
…こんなの誰もついてきてくれない。あーあ。




つかさ今から読む漫画いっぱいありゅ。
でっへへへへへへへへへへへへへへ。
たのしーーーーーーーーー!
うひょう★
つかもしかしたら今から何か話書いてココのせるかもー!
暇だしね★

オタクなおいらー。 

January 13 [Fri], 2006, 19:07
服の好みが変わったー!!!!!
お姉は今まで見るのは好きだし、なりたいとか言いつつなれないと思ったし。つかcancanは私にはないなーって思ってたのに。
いや。ないけどさ。ありえないけどさ。似合わないけどさ。

可愛いー!
って思うYO!!!

ハードル高いって!無理だって!
イマイチトップスは心惹かれないんだけど、スカート可愛いねー!
あたい中高の頃はスカートマニアでございましたのよー。スカートってトップスよりもお金かけちゃいませんか?ワンピとか。
そういえば!大学はいる前に、あたい、ワンピを着れる女になるー!とかって、一気に3枚買ったなぁー。…しかも綺麗めー!あのワンピはどこいったんだろう。笑。

ともかく。変わったというか、元に戻った?私ね。フワフワフリフリ大好きなの。
系統違うけど、アンティローザ大好きだし。普段カジュアルだけど、ローリーズとか、ジーナとか、そーゆーシンプルよりもゴテゴテしてて、しかもフリフリしてるのが好きー!フリフリフワフワ〜パールとかもーヤバイ。大好き。
ただ、ゴスロリとか、あそこまでフリフリ〜ってなると苦手なのさ。可愛いと思うけど。
あ。着たいな。なんか中学生の頃好きだったフリフリ具合に戻りつつある(日本語おかしい)きてぇーなー。

かわいーなー。トップスは苦手だけどスカートかわいい。らぶー。
普通にカジュアルでいけないかなー。…いけません。
あーもー。いいなー。でも私しっかりこういう感じになりたいとかそういうの全くなくて着たいだけだし。なんかお姉ってよくわからないけど、難しそうだし、なんかわかんないけど、ルールとかあるの???
わかんないけどーーーーーーーー!!!!!
あーあ。あたしダメだ。スカート好きだ!オネエがすきっていうか、スカートがすきだー!!!

大石と不二。 

January 12 [Thu], 2006, 18:42
人は本当におかしくなったトコロって見たことある?
あるよ。毎日見てる。
本当?
お前のことを、毎日見てるから。


ああそうか。そうだね。そうだ。
まず、顔の色が土色になる。
目が奥にひっこんでいく。
ラインを引いたみたいに、目の周りが黒いんだ。座っていて怖い。
目が黒く濁っていて光が見えない。表情がない。
どこか一点を見つめている。
手をぎゅっと握っている。とても堅くきつく。はがそうとしても、はがれない。
背中が丸々。
ずーっとソコに立っている。
何もせずに立っている。
卑屈になる。自分を否定する。
自分を裁いてくれる人間を待っている。
全てに追われている気分になる。
夢を見る。空想の中に入り込む。抜け出せない。
まったく筋が通らないことを言う。
人の言葉を聞かない。聞けない。
何も分からない。
そうして、最後に。

「もう、やめよう。」
ゆっくりと前を見る。
大石が、困った顔で見つめていた。
「もうやめよう。」
ガチガチになった手をゆっくりとはがされる。とても強い力で。じゃないとはがれないから。
「大丈夫だよ。」
ぎゅーっと抱きしめられる。
手首から流れる赤い血。それを見てほっとした。
「大丈夫。ね?不二。」
大石の涙が頬に落ちる。
いっぱい落ちる。
大石の手にも、赤い傷。
どうして?と問うた。
そうすれば、不二の気持ちが分かると思った。
そういって笑う君が居た。
そしてその言葉に追いつめられる。
ごめんなさい、と何度も泣き叫んだ。

苦しかった。

自分のおかしさは、周りに伝わるのかもしれない。
ごめんなさい。


全てに対して。ごめんなさい。

END
HP更新できないんでこっちに。つれづれなるままにー!

たわわな苺姫様。 

January 12 [Thu], 2006, 0:40
やっべぇ。まじ苺姫様もえる!
つか、ランジェリーはわからないけど、ビクトリアン超のシャツを着せたい。
つーかそれ来て短パンな彼を風呂に連れて行きたい。
上からシャワーかけて肌が透けた彼を見ながらニヤニヤしたい。



すっげー萌えると思うの。


あれだよ。あれすぎるよ。可愛すぎるって!!!、


やべー。萌えるって萌えるって萌えるってー。もえるー!!!
つーか苺くいてーなー(色んな意味で)



あたしやばいよ。欲求が強いよ多分。
良かった男じゃなくて。
へへへ。
もーさーたのしーさー!

さらに続き★ 

January 12 [Thu], 2006, 0:19
「あ。笑った。」
「俺だって笑うさ。」
「いや。お前最近元気ないからさ。良かった」
そういって笑った顔が本当に嬉しそうで、戸惑う。
「皆に笑顔でいて欲しいんだからな、アイツは。」
「…スマン」
「いーのいーの。俺は薫ちゃんのたまーに見せる笑顔に惚れてるからさっ。五代も言ってたぞ。一条さんが笑うとこっちも嬉しいーってさ。」
その言葉に胸が飛び跳ねた。鼓動が早くなる。
思わず視線を泳がす。
「お前ってホント、かわいーのな。」
「椿っ」
「照れるな照れるな。ま。そのうちひょっこり帰ってくるさ。大丈夫。」
大丈夫。五代の口癖。


『一条さん、俺、大丈夫ですから』


彼が大丈夫と言って、そうならなかったことはない。
彼を思い出した。笑ってしまった。
彼に会いたくなった。とても、温かい気持ちだった。

「ありがとう。」

切なさは消えない。世界は混沌としている。殺戮は終わることがない。
人々は笑顔ではないかもしれない。
それでも。皆が笑顔でいられるように。目に映る人々だけでもいい。笑顔でいられるように。
せめて、彼が帰ってきたとき、笑顔で「おかえり」が言えるように。笑顔で「ただいま」と言ってもらえるように。
もう二度と、泣かせないために。

ゆっくりと息を吐く。
目を閉じる。
思い出の中の彼は、やっぱり笑っていた。

END

んっとねー。オジョウがすきってこと。

昨日の続き。 

January 11 [Wed], 2006, 23:57
この気持ちがなんなのかは知らない。分からない。
胸が締め付けられる。多分、苦しい。
そういうと、椿は『そういうのは、切ないって言うんだ。』と笑った。
この気持ちが切ないというのなら、多分自分は、五代と出会った時からずっとずっと、切なかった。
誰よりも誰よりも、笑顔でいて欲しいと願う人。
戦いなんて、彼には似合わない。優しい彼。彼の武器は何よりもその笑顔だった。心が和む。つられて笑ってしまう笑顔。
本当は知っている、皆の笑顔のために、彼が泣いていたこと。泣きながら、敵を殴っていたこと。血を吐きながらも必死で必死で『人』ではない、『未確認』に近い身体になりながらも、「皆が笑顔であるように」ただその思いだけで、戦っていたこと。
だったら。五代の笑顔は誰が守るのだろう。
やめろなんて言えなかった。彼の力なしでは未確認と対抗なんて出来なかった。それに、止めることで、彼の笑顔が消えるということも、分かっていた。そういう人だった。
今、彼は笑っているんだろうか。いつもと変わらない笑顔で。「大丈夫」と、言っているんだろうか。
0号を倒すと同時、何も言わず、旅立っていった彼。
もっともっと、話がしたい。二人で。
それよりも、笑顔が見たい。
声を聞きたい。
触れたい。
会いたい。
会いたくて会いたくてたまらない。泣きたかった。
そうして自覚する。ああ、『特別』なのかもしれない。彼は、自分にとって。
この気持ちをなんと呼ぼう。
椿は笑った。「もう少しだ」そう言って優しく頭を撫でられる。
「頑張ったご褒美。」
「なんだ、それは。」
「いや、ニブイお前にしては一歩前進だな。」
訝しげに眉をひそめると、椿はニヤリと笑う。
「なあ、薫、ちゅーしてやろうか?」
「何言ってるんだお前は」
普段は薫なんて呼ばないくせに。そう言って睨むと、彼は声をあげて笑った。
「いつか五代にそう呼ばれるといいな。」
「はぁ?」
「いや。なんでもない。」
クスクス笑う椿に、分からない男だと、笑った。
「そうだ、一条。」
「なんだ?」
「五代が帰ってきたら、雄介って呼んでみろよ。」
「なっ」
あっけにとられていると、椿は真顔で「絶対喜ぶから」と返してきた。
「薫」「雄介」想像して失笑する。
似合わない。それでも、なぜだろう、彼は無邪気に笑う気がした。
不意打ちで言ってみるのもいいかもしれない。きっと、ビックリするから。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka-ka-t
読者になる
Yapme!一覧
読者になる