2017年コンサートに向けて!始動!!

June 24 [Sat], 2017, 18:57
今年も秋のコンサートに向けて始動!

本日中学生の合同練習会がありました。


今年も、本番に向けて講習会など随時更新していきますので、ぜひチェックしてくださいね(^-^)/


本番は10月中旬の予定です。

詳細についてはまた改めてお知らせ致します。
楽しみにしてください♪♪


コンサートを終えて〈鳥取西中学校〉

October 26 [Wed], 2016, 20:41
こんにちは
鳥取西中学校吹奏楽部部長の鈴木香乃です

10月15日のジャズコンサートお疲れ様でした!!


今年は、椎名さん、 篠原さん、 中島さん、 広瀬さん、 本川さんのプロミュージシャンの方々と一緒に演奏することが出来ました。

今年のステージは、観客の皆さんと演奏している私たちが一体となり、とても盛り上がる楽しいステージになりました。ミュージシャンのソロは、とてもかっこ良かったです!

私は今回のコンサートで三回目の出場となりました。
この3年間を通して、ミュージシャンの方から学んだことは
やはり、“音楽の楽しさ”です。椎名さんに、"自分のためだけではなく、仲間のために演奏をする"と教えていただきました。なので、私は どのような演奏をしたら 自分もみんなも楽しく、演奏できるのか をよく考え、本番に挑みました。本番では、椎名さんや、ミュージシャンの皆さんが教えてくれたこと、すべてを出し切り 最高のステージになりました!!


“JAZZ”を プロの方に教えていただくことは なかなか経験できないことなので、とても光栄に思っています。
この 貴重な体験ができたことは 先生やたくさんの方が協力、応援をしてくれたおかげだと思っています。

改めて仲間と一緒に演奏することの楽しさを感じることが出来ました。


ミュージシャン5名の方や、先生方、そして 一緒に練習を重ねてきた仲間達に感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございました。

コンサートを終えて〈北中学校〉

October 24 [Mon], 2016, 23:18
今回は北中学校3年生5名がそれぞれ感想を寄せてくれました(^o^)


♪部長 黒田 乃愛
この活動に参加していなかったら会えなかった人たちと会えたこと、音楽を一緒にできたことは私の宝物になります。
支えて下さったみなさん、本当にありがとうございました!!  


♪齊田 侑真
今年で最後のJAZZコンサートはとても楽しく、思い出になりました。
スウィングやJAZZの雰囲気などたくさん音楽について学ぶことができ、すごく貴重な体験ができました。


♪服部 百花
練習もとても大変だったけど、その分当日すごく楽しむことができました。
当日の本番の時間が本当にあっという間で、本当に楽しいと思えたし、夢のような時間を味わうことができました。
今回のジャズコンサートでは、助け合い、みんなが協力しあっての演奏が大切なことだと学ぶことができました。


♪種市 美音
3年間を通してジャズの楽しさを知り、今年も楽しくコンサートを終えることができました。
ご来場くださった方々、ありがとうございました。


♪坪川 歩野加
今回のJAZZコンは3年間の中で一番楽しかったです。
椎名さんをはじめ、クインテットの皆さんのおかげで最高の思い出になりました!
イェイ!!

コンサートを終えて〈大楽毛中学校A〉クインテットの皆さんへ

October 21 [Fri], 2016, 9:00
昨日に引き続き、大楽毛中学校3年生の、クインテットの皆さんへのお礼の手紙をお届けします。

大楽毛中学校 フルート3年 小嶋詩穂より
椎名豊QUINTET様
 椎名豊さんとQUINTETのみなさん、私たちにJazzというクラシックとは全然違う音楽の楽しさや、楽しめるようにJazzの拍の数え方から教えていただき、先日のJazzコンサートにもご一緒に共演させていただき、ありがとうございました。
 私は3年間Jazzをやらせていただきました。その中で、楽譜のない音楽を演奏するということに、初めは驚き戸惑いました。けれど、1年、2年と取り組んでいく中でJazzの楽しさ、Jazzだからこそ感じられることを知ることができました。先日のコンサートでは、Jazzって楽しいと思うのを通り越して、最高に良いなって思いました。椎名さん方の演奏を聴いていても、自分たちが演奏をしていても感じたことは、Jazzは「お客さんとの会話」だということと、「自分のためだけに吹かない」ということです。コンサート本番でも、お客さんに何を伝えたいのかを持って吹いたら、お客さんも返してくれました。「Jazzには間違いはない」と椎名さんはおっしゃってくれていました。けれど、聴いてくれている人に自分の感じたことを音楽で表現して伝えるからこそ間違いはないのだと感じました。そして、このようなことを感じられたのもQUINTETのみなさんと支えてくださった方々の応援と想いがあったからだと思います。忘れてはいけない「感謝」だと思います。ありがとうございました。                 


大楽毛中学校 クラリネット3年 高橋美羽より
椎名豊クインテットのみなさんへ
 私は今年で3回目のJazzコンサートで、毎年出させていただく度に楽しみにしていました。
1年生の頃は難しいかな?って考えたりしていましたが、その時にクインテットの皆さんは優しく笑顔で教えてくださって、とても楽しいなって思いました。2年生になってからは「スウィング」や「イーブン」の感じ方、表現の仕方がわかるようになって、Jazzを好きになることができました。今年は3年生になって「Cジャムブルース」のソロをやらせてもらったのですが、最初は難しくて苦手でした。でも「全部が正解」という椎名先生の言葉を聞いて勇気を持つことができました。本番は練習よりも良い演奏ができたと私は思っています。
クインテットのみなさんとJazzをできるのは夢みたいだし、忙しい中釧路に来てくださり、講習会をやらせていただいて本当に感謝しています。コンサートが終わったあとにクインテットのみなさんから一言ずつ話していただいたとき、みなさんの一言一言に想いが詰まっていて涙が出そうになりました。「みんなはfamily」って言ってくださった言葉は一生忘れません。この3年間とても楽しかったです。そして、来年またOBとして一緒のステージに立てることを願っています。ありがとうございました。

コンサートを終えて〈大楽毛中学校@〉クインテットの皆さんへ

October 20 [Thu], 2016, 12:48
大楽毛中学校吹奏楽部顧問の尾です。
今年もスペシャルジャズコンサートが盛会のうちに終了いたしました。この活動の趣旨に賛同し、応援やご協力をしていただいた皆様に心よりお礼申し上げます。
毎年、エキサイティングな素晴らしいステージを経験させていただいておりますが、今年は更にパワーアップし、会場内が一体となって大興奮の感動的なステージになりました。この体験が子どもたちにとってかけがえのないものであり、単なる音楽を教えてもらうということではなく、「音楽のもつエネルギー」を感じたり、「人と人との繋がりの大切さ」に気づいたりできる、本当の意味での「教育活動」だと感じています。

 今回は3年間この活動を経験してきた3年生4名が、椎名豊クインテットの皆さんに書いたお礼の手紙を今日と明日、2回に分けて紹介させていただきます。


大楽毛中学校 パーカッション3年脇田綾夏より
椎名豊クインテットの皆様
 この度は、お忙し中何度も釧路に来ていただき、講習会をしていただきありがとうございました。椎名先生が「自分のために音を出すのではなく、仲間のために音を出す」という言葉をいつもおっしゃっていました。私は本番でドラムをやっているとき、フィルインを入れるときに「がんばれ!」という気持ちを込めたり、盛り上げるためにシンバルを入れて「いくぞ!」という気持ちで叩くことができました。その時、楽器は違いますがみんなと一つになれた気がして、すごく楽しい本番でした。「シングシングシング」の最後のソロも仲間が応援してくれるのがすごく伝わってきました。そして、スティックが飛んでしまってつかんだ時も、お客さんだけじゃなく仲間からも「イェーイ」が聞こえた瞬間、本当にこの活動をできて良かったなと思えました。そして「ジャズには失敗はない、自信をもって自分を表現すること」を一人一人がわかった時の「Cジャムブルース」は一人一人のソロが輝いていて、すごく素敵でした。「みんな違って、みんな良い」これはやっぱりジャズだからこそ感じられることだと思いました。
 普段出会うことの方が少ない他校の方々やクインテットの皆さんと一緒に演奏でき、本当に幸せだなと感じました。そして、こんなに素敵な経験をさせていただいた先生方、クインテットの方々、OBOGの方々への感謝を忘れず、これからもこの活動が続くように、私もOGとして参加していきたいです。約3年間ジャズを教えてくださり、ありがとうございました。              


大楽毛中学校 クラリネット3年 鈴木優衣より
椎名豊クインテットのみなさんへ
クインテットのみなさん、私たちに夢のような幸せな時間を本当にありがとうございました。遠い釧路へ何度も来ていただいて、お忙しい中疲れを見せずに、私たち中学生と「心」で向き合って教えてくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 その中でも一番みなさんにお礼を言いたかったのは「SING SING SING」のソロを見ていただいたことです。私は1年生の時からこのソロを吹きたい!と思っていました。そして、私たち3年生はもうすぐ引退で、2年半私たちを見てきてたくさんのことを学ばせてくれた尾先生に、全部ではないですがその一つとして恩返しできたらと思っていました。ですが、なかなか練習がうまくできていなくて、全くというほど吹けていませんでした。そんな時、椎名さんと篠原さん、中島さんが練習を見に来てくださり、みんなが苦手だった「SING SING SING」を細かく見てくださいました。私のソロも細かく時間をかけて見てくださり、私自身そして部員全員が演奏面だけじゃなく、気持ちの面で大きなパワーをもらえました。
本番のソロは気持ちよかったです!本当にありがとうございました。
 もっともっとたくさんお礼を言いたいことがあります。本当に私たちは幸せ者です。一生の宝物になる経験をさせていただいたので、将来は必ず陰で支える立場として、またクインテットのみなさんとお会いしたいです!みなさんと音楽ができて本当に幸せでした。本当にありがとうございました。



明日へ続く…
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:くしろ椎名豊JAZZ CLUB
読者になる
北海道釧路で活動している「くしろ椎名豊JAZZ CLUB」です。
日本を代表する世界的なジャズピアニスト椎名豊さんと釧路の中学生・高校生が交流し、
1年間ジャズレクチャーを受け、その活動の成果を披露するジャズコンサートを、1999年より毎年開催しています。

普段のレクチャーの様子やコンサートについての情報など、JAZZ CLUBメンバーが更新していきます!
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
くしろ椎名豊JAZZ CLUB
» 2015年コンサートに向け、練習開始! (2015年06月29日)
OB
» 2015年コンサートに向け、練習開始! (2015年06月29日)
くしろ椎名豊JAZZ CLUB
» コンサートを終えて(OB) (2014年10月19日)
初めての演奏会
» コンサートを終えて(OB) (2014年10月19日)
聴いてきました
» 2011JazzConcert終演 (2011年11月11日)
Yapme!一覧
読者になる