留袖の帯結び

September 26 [Sun], 2010, 18:57
今日の着付教室では、留袖の着付けと帯結び。
留袖は自装。帯は他装でチャレンジ。お太鼓をベースにした飾り結びで、二重太鼓に比べると華やかな印象。留袖以外にも訪問着にも使えそう

いつも振袖の着付や帯結びが多いので(生徒はほとんどミセスということもあり)せっかく習った素敵な帯を自分で締めれるはずもなく、年に一度の成人式以外は結ぶ機会もないので・・・
自分が締めれる帯結びの時はついつい熱心になってしまいます

先生のお手本チェック
ポイントは“たれ”の処理。扇に広げ華やかさを演出します。



着付けを習っていて良かった思うのは、誰かに着付けて喜んでいただけること。
でも、それ以上に・・・やっぱり自分が装い楽しみたい

歌舞伎鑑賞教室

June 13 [Sun], 2010, 18:24
国立劇場大劇場にて歌舞伎鑑賞教室。
年に一度の着付け教室のイベントですが、ほぼ毎年欠かさず参加してます。

演目は、歌舞伎十八番の内「鳴神」14:30開演

馴染みの演目ですが、開演に先立って歌舞伎初心者にも分かりやすい「解説 歌舞伎のみかた」があるので、観光客にもお勧めのコース。外国人の姿も多く見かけます。

格子柄の単衣の塩沢に単衣の帯で。シャリ感があるので以外と涼しい着心地です。


私は写真左

テーブルマナー教室

June 05 [Sat], 2010, 22:53
 椿山荘にてテーブルマナー教室。
会席料理の作法ということで、スライドを見ながら講師の方の指導に従い、椀の取り方、箸の使い方など一品一品緊張の中での食事。最初は戸惑いましたが、慣れるとなんとなくスムーズに・・・。せっかく着物で食事をするなら是非とも身につけたいマナー。でも、たぶん明日には忘れている

会場いっぱいに着物で集合(古い写真風に加工してみました)
6月に入り単衣の着物。帯は同色系の博多帯でまとめてみました。
食後は、庭園にてホタル観賞。ホタルの光を観るために照明は最小限に抑えられており、真っ暗で足元も不安な中ですが、ホタルを鑑賞する人の波に押されて、川沿いに階段を下りていくと、思いのほか多くのホタルが光を放っており感動。
なんとなくいつもより風流な気分の週末でした。

おしゃれ着に合う帯結び

May 15 [Sat], 2010, 18:19
久々着付け教室。
毎年5月は名古屋帯を使った“おしゃれ着にあう帯結び”がテーマです
普通のお太鼓結びもいいけど、少し変化をつけて帯結びを楽しめるので是非おススメです。
他装の場合は手先をあらかじめ形をつけて仮紐で押さえておくだけなので、やってみると意外と簡単。但し難点は、自装の場合。出来なくはないけど、前結びならともかく・・・後ろで結ぶ場合は、手先の処理にヘルプが必要かも

写真は先生のお手本
まずは正面をチェック。
手先はあらかじめ斜めに肩に掛けてあります。


右側。手先の先の処理に注目!

左側。お太鼓の左端の片ひだに注目!

成人式の帯結び

January 09 [Sat], 2010, 17:44
振袖着付け&成人式の帯結び。
この日のために、めずらしく必死で予習。手順をおさらいしてきました。
今日は本来ならば12月に予定していた1級試験のはずだったのですが・・・自主練習に切り替え。
そして今日が着付師Vの修了日。2月からまた新しくWコースが始まります。

せっかく練習した帯結びなので、自宅で別の帯で復習してみました。
基本は同じですが、羽の処理を少しアレンジしています。帯を変えただけで少し豪華な雰囲気になりました。後ろ板を入れ忘れたので・・・ちょっと失敗。


歌舞伎座・カウントダウン

April 19 [Sun], 2009, 2:50
四月大歌舞伎・夜の部へ。お目当ては、玉三郎と仁左衛門の廓文章
仁左衛門の優男ぶりと、遊郭の傾城を演じたらぴか一・玉三郎は美の共演です
豪華な衣装は歌舞伎ファンはもちろん、それ以外の方でも見ごたえあります。

4月末で長年の歌舞伎座の幕が下り、建て替え工事に入ります。
昨年4月から、延々1年間続いた「さよなら公演」さすがにあと残すところ11日。
この歌舞伎座の姿も見おさめかと思うと感慨深いものがあります。


さよなら公演。せっかくなので着物で。
まだ仕付けを取ってなかった小紋と帯があったので初下ろし。
帯は源氏香。お気に入りの柄です。


梅と寒桜の競演

February 22 [Sun], 2009, 18:03
TVで梅が見頃とのニュース。
明日から天気も下り坂・・・梅の見頃も今日が最後かと思うと、居てもたっても居られない

急に梅見に行こう!!と思い立つといっても日曜の正午過ぎ。
今から支度して間に合うところは・・・という訳で
すでに1時30分過ぎ、洋服で行こうと思ったけど折角なので、急いで着物を着て電車に飛び乗る

大手門から皇居へ。
皇居の周りはマラソンしている人でいっぱい
すでに3時、皇居の入場は3時30分までなので、人ごみも無く静か。
梅林坂の梅はすでに見頃を過ぎていたけど、代わりに寒桜が今を盛りに咲いていました。
本当に駆け足の梅見でしたが、ギリギリセーフ今年の梅に間に合いました
皇居の寒桜
皇居梅園の紅梅

着物は一昨年の正月に静岡で買ったもの。梅に竹の柄。
帯は数年前に気に入って購入した、塩瀬に手書きの椿が描かれたもの。
ようやく袖を通すことが出来ました。

帯結び「華の舞」

February 15 [Sun], 2009, 2:17
帯オプション。今日習ったのは『華の舞』立て矢系のアレンジです。
たれ先で3枚扇で矢のベースを作って、その先をお太鼓部分に、さらに一番先を5枚扇。
手先で羽の上の飾り(大葉と5枚扇)を作ります。
難しくはないけど、形を決めるのが少し慣れが必要です。


先生のお手本チェック


下記の写真は、この間銀座松屋のきもの市でGETした帯。
今日は黒の絣(写真:右)で行きましたが、試しに先日入手した別の着物でも合わせてみました。

遠目で見るとグレー無地だけど、実は洋服地(スーツ地に使われるハウンドトゥース)のような柄、いわゆる千鳥格子。洋服地の着物って、洋服の中に入っても浮かないかなぁとは思うものの、着物の場合、全身に対する布面積が大きいので…どうなんでしょう。やはり少し地味かなぁ・・・。

若い時はともかく少し年齢がかさんでくると、年相応の中にも少し差し色に華やかさが欲しいところです。写真からは見えないけど、帯上げ帯締めをモノトーンに合う赤で引き締めてみました。

2009新年会

February 01 [Sun], 2009, 20:44
2009年新年会は、旧暦の正月に。
会場は葉山の老舗・創業340年余の伝統をもつ日本料理店「日影茶屋

趣きのある大広間には、総勢43名の着物姿が勢ぞろい着付教室の新年会は皆さん訪問着等晴れ姿を競いますが、
こちらの集まりはもっと気軽に自分らしさを活かした着物姿が目を引きます。

それぞれがこの日持ち寄った着物の端切れを紙額に入れ、絵札にした即席着物カルタ。
メンバーのアイデアですが、着物柄や素材への知識が勝敗のカギ

余興はもちろん手作りのカルタ取り

この日の装いは、先日仕立て上がった江戸小紋。
切りばめ江戸小紋と小桜の両面染め。単衣にしようか悩んだけど着る機会を考えて袷に仕立てました。
西陣の名古屋帯、手組み冠組の帯締めにちりめんの梅絞りの帯揚げ

着付教室〜帯結び・翔〜

January 25 [Sun], 2009, 21:46
今日は、振袖の着付と帯結び“翔”
帯結びのベースは“立て矢系”で、左右に一つ山半のヒダ。
その上に手先とたれで追いヒダを作り、扇のように羽を重ねる。


先生のお手本チェック