学生時代に診断されました。

September 01 [Sun], 2013, 11:08

大学3年の時に産婦人科へ。
多嚢胞性卵巣だと通告されました。


今日はその診断されたことについて
ちょこっと書いてみようと思います。



初潮来てからずっと生理不順でした。
規則的に生理が来るなんてあったかな。
3か月、5か月来ないことはザラだったよな気がします。




当時の私は、生理を面倒に思っていたので、
来ないことは、「ラッキー」と深く考えてなかった。

大学3年のある時、
きっかけはよく覚えてないけど産婦人科に行った。
(あまりにも 来ないから母が心配したように思う)


そして、冒頭の通りに診断された。


*多嚢胞性卵巣の特徴・傾向 *
1.月経異常
2.小卵胞が多数見える
3.特徴的なホルモン検査結果
4・多毛
5.肥満気味


私は1〜3に当てはまったので、多能胞性卵巣とのこと。
1.は前述のとおり。
2.の通り、超音波にて卵胞を複数確認。
3.は、男性ホルモンが基準値より多い結果が。

当時、これを聞いた時、もやもやがなくなった。
ニキビが多量に発生理由や、月経不順の理由が分かったから。

それと同時に女性として機能がはたされていないという事実に悲しくなった。



それから、もう数年たちました。
社会人になったことを理由にここ数年
この多能胞性卵巣や生理問題について向き合ってなかったように思います。
この新しいブログを始めるにあたって、この問題とも向き合ってみようと思います。
  • URL:http://yaplog.jp/k_e/archive/479
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。