高校のプロム(ャ塔Xパーティ)に行ってきた!

June 27 [Wed], 2012, 9:58
プロムスパーティに行ってきた20日の夜、プロムに行ってきた。
プロムというのはアメリカやオーストラリアである高校の一大のイベントで男の子はみんなスーツ着て、女の子はドレスを着ておめかししていくスパーティのこと。
みんなそれぞれひとりずつ、パートナーを決めて連れてくることができる。
友達とか恋人とか家族とか基本自由。
そして私は彼氏のJordanパートナーとして選ばれたのであるその日Jordanは友達と名前を紙に書いて提出したので一緒のテーブルに座れるはずだったんだけどなぜかリストにあったのはみんなバラバラの席私とJordanの席はテーブル9だったんだけど彼の友達はみんな1とか3とかみんなばらばらみんな、こんなのありえねーってキレてたけどとりあえずそれぞれの席に座ることに。
しかしそこの席に座っていたのはみんなオーストラリア人のちょっといけてるセクシーな女の子たちと一人男の子まず、正面に座っていたのはキレイなオーストラリア人の女の子で見た目がかなりきつそうなビッチだった。
そしてそのこたちに、Jordan、そのこガールフレンド聞かれていて、そんでそのビッチたちはまさか、チャイニーズとはねえとかに言われててなんかかちんときていた。
まず、こいつが彼が話していたよくクラスで喧嘩をしている女の子であるらしい彼がそう教えてくれたとき、はあ絶対こいつとは話さないでおこう、って思った。
そして褒賞を決めるイベントがあった。
まあその学年でだれがクイーンでだれがキングとかみんなが投票していろんな表彰を決めるやつで彼氏が将来の犯罪者という表彰に選ばれてみんなのwaiwa.jp前に行ったときはかなり笑えた。
さすがワルの生徒だけある笑そしてクイーンに選ばれたのがなんと小柄なアジア人の女の子だけど隣にいたオーストラリア人の女の子たちが、マジでアジア人が信じられないこんな糞なことってありえるのて話しているの聞いていたときにはちょっとテンションが下がった。
だけど、彼が笑顔で今日すっごくキレイだよって言ってくれたときにはとっても幸せな気分になったけどねPartyPartyPartyそしてスが始まってクラブみたいな感じでみんなわいわい踊っていて途中でトイレに行ったときになんとあのビッチに対面そして気付かないフリをしようと鏡の前でリップを塗っていたら、ビッチへい、Jordanのかーのじょそしておそるおそる振り返ったら、なんとあのビッチが、クスっと笑って真後ろにいたビッチあなた何歳私22歳ビッチワァーお。
へー。
Jordanとどこで出会ったの私えっと、私チューターだから彼に前日本語を教えてたんだよビッチふううんクスと言って去っていってしまった。
何あれ感じ悪っと思いつつもまあただのがきんちょだし何か噂するねたが欲しかったんだろうな。
と思い気にしないことに。
そしてそれを彼に話したらJordanマジあのビッチ本当うっとーしんだよ。
Fuckoffと言っていた。
笑その後はまあ普通にスに戻ってワイワイ踊っていた。
そして料理も超おいしかったスパーティはまあこんな感じで楽しかったけど残念だったのは彼の親友のジェイムスとキリンが来なかったこと。
ジェイムスは彼より1ッコ上のかなりのイケメンで身長約185でプレイボーイ。
2年前に高校を中退。
シャワーを3カ月浴びなかったこともキリンは彼と同じクラスで可愛らしい子どもって感じ。
彼女いた暦なし。
歯を磨かない、シャワーを2カ月浴びなかったことも。
一緒にいて臭い彼らはまあかなりリがいい子たちで馬鹿で一緒にいてすごく楽しい。
フェイスブックに写真が載っているので良かったらご拝見を。
そしてパーティが終了したので私と彼はシティーに行ってバーで飲むことにだけどヒールが高くてかなり痛かったので脱いで街を歩いていた。
かなりだらしなく見えたけどそんなことは誰も気にしない、ここオーストラリアでは。
しかしそうしているうちになんと終電を逃してしまい彼のパパに1時間かけて向かいに来てくれることに。
申し訳ない。
とまあこんな感じで私の人生初のスパーティはかなりいい感じで幕を閉じた。
日本ではできないことだからこういうイベントに参加することってオーストラリアにいる醍醐味だよねそれではまた近いうちに書きますので暇な人よろしくじゃあ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k8vi3l3ugu
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k8vi3l3ugu/index1_0.rdf