甲斐駒ヶ岳登山!!

November 06 [Tue], 2012, 18:15
10月26日と27日の2日間で、消防学校の同期3人と南アルプスの甲斐駒ヶ岳に登ってきました今回は初の山小屋泊ですほんまはもっと早く日記書こうと思ってたんですが、昨日まで病院実習で疲れ果てて書けませんでしたと言うことで登山日記です笑登山口は竹宇甲斐駒ヶ岳錘ミと言うところにあり、そこまで車で6時間ほどかかるので、登山前日の25日に現地までいってマン喫で泊まり、6時頃から登り始めました登山ルートは日本三大急坂登の一つ、黒戸尾根ですやっぱ険しいとこ登りたいじゃあないっすか笑山の麓の方は紅葉が丁度見頃で、めっちゃ綺麗でした天気も快晴で、東には富士山もきれいに見えていました黒戸尾根は標高差2200mで、途中には刃渡りと呼ばれる岩場や、鎖場、はしごが多くあり、期待通りのスリリングな登山ができます昔は黒戸尾根がメインの登山道だったらしいのですが、険しすぎて今は反対側の長野から登山するのがメインらしいです甲斐駒ヶ岳は信仰により開かれた山で、道中には錘ミや石碑、岩に刺さった剣などが多くありました1時ごろ7合目に着き、1日目は7合目の七丈小屋に泊ります山小屋に泊まるんは初なのでドキドキです生憎、食事は出ないのですが、布団と毛布は貸し出しをしており、小屋の中も石油ストーブが焚いてあって薄着でも過ごせるほど暖かかったです3時には晩飯を食べ、夕方6時には山小屋で売っていたビールを飲んで就寝です笑寝れへんと思ってたんですが、疲れのせいかしっかり寝れました2日目は4時に起床、5時に出発し、8合目の御来光迎場で御来光を見ようと出発です辺りはまだ真っ暗で、さらに氷がはる気温初めはバリ寒でしたが登ってるうにちに暑くてそんなん忘れます笑そうこうしているうちに辺りは明るくなり始めなんとか日の出時刻までに8合目に着きましたが東の空には奄ェまぁ待ってみようとゆーことで、コッヘルで湯を沸かし、コーヒー飲みながら待ちますそして残念でした諦めて山頂を目指します上の方はほんま積雪や凍結がすごかったのでアイゼン装着で登ります徐々に木がなくなり、草がなくなり高い山に登ってると実感7時半頃、標高2967m、甲斐駒ヶ岳に登頂成功しました薄い霧がかかっているものの奄ヘ眼下に炎Cが広がっていました飛行機からの眺めみたいな感じです同期と一通り写真を撮り、コーヒーで一服していると、同じ山小屋に泊まっていたおっちゃんが登ってきました聞くと僕らの半分の時間で登ってきはった様です8合目で休憩してたとはいえちょっと悔しかったり笑まぁ4人の写真も撮ってもろたし、一緒にコーヒーのみながら、遠くの山の解説してもらいます笑はるか彼方には去年登った槍ヶ岳も見えていました下山途中、七丈小屋によって朝飯を食べ直し、お世話になった七丈小屋のご主人に挨拶をして下山開始します余談ですが、七丈小屋のご主人は買い出しのため週一で下り、1週間分の荷物をしょって、3時間半で小屋まで登るそうです上には上がいました笑下りは途中からガスってきて、屋久島主婦 副業チックに苔むす森っぽい感じに山が変わっていたり、天気によって様々に変わる山は帰り道でも全く飽きさせてくれません3時ごろに下山完了今回は泊まりやったのでまだまだ足に余裕が残っていました色々登ってちょっとは登山筋ついたんかと思ったり笑麓にある尾白の湯名水百選につかって帰路につきました今年もなんとか3000m級の山に登れて良かったです今年はもう積雪で登れませんが、また来年、チャレンジしたいと思います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k8589e94oy
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k8589e94oy/index1_0.rdf