なぜ猫はトイレについてくるのか

November 09 [Fri], 2012, 14:23
最初は、小太朗だけだった。
一匹の時は、私の姿が見えないと不安なんだねと思ってた。
数が増えるごとに、私を独占できなくなってきて、唯一、トイレの個室だけがふたりっきりになれる場所。
それを求めてトイレに入ってくる。
ほかの猫が入ってくると、さっさと出て行くので、これはもう、絶対、私と二人っきりになりたいに違いないと確信した。
最近では、私がそれらしいそぶり、トイレに行く可能性のある位置に立つと、小太朗が先に行く。
立ち止まると、振り返って、私をさそう。
ゆとりがあるときは、トイレに行きたくなくても、小太朗に誘われるエロアニメがままトイレにこもる。
今朝もそんな状態だった。
小太朗とふたりっきりになれたとしても油断はできない。
ほかの猫がドアをあけて入ってくる。
立て付けが悪いので、きちんと締まらないから、でっぱりに爪をひっかけて、こじ開ける。
それを防ぐため、今朝は思いっきり引っ張って締めた。
小太朗が飽きるまで、トイレにこもってた。
いざ、出ようとしたら、内側からのブが空回りして開かないマジウソ窓をあけて助けを呼ぼうとしたが、ここらにいる人にはどうにもできないだろうとやめた。
その窓には鉄格子がある。
古くて留めが緩んでるのがわかる。
蹴破った。
窓から抜け出し、表の玄関から入るべく廻った。
だめだ今日に限って鍵をまだ開けてない。
中庭に戻る。
縁側の引き戸の鍵を見るが、すべてここも鍵かかっている。
1玄関のドア引き戸を外して玄関から入った。
2壊れかけの階段の裏をやぶって階段下のスペースから中に入った。
3錠前屋を呼んで玄関から入った。
4トイレに戻り、ドアをぶち破って中に入った。
さてどれでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k7y20vqlbs
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k7y20vqlbs/index1_0.rdf