裁判員裁判で全国初 求刑上回る判決 さいたま地裁(産経新聞)

May 21 [Fri], 2010, 12:07
 さいたま市南区で昨年10月1日夜、自転車に乗っていた女性にわいせつな行為をした上に軽傷を負わせたとして、強制わいせつ致傷の罪に問われた埼玉県朝霞市、食品加工会社従業員、高橋大輔被告(34)の判決公判が19日、さいたま地裁で開かれた。伝田喜久裁判長は懲役7年の求刑を上回る懲役8年の判決を言い渡した。裁判員裁判で求刑を上回る判決が出たのは全国初。

 伝田裁判長は判決理由で「自己の性的な欲求を満たすための犯行は短絡的で自己中心的」と指弾。その上で、「被告の常習性は顕著で再犯の可能性は非常に高い」と述べた。

 判決後に会見した40代の男性会社員は「求刑を上回るか下回るかは特に意識しなかった」と話した。

【関連記事】
法廷で精神鑑定、結果をプレゼン 母遺体放置・詰問の父殺害
裁判員選任手続き〜公判 平易・迅速 課題は専門知識
耳が不自由な裁判員に筆記で対応  奈良地裁
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる
裁判員裁判の実施状況 1位は千葉、大阪は2位 半数が辞退
中国が優等生路線に?

<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)
焼け跡から男性の遺体=殺人と断定、捜査本部設置−千葉県警(時事通信)
<不正パスポート取得>旅券法違反で公認会計士を追起訴(毎日新聞)
「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)
自転車で携帯、70歳が「ぶっ殺す」と脅す(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/k6kx1wor/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。