パッティングの基本と練習。アドレス・距離感の極意。

February 11 [Fri], 2011, 15:58

パッティングの基本と練習!アドレス・距離感の極意!



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 オンプレーン・ストロークをマスターすればパッティングは上達する!?

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 長年の研究の末に構築した独自の理論、

 「オンプレーン・ストローク」 をマスターすれば、

 距離感、方向性、再現性の高いパッティングが出来るようになり、

 ストローク数を減らすことが可能になるのです。


 「オンプレーン・ストロークってなんですか?」


 と、あなたは思ったはずです。

 当然です。倉木真二氏が考案した言葉ですから。


倉木真二のアプローチの真髄の効果

 オンプレーン・ストロークとは、

 「パッティングストローク・プレーン」

 に沿った、パッティングストロークのことです。


 パッティングには、

 ドライバースイングなどの正しい軌道、「スイングプレーン」

 と同じように、パッティングの「正しい、本当の意味でまっすぐな軌道」

 というものが存在することを独自の研究で見つけました。


 それを、倉木真二氏は

 「パッティングストローク・プレーン」 と独自に命名したのです。

 そのパッティングストローク・プレーンに沿ったストロークを、

 「オンプレーン・ストローク」と読んでいます。


 そして、このオンプレーン・ストロークこそが、

 真にまっすぐで、完璧なストロークなのです。

 それでは・・・

 倉木真二氏の執筆した最初で最後のパッティングマニュアル、

 「パッティングの真実」の内容をご紹介しましょう!

         ↓ ↓ ↓ ↓

倉木真二のアプローチの真髄の実践者口コミ

 ============================================
 本当にいろいろなことを研究して実践しました。
 ============================================

  ・ストロークはまっすぐ引くべきなのか
  ・スタンスはどうすべきなのか
  ・どんな構えが良いのか
  ・グリップはどうすべきなのか
  ・ボールの位置はどこに置くのが理想なのか?
  ・どんなパターが良いのか?
  ・なぜ、パターにはロフト角がついているのか?
  ・良い転がりの具体的なメカニズムは何なのか・・・
  ・なぜ良い転がりがよく入るのか?


 などなど・・・

 細部にわたって、ありとあらゆることを研究しました。        

 マニュアルに書いてあるキャッシュバックキャンペーンに

 ご応募いただいた場合、5,000円をキャッシュバック!

 応募方法など、詳しくはマニュアルの巻末に書いてありますので、

 確認してくださいね。

倉木真二のアプローチの真髄の詳細
 キャッシュバックキャンペーンは予告なく終了することがあります。

 あらかじめご了承ください。