後発品や競合品の影響で医薬品事業2.9%減―キッセイ薬品(医療介護CBニュース)

May 14 [Fri], 2010, 11:45
 キッセイ薬品工業は5月11日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。既存製品が後発品や競合品の影響を受け、医薬品事業の売上高は537億円(前年度比2.9%減)だった。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 主要医薬品の中で伸長したのは、昨年2月に新たに錠剤を発売した排尿障害改善薬ユリーフ(売上高87億円、38.4%増)、同月にチアゾリジン系薬剤との併用療法の効能追加の承認を取得した糖尿病治療薬グルファスト(49億円、14.3%増)、口腔乾燥症状改善薬サラジェン(8億円、24.7%増)と、中期経営計画で育成を進めるとしている新薬3製品のみ。それ以外の主要医薬品はすべて減少している。
 全体では売上高622億円(3.7%減)、営業利益は66億円(3.0%増)、経常利益は72億円(17.0%増)。また純利益は、投資有価証券評価損の大幅な減少で44億円(112.1%増)となっている。

 今年度の見通しとしては、医薬品事業ではユリーフやグルファストの育成のほか、日本ケミカルリサーチと共同開発し、今年1月に製造販売承認を取得した腎性貧血治療薬エポエチンアルファBS注JCRの新発売により増収を見込んでいる。同薬の売上高は25億円と予想。全体では658億円(5.8%増)、営業利益は66億円(0.2%増)、経常利益は73億円(1.1%増)、純利益は47億円(7.5%増)としている。


【関連記事】
国産「バイオ後続品」を初めて承認
腎性貧血治療薬市場にバイオ後続品が参入へ―日本ケミカルリサーチ
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業
最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人
抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬品0.5%減―塩野義

石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
マダガスカルの医療に奉仕する日本人女性の活動(医療介護CBニュース)
高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足(医療介護CBニュース)
  • URL:http://yaplog.jp/k3xeupak/archive/52
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。