看護師として手荒れが目立たないように

April 02 [Tue], 2013, 15:12
看護師なら誰でも悩むのが「手荒れ」。
その手荒れのおもな原因は、頻繁に行う石けんや擦式アルコール製剤による手指の洗浄やゴム手袋の使用です。

手荒れは、黄色ブドウ球菌などの細菌の発生にも繋がるので、患者を感染の危機にさらすことになります。
また、手荒れにより皮脂のバリア機能が低下してしまい、自身が感染の危機にさらされます。

症状をなるべく抑えるためには、しっかりと手荒れケアの対策を取る必要があります。
例えば、使っている石鹸やアルコール製剤を変える、強く手を洗いすぎていないかチェックをするなどがあげられます。

さらに、症状にあわせたハンドクリームの使用、自宅で食器を洗うときには手袋を着用するなどのスキンケアは欠かせません。
必要であれば、皮膚科の受診もいいでしょう。

昨今、看護師の能力を活かせる職場はだんだん増えてきています。
訪問入浴看護師.com | 訪問入浴の求人総合案内所」といったサイトの情報も役に立ちます。

自分に合った職場で気持ちよく働くためにも、手荒れのケアはきっちり行いたいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k3qzqs9o
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k3qzqs9o/index1_0.rdf