ラジオフライヤー特徴

November 18 [Mon], 2013, 21:30
屋内でも野外でも使えることも、ラジオフライヤーの人気の理由でしょう。また、ラジオフライヤーで遊ぶことで、子供たちの遊ぶ人数を限定しないことも人気の秘訣です。子供が一人で自由に遊ぶこともできますし、兄弟が生まれたなら、弟と一緒にラジオフライヤーで遊べます。
ラジオフライヤーの原型であるリバティーコースターは、1933年にシカゴで開催された世界博覧会に出品され、会社の名前を世界に広めました。1950年代には、大手自動車会社と開発をともにして、世界中の信頼を得ました。1980年にアウトドア製品にも着手しています。
最近では、ラジオフライヤーの大きさがしだいにコンパクト化しているようです。それは、都会の住宅事情に合わせたもののようです。狭い子供部屋でも遊べる、コンパクトな木製のおもちゃ箱など、子供が安全に遊べるように作られています。形はすべてシンプルに作られています。
日本におけるラジオフライヤー販売店は、全国の東急ハンズ、スーパーオートバックスそれにアクタス全店となっています。この他にも、販売店があるので、インターネットなどで検索してからお店を訪れると良いでしょう。すべての自転車販売店やおもちゃ販売店で販売しているわけではありません。http://keycase.biz/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k2rh4ni9m-7j
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k2rh4ni9m-7j/index1_0.rdf